新しい季節が始まる前に肌のターンオーバーを整えよう

うららかな春の日差しは、新しい季節の訪れを感じさせてくれてポカポカと気持ちがいいもの。冬の間つぼみだった花が開き、お花見やピクニックなどのレジャーにも最適な美しいシーズンであることからも、四季の中で春が一番好きだという方も多いでしょう。
しかし、これから訪れる春の陽気なムードに飲みこまれてしまうと、思わぬトラブルを招くことがあります。そのトラブルとは、ズバリ季節の変化や春の環境による肌荒れです。季節の変わり目である冬から春にかけてのこの時期は、お肌に不調が起こりやすいのです。
そんな春の肌トラブルを防ぐためには、ターンオーバーを整える丁寧なデイリーケアがカギを握ります。どんなケアがお肌を救うのか、詳しく見ていきましょう。



冬から春の季節の移り目にご注意を。季節に合わせたデイリーケアを取り入れて

寒く厳しい冬は乾燥や冷えなどによってお肌のターンオーバーが乱れがち。
その状態のままで春を迎えてしまうと、季節や環境の変化によってさらにお肌の調子がダウンしてしまいます。
本格的な春に突入する前に、ターンオーバーを整えるスキンケアを行っていきましょう。
今回は、冬から春にかけて肌荒れしてしまう理由や、それを防ぐターンオーバーを整える方法をご紹介します。

冬から春に肌荒れが起こってしまう原因とは?


空気の乾燥や気温の低さがお肌に襲い掛かるつらい冬から解放されると、気持ちも明るくなるためお肌の調子もアップしたように感じますが、実はこれは逆。

たとえ季節は変わっても、冬の間に乾燥や冷えによるダメージを受けてしまったお肌は回復ができておらず、ターンオーバーは乱れたままになっています。ターンオーバーが乱れてしまうと、お肌のごわつきや乾燥、ニキビ、くすみなどが目立つようになります。



冬から春に肌荒れが起こってしまう原因とは?

春の環境がもたらすお肌へのダメージとは?


春の陽気なムードは気持ちがいいですが、紫外線や花粉、気温差などの存在は忘れてはいけません。冬の間にターンオーバーが乱れてしまった肌にとって、春の環境は厳しいものです。

ターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能が低下した状態で花粉や紫外線、気温差に肌がさらされると、乾燥や痒み、日焼け、シミなどのさまざまな肌トラブルを引き起こしがち。

また、ターンオーバーが乱れているということは、ホルモンバランスや生活習慣も乱れている可能性が高いもの。外側からのスキンケアに加え、内側からの体調管理にも気を遣っていきましょう。

春の環境がもたらすお肌へのダメージとは?

ターンオーバーを整えるには?


ヘルシーなお肌をゲットしたいと願うのならば、体のほうにも目を向けて体の内側からアプローチすることが大切です。

まずは、規則正しい生活を送ること。睡眠不足や栄養バランスの偏りは、ホルモンバランスを乱してお肌に悪影響を与えます。また、春になるといってもまだまだ寒い日も続くので、毎日のバスタイムも欠かせないポイント。体を芯から温めることで睡眠の質を上げ、ホルモンバランスや自律神経を整えることができます。食事はビタミン類やタンパク質を積極的にとり、バランスよく栄養を摂取しましょう。とくにビタミンCやB群、Dなどは花粉症対策としても効果的です。春ならではの肌トラブルの原因にも、しっかりと対応していきましょう。


ターンオーバーを整えるには?

ターンオーバーを整えるスキンケア方法とは?


ターンオーバーを整え、健やかな肌をいつもキープするためには、洗顔や保湿などの基本的なスキンケアに加え、余分な角質などをオフするというひと手間を加えるのがポイントです。まず、洗顔をするときに、お肌の状態を確認しましょう。皮脂が多い部分、少ない部分を確認したら多い部分から順に洗顔料をのせて洗いましょう。とくにTゾーンが皮脂が多い部分で、目元口元は少ない部分になります。

そして、洗顔が終わったら保湿ケアを行いますが、その前に行ってほしいのが角質のケア。お肌の角質ケアというとピーリングが思い浮かびますが、状態が安定していない春のお肌にピーリングを行ってしまうと、赤みやヒリヒリ感などが起こることがあります。

そのため、優しく角質をオフするふき取りタイプの化粧水などの使用がおすすめです。

ターンオーバーを整えるスキンケア方法とは?

うるおいを与えながらお肌のザラつきや角質をオフ


デリケートな春のお肌に最適なのが、ロクシタンの人気製品「レーヌブランシュ ブライトフェースウォーター」です。ふき取りとしても保湿化粧水としても使うことができ、お肌にうるおいを与えてしっとりとした質感に仕上げてくれます。コットンに含ませてふき取りとして使うと、お肌のザラつきや角質をオフして均一なお肌に整えてくれるのも嬉しいポイント。透明感あふれる憧れの陶器肌に導いてくれるアイテムです。


ターンオーバーが乱れやすくお肌の不調が起こりがちな春ですが、日頃からの丁寧なケアや規則正しい生活を心掛けることで防ぐことができます。

しっかりとスキンケアを行って、新しい季節を気持ちよく迎えましょう。

> レーヌブランシュ
ブライトフェースウォーターを見る
うるおいを与えながらお肌のザラつきや角質をオフ

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む

夏前にチェック!
ガサガサかかとをケアする方法

目に入るたびに気になってはいても、つい見て見ぬふりをしてしまうのが、かかとのケア。
ガサガサ状態のかかとを靴下やストッキングでカバーして、どうにかやり過ごしているという方も多いでしょう。
しかし、これからやってくる夏の季節は素足になる機会も増えるもの。夏らしいオシャレな服に身を包み、素敵なサンダルやミュールで決めても、ガサガサかかとに気づかれてしまったら、ちょっと残念な印象に。
夏のオシャレを存分に楽しみ、女性らしさをキープするためにもガサガサかかとのケア方法をマスターしましょう。
続きを読む

「夏はむくみの季節」
理由と足ケア対策3つ

「夕方になると足がパンパンにむくんでいる」「帰宅時のヒールの靴が窮屈になる」こうした足のむくみに悩む女性は多いもの。
オフィスの空調が強かったり、冷たい物を摂取する機会も多く、体が冷えやすい夏は、むくみを起こしやすい環境でもあります。
むくみを放置してしまうとリンパ管などが圧迫されるため、体内の余分な水分や老廃物は排出されにくい状態に。すると、基礎代謝が低下してしまい、同時に脂肪細胞の燃焼もされにくくなるため、体内に溜まった水分や老廃物と結びつきやすくなります。
脂肪細胞と体内の水分や老廃物が結びつくと、頑固なセルライトが生まれてしまうため、一般に、むくみはセルライトの原因になると言われています。
その日のむくみは、その日のうちに解消しておきましょう。
続きを読む