多くの美容スペシャリストを輩出している「日本化粧品検定協会」。
協会認定のコスメコンシェルジュたちが、美白の今を語り合います。

  • 夏といえば美白。 最新の注目トレンドは? 目指すのは、ただ白いだけではない、 明るい透明感のあるうるおい美肌 「昔の美白アイテムには、肌がパリパリに乾くものが多くて…。かつては美白か保湿の二者択一だったのが、今はうるおい力も見事に両立、と進化しています」。「しみなどの小さな『点』から、大きな『面』へ。最近は、顔全体のトーンアップや透明感へとケアの視点も移行している感じかな」。
  • みなさんの美白の目的は 何でしょう? アウトドアもおしゃれも楽しみたい! だから、前もって予防の「健やか美白」 (質問と同時に、全員が声を揃えて)「しみ・そばかす、将来のシワの予防です!」「事前に対策しないと、後のケアがものすごく大変。私は地黒でそばかすができやすいから、美容液はマスト。リゾート前は2週間前から浸み込ませてます」。「私はゴルフ好きなので、日焼け止めは1年中。背中や腿のつけ根までしっかり保護(笑)」。「色白の方が似合う、レースや明るい色のファッションが増えたのも大きな理由だよね」。「近頃は、乳液にもUVカット機能がついていたりして、わざわざ専用品を別に揃えなくてもふだんのスキンケアで紫外線対策もできてラク」。
  • レーヌブランシュの お試し感想はいかがでした? 気持ちのいい香りで、深呼吸したくなる。 スキンケアから生まれる、笑顔の透明感 (またまたみなさん、声を揃えて)「香りがとっても良かったです!」「自然なフローラルで、ほんのりフルーティ。使うたびに肌といっしょに、気持ちまでクリアになるようで、ラインナップを通して、好きな香りが楽しめる幸せを初体験」。「深呼吸したくなる香り。私はよくエステ等で息が浅いと指摘されるのですが、この香りでケアすると呼吸もスーッと長くなって…。癒されました」。
Column 座談会を終えて 思わず見惚れる美肌のコンシェルジュのみなさまは、まさにくすみのない雰囲気。コスメに支配されるのではなく、上手に使いこなして日々を楽しく自分らしく。「そばかすはチャームポイントだと思いますよ」。の問いかけに、「日々、美白ケアを続けていくなかで自分でもそう思えるようになりました」。――笑顔のコメントが印象的でした。
コスメコンシェルジュとは 一般社団法人 日本化粧品検定協会®が主催する、成分や法律にまでわたるハイレベルな検定試験に合格した有資格者を指します。メディアでの執筆から化粧品開発まで、活動の場も幅広く、いわば「正しく豊富な知識と経験をもつコスメのエキスパート」です。

おすすめアイテム
Reine Blanche ITEMS
美容賢者たちが実際に使って感じた
レーヌブランシュのココがスゴい! ココが好き

初めて使うなら、美白*1美容液と洗顔料から!

初めて使うなら、美白*1美容液と洗顔料から!

*1:美白とはメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐこと。医薬部外品による効果のこと。 *2:角層まで *3:古い角質による。

コスメコンシェルジュに学ぶ
美白習慣を特別大公開

  • Beauty practice 毎晩の入浴で、 肌色を明るくヘルシーに。理系美容家 かおりさん

    「血中のヘモグロビンは顔色に大きく影響すると気づき、毎晩の入浴を習慣に。肩までお湯に浸かって巡りを促し、血液中のヘモグロビン色素がまんべんなく循環して肌色が明るくなりますように、と願いをかけてます」。

  • Beauty practice フルーツは 2、3種類を常備。ヘルスメディアプロデューサー 荒井志保さん

    「肌はコスメだけでなく、食べ物からできています。生のビタミンや、抗酸化物質を豊富に含んだ新鮮なフルーツを冷蔵庫に欠かさず。暑い夏場は特に美味しいし(笑)、身体の内側からの美白もとても大切と継続中です。」