KEISUKE MATSUSHIMA

オーナーシェフ 松嶋 啓介

『南仏プロヴァンスの冬の香り』

“黒いダイヤモンド”と言われる希少の黒トリュフ。
世界三大珍味の一つとして知られるその魅惑の香りには、数々の美食家たちが魅せられてきました。
フランス本店がある世界的リゾート地、南仏ニースでも毎年トリュフの出来具合の話題が冬の風物詩となるのが通例です。

そんな『南フランス プロヴァンス冬の香り』黒トリュフを皆様にお馴染みのクレームブリュレに仕立てました。
今の季節限定、黒トリュフの高貴の香りをお楽しみいただきたいと思います。

KEISUKE MATSUSHIMA
オーナーシェフ 松嶋 啓介

KEISUKE MATSUSHIMA

フランス・ニースに本店を構えるレストラン『KEISUKE MATSUSHIMA』は、オーナーシェフの松嶋 啓介氏が、2002年12月20日の25歳の誕生日に開店。10年以上の時をかけて、フランス人やフランス文化を敬愛しながら、繊細な感性や価値感をお料理やサービスに表現してきました。地元で高く評価され、10年連続、フランス本国にてミシュランの星を獲得。また、史上最年少でフランス芸術文化勲章を受賞しました。

■ KEISUKE MATSUSHIMA(ニース本店)
22 ter rue de France, 06000 Nice, France
https://www.keisukematsushima.com/
■ KEISUKE MATSUSHIMA TOKYO
東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F
https://keisukematsushima.tokyo/