あなたは大丈夫?春の紫外線が肌の脅威に!?

紫外線と聞くと日差しの強い夏を連想しがちですが、まだ肌寒い日もある春先の4月頃から、太陽は、紫外線量を急速に増やし、着々と夏の準備を始めています。
「まだ春だし、暑くないから紫外線対策はしなくていいかな」と油断していると、気が付かないうちに肌トラブルの原因を作ってしまうことも。
紫外線は、シミやシワなどの肌老化をはじめ、たるみやくすみ、多くの肌トラブルの原因になります。肌を健やかにキープするためには、夏が始まる前から紫外線対策をしっかりとして、スキンケアに力を入れることが大切です。
今回は、春の紫外線による肌トラブルの原因や対策方法をご紹介いたします。

春から始める紫外線対策。日々のスキンケアにも力を入れて

本格的な紫外線シーズンは春から始まっています。うららかな春の日差しからは、たくさんの紫外線が降り注いでいるのです。
紫外線の種類や対策方法、夜のスキンケア術をしっかりと学んで、春の紫外線対策に役立てましょう。

「UV-A」と「UV-B」の違いについて知っておこう


紫外線は波長の長さによって3つの種類に分けられています。大気層(オゾンなど)で吸収され、地表には到達しない「UV-C」と、地上に降り注いで肌に影響をもたらす「UV-A」と「UV-B」です。

地上に届く紫外線の約9割を占めるUV-Aは、紫外線の波長が長く、透過しやすい性質のため、肌の奥(真皮)にまで到達し、長い時間をかけ蓄積されることで、シミやたるみなどの原因になります。UV-Aを浴びてもすぐに影響が現れるわけではなく、肌が焼けたり赤くならないため、自分でも気付かない間にダメージを受けてしまいがちな紫外線の種類です。

一方UV-Bは、大気や雲などで吸収され、太陽から実際に届くのは約1割と量は少ないのですが、波長が短く威力が強いというのが特徴です。数時間でも肌の表面にダメージを与え、シミや日焼けを引き起こします。一般に言う「日焼け」はこのUV-Bの影響が大きく、ひどくなると火傷のような炎症も引き起こすため注意が必要です。

「UV-A」と「UV-B」の違いについて知っておこう

春の紫外線を予防するためには何に気をつけたらいい?


春の紫外線予防は、基本的には夏と同じように日焼け止めを塗り、肌の露出を避ける方法がおすすめです。洗濯物を干しにベランダへ出るときや、少しだけ外出する際にも日焼け止めを塗り、日傘をさして紫外線を遮りましょう。

とはいえ、ほんの数分間や短距離の外出程度に効果の強い日焼け止めを使うのは肌への影響が気になります。しっかりとしたテクスチャーの日焼け止めは高い紫外線カット効果が期待できますが、それだけ肌に負担をかけてしまいます。

少しの外出には、肌馴染みの良い軽めの日焼け止め、または、UVカット効果のある化粧下地の上からパウダーやファンデーションを重ねるのがおすすめです。もちろん、使用するパウダーやファンデーションにもUVカットの効果があれば、より安心できるでしょう。

春の紫外線を予防するためには何に気をつけたらいい?

日焼け止めを塗った夜にはしっかりと洗い流して


顔や体に日焼け止めをつけたら、その日のうちにしっかりと落とすことが大切です。

日焼け止めを塗ったまま寝たり長時間放置してしまうと、肌トラブルの原因になることがあります。

洗顔をするときにはクレンジングのあとに洗顔料をたっぷりと泡立て、泡で顔全体を包み込むように優しく洗いましょう。流す際は、体温に近いぬるま湯で、肌をこすらないように丁寧にすすいでいきます。

体を洗うときにも、顔同様にたっぷりの泡で肌を包むように、こすらずに洗い流すのがポイントです。

日焼け止めを塗った夜にはしっかりと洗い流して

バスタイム後の保湿スキンケアも入念に


洗顔やボディウォッシュで肌を清潔にしたあとは、いつもより入念なスキンケアをしましょう。化粧水を顔全体に馴染ませたら、ハンドプレスで肌をじっくりと押さえ込みます。この両手で顔全体を包み込むひと手間をプラスすることで化粧水がより浸透しやすくなります。

化粧水でうるおいを与えたあとは、間をおかず美容液やクリームで更に保湿をします。こうしたケアには美白効果のあるものを使うと一層効果的です。

紫外線によるダメージを蓄積させないためにも、日差しが強まる春から、朝晩の丁寧なスキンケアが、透明感あふれる白い肌を保つことにつながります。

バスタイム後の保湿スキンケアも入念に

春の紫外線予防にはロクシタンのアイテムがぴったり


油断禁物の春の紫外線対策には、ロクシタンのレーヌブランシュシリーズがおすすめです。

日中の紫外線から肌を守ってくれる「レーヌブランシュ ブライトUVシールド SPF50/PA++++」は、UV-AとUV-Bの両方をカットできる高い効果を持ちながら、乳液ならではの軽いサラッとした使い心地。忙しい朝でも、これ一本で乳液とUVカット、化粧下地まで完了できてしまうのも見逃せないポイントです。

そして外出先での化粧直しや肌の渇きを感じたときに嬉しい「レーヌブランシュ ブライトフェイスミスト」。さっぱりとした使用感でリフレッシュもできるフェイスミストです。50mLのというサイズは持ち運びにもぴったり。ポーチやバッグに忍ばせておくと、あらゆるシーンで活躍してくれるはずです。

また、「レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム」は、朝晩のスキンケアに欠かせないアイテムです。ジェルのさっぱりとした感触とみずみずしさが肌にすっと馴染んで、うるおいを与えながら、昼間に紫外線で受けたダメージをケアしてくれます。

外出先でも、夜のリラックスタイムでも、レーヌブランシュのシリーズのライン使いで、春から降り注ぐ紫外線に負けない明るい肌をつくっていきましょう。

春の紫外線予防にはロクシタンのアイテムがぴったり

今こそお手入れ時!夏の疲れを秋に持ち越さない方法

夏の日差しを浴びて傷んだ髪には、贅沢なケアを

夏はとても楽しい季節ですが、体への負担が大きいシーズンでもあります。
日差しや海水だけでなく、冷房ですら、あなたが気づかないうちにダメージとなっていることが。紫外線の刺激から体を守ろうとする肌は、角質がたまってゴワつきを感じることも。
特に、常に日差しにさらされている顔と髪の毛は、ダメージを受けやすいので注意が必要です。
こうした体の変化はごく自然なことで、夏の次にやってくる季節、秋に向けての準備を始めているため。でも、夏休み明け、職場へ復帰をすると、今度は職場での精神的なストレスにさらされることに。
では楽しい夏が過ぎ去った後は、どのようなケアをすれば快適に過ごせるのでしょうか?
続きを読む

忙しい朝の強い味方
「BBクリーム」で時短メイク

朝はやることがたくさん。歯を磨いてスキンケアやヘアメイク、お天気に合わせて服を選んだり…。
1秒でも惜しくなるほど時間に迫られる方も多いでしょう。
そんな忙しい朝のメイクタイムには、「BBクリーム」が大活躍。
日焼け止めから化粧下地、ファンデーションの効果まで、すべて1本で叶えてくれるBBクリームは、時短メイクには欠かせない優秀なアイテムです。
BBクリームを取り入れて生まれた余裕で、いつもより少しゆっくり朝食をとったり、早く家を出てカフェに寄ってから出勤したり、自分のための素敵な時間を作れるかもしれません。
続きを読む

紫外線で傷んだ髪を
サラツヤにするシャンプー方法とは?

夏は紫外線対策が欠かせない季節。日やけ止めや日傘、手袋などで紫外線を防ぐのはもちろん、防ぎきれなかったダメージを毎日のスキンケアで お手入れするのはマストですよね。
そんな意識の高い女性でも、ついつい紫外線対策を忘れがちなパーツがあります。
それは、髪。お肌のようにメイクや洋服に覆われていない髪は、常に紫外線にさらされた状態にあります。
続きを読む