今こそお手入れ時!夏の疲れを秋に持ち越さない方法

夏の日差しを浴びて傷んだ髪には、贅沢なケアを

夏はとても楽しい季節ですが、体への負担が大きいシーズンでもあります。
日差しや海水だけでなく、冷房ですら、あなたが気づかないうちにダメージとなっていることが。紫外線の刺激から体を守ろうとする肌は、角質がたまってゴワつきを感じることも。
特に、常に日差しにさらされている顔と髪の毛は、ダメージを受けやすいので注意が必要です。
こうした体の変化はごく自然なことで、夏の次にやってくる季節、秋に向けての準備を始めているため。でも、夏休み明け、職場へ復帰をすると、今度は職場での精神的なストレスにさらされることに。
では楽しい夏が過ぎ去った後は、どのようなケアをすれば快適に過ごせるのでしょうか?

スキンケア

肌が本来持っている、バリア機能を回復する


お肌には、何もしなくても肌を整える保護機能があります。皮膚の構造は保護膜を作ることで、顔に十分な水分を保ち、肌の調子を整えているのです。しかし日々の紫外線は、この保護膜にダメージを与えることがわかっています。だからこそ、ていねいなベーシックケアで、ナチュラルな美肌を取り戻しましょう。


1. イモーテル クレンジングオイル」でやさしくメイクを落とすことで、肌の乾燥を防いで、潤いを与えます。


2. イモーテル インテンスクレンジングフォーム」などの超濃密泡で、肌に負担をかけることなく、すみずみまで洗い上げます。


3. ディヴァイン インテンシヴオイル」などの肌なじみの良いオイルでまず保湿します。


4. 次に、あなたの肌にぴったりなスキンケアで保湿をしましょう。


肌が本来持っている、バリア機能を回復する

視線に注目


老化の原因は、80%が紫外線によるものだということをご存じでしょうか?

女性の肌は繊細です。特に目の周りは皮膚が薄いので、特別なケアを心がけたいもの。その際には、オイル入りの、リッチで保湿成分たっぷりのアイケアアイテムを選びましょう。特におすすめなのが「ディヴァイン アイセラム」です。乾燥による小じわにもしっかり入りこみ、目元の肌をすっきりさせます。


目をリラックスさせて、若々しい目元と視線を手に入れましょう。乾燥気味の目の周りは、アイクリームを使って優しくマッサージをして、瞳の輝きを取り戻しましょう。


> 目元のマッサージの仕方を見る(動画)
視線に注目

栄養のヒント


ご存じの通り、人間の体は食べた物でできています。つまり体に良いものを食べれば、見た目も良くなるということです。栄養がたっぷりのものを食べて、体に害のあるものを取り除くと、体内から美しくなれます。

ニンジンやサツマイモのように、βカロチンを多く含むものは、肌の調子を整えますし、アボカドは脂性肌、乾燥肌、どちらの肌にも良いといわれています。体内の酸化を防止と言われているのが緑茶や柑橘系のフルーツで、肌のコラーゲンを生成するとも。こうした食べ物を摂取することによって、潤ってすべすべな肌を手に入れることができます。

しかしこれらは即効性のあるものではありません。肌の調子が良くなるように、日々の食生活を変え始めましょう。すると肌本来の美しさを得ることができます。


栄養のヒント


ヘアケア

傷んだ髪の補修法


夏は髪の毛にとって、ダメージの大きい季節です。海水やプールの塩素、冷房や浜辺の砂など、これらはすべてあなたの髪を乾燥させてしまいます。一度カラカラに乾燥してしまった髪は、バサバサになって柔らかさを失ってしまいます。


そんな時は、保湿力が高いヘアケアアイテムを使って、ダメージを補修しましょう。

シャンプーをする前に、「ファイブハーブス リペアリングスカルプオイルトリートメント」を使い、頭皮の毛穴に詰まった汚れを浮かせると同時に、しっとりとうるおった、やわらかく健康な頭皮に整えます。

シャンプー後には「ファイブハーブス リペアリングコンディショナー」を使い、髪を保湿します。週に1〜2回、「ファイブハーブス リペアリングヘアマスク」を使って髪質を良くし、来る冬に備えましょう。


> ファイブハーブス リペアリングシリーズを見る
傷んだ髪の補修法

傷んだ髪は皮脂過剰気味の原因に!


もし傷んだ髪をそのままにしていると、頭皮は過剰な皮脂を分泌するようになり、毛先を潤いで守ろうとします。すると髪があぶらっぽくなってしまうことに。

そうならないためには、「ファイブハーブス リペアリングスカルプオイルトリートメント」を、シャンプーをする前に使うことが大切です。

スカルプオイルトリートメント」と一緒に、「シアバター」(髪を柔らかくし、ぎゅっと保湿してくれます)や、「シア・ザ・オイル」(ビタミンEをたっぷり含み、髪の芯まで潤します)を使うのも効果的です。または仕上げに「ファイブハーブス リペアリングヘアオイル」を使えば、髪にさらなる潤いを閉じ込めることもできます。


> ヘアケア方法をもっと見る
傷んだ髪は皮脂過剰気味の原因に!


ボディケア

夏のダメージをふきとばす、とっておきの保湿法


こんがりときれいに日焼けをした肌は、羨望の的。でもそれは肌が紫外線に反応している状態です。

メラノサイト(色素形成細胞=細胞内でメラニンを生成し、肌の色を暗くダークにする細胞)が働くことで、日焼け肌を手に入れることができますが、日焼けは肌にとってストレスになることも。皮膚は厚くなり、乾燥し、柔らかさを失います。だからこそ、日焼けをした後には常にしっかり保湿をすることで、美肌を保てるのです。


シアバター」や「シア・ザ・オイル」は、夏を楽しんだあなたの必需品ともいえます。


夏のダメージをふきとばす、とっておきの保湿法

週2のケアでしなやか肌になる方法


日焼けをした肌を、潤わせ、柔らかくするためには、保湿前の角質ケアが効果的です。自然の恵みがたっぷり入ったスクラブで、柔肌を手に入れましょう。週に2回のケアがおすすめです。


1. シャワーを浴びるときには、ボディスクラブを体全体に塗布し、優しく円を描きながら首から足まで洗いましょう。


2. 身体中に残ったスクラブを洗い流しましょう。


3. 少し濡れた状態の肌に、「シア・ザ・オイル」でラッピング。水分を一緒に閉じ込め、保湿を完璧にします。


4. 仕上げは100%自然由来の「シアバター」で保湿をすれば、しなやか肌のできあがりです。


週2のケアでしなやか肌になる方法


ウェルネス

アロマテラピーは誰でも簡単に始められる


嗅覚は、脳のもっとも本能的な部分に直接届き、記憶と感情を呼び起こすと言われています。

そんな理由からか、香りは古くから体と心のバランスをとる治療にも使われてきました。アロマテラピーは精油の芸術とも言え、心に静寂と平和をもたらしてくれます。もっともよく使われる方法が、ディフューザーです。心のままに嗅ぎたい香りを選び、オフィスでも、自宅でも、香りの調和を楽しみましょう。あなた好みの香りは、瞬時に落ち着いた気持ちにさせてくれるでしょう。


> プロヴァンスアロマ製品一覧を見る
アロマテラピーは誰でも簡単に始められる

自分でできる簡単マッサージ

1. 頭皮マッサージ

1. 頭皮マッサージ

たった1分で夢心地!道具のいらない頭皮ケア。

> 動画を見る(英語)
2. 首回りを楽に

2. 首回りを楽に

オフィスでも自宅でも!辛い肩こりを癒す方法。

> 動画を見る(英語)
3. くつろぎの呼吸

3. くつろぎの呼吸

リラックス!集中力を高める呼吸法。

> 動画を見る(英語)

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む

夏前にチェック!
ガサガサかかとをケアする方法

目に入るたびに気になってはいても、つい見て見ぬふりをしてしまうのが、かかとのケア。
ガサガサ状態のかかとを靴下やストッキングでカバーして、どうにかやり過ごしているという方も多いでしょう。
しかし、これからやってくる夏の季節は素足になる機会も増えるもの。夏らしいオシャレな服に身を包み、素敵なサンダルやミュールで決めても、ガサガサかかとに気づかれてしまったら、ちょっと残念な印象に。
夏のオシャレを存分に楽しみ、女性らしさをキープするためにもガサガサかかとのケア方法をマスターしましょう。
続きを読む

「夏はむくみの季節」
理由と足ケア対策3つ

「夕方になると足がパンパンにむくんでいる」「帰宅時のヒールの靴が窮屈になる」こうした足のむくみに悩む女性は多いもの。
オフィスの空調が強かったり、冷たい物を摂取する機会も多く、体が冷えやすい夏は、むくみを起こしやすい環境でもあります。
むくみを放置してしまうとリンパ管などが圧迫されるため、体内の余分な水分や老廃物は排出されにくい状態に。すると、基礎代謝が低下してしまい、同時に脂肪細胞の燃焼もされにくくなるため、体内に溜まった水分や老廃物と結びつきやすくなります。
脂肪細胞と体内の水分や老廃物が結びつくと、頑固なセルライトが生まれてしまうため、一般に、むくみはセルライトの原因になると言われています。
その日のむくみは、その日のうちに解消しておきましょう。
続きを読む