乾燥の季節のリップケア
リップクリーム・リップバームの正しい使い方

空気の乾燥が気になるこの季節。特にトラブルが起きやすいのが、デリケートな「唇」です。
皮膚が薄く繊細で、すぐにカサカサとひび割れてしまいがちな唇。どんなにリップクリームやリップバームを塗ってケアしていても、どうしても荒れてしまう……とお悩みではありませんか?
実はその原因は、リップクリーム・リップバームを正しく使えていないからかもしれないのです。
> リップケア製品一覧を見る

「正しいリップケアでプルプルの美人リップに」

女性にとってプルプルの唇は永遠のあこがれ。健康的な女性らしさを演出する美しい唇をキープするためには、正しいリップケア方法が必要不可欠です。
意外と間違えやすいリップクリーム・リップバームの正しい使い方をご紹介します。

リップクリームはあくまで「予防」!荒れる前に塗って


リップクリームやリップバームなど、唇をケアするアイテムにはいろいろなものがありますが、これらはみんな唇が荒れるのを「予防」するもの。すっかり荒れて血がにじんでしまったような唇に塗ってもかえって刺激を与えてしまいます。

唇が荒れた時だけリップクリームを塗るという方も多いようですが、日ごろからこまめに塗って唇をカバーしておくのが正解です。


> シア リップバームを見る
リップクリームはあくまで「予防」!荒れる前に塗って

摩擦は厳禁! リップクリームは温めてから唇に


スティック型やチューブ型など、さまざまな形のリップクリーム・リップバームがありますが、皆さんは使う時に唇にそのまま押し付けてはいませんか?

実は、リップクリームは冷えると固まってしまいがち。そのまま使ってしまうと唇の皮膚に負担がかかってしまい、かえって荒れの原因になってしまうことがあります。スティック型のリップクリームの場合は指先で先端を温めてから塗りましょう。

チューブ型の場合には指先に一旦出して、指の温度で温めてから唇にのせるのもおすすめです。


摩擦は厳禁! リップクリームは温めてから唇に

横塗りはNG!? 本当に正しいリップクリーム・リップバームの塗り方とは


通常、リップクリームは口紅をつける時のように横にスライドさせて塗ることが多いですね。ですが、この方法だと唇全体にリップクリームが行き渡らないのです。

唇には縦方向にシワが入っています。このシワの間にも塗り込むようなイメージで、縦方向に優しく塗っていくのがおすすめの塗り方。これだけで乾燥しやすい唇がふっくらとうるおいに満ちた状態になりますよ。


塗りすぎ注意! 塗る頻度は1日に5回が理想

すでにお話ししたように、唇は摩擦によって荒れやすくなってしまいます。そのため、1日に何度もリップクリームを塗ってしまうと唇を必要以上に摩擦してしまうことになるのです。

「メイクの前」「食事の後」「お風呂上がり」などあらかじめタイミングを決めておいて、リップクリームを塗りすぎないようにしましょう。1日に5回までが理想的な回数です。


使う時は清潔に! 指先や綿棒を使って

リップクリームを使う時には衛生面にも気を配りましょう。ついつい唇にチューブの先端などをそのまま押し付けて使ってしまいがちですが、綿棒や指先に出してから唇にのせるのがおすすめです。

スティック型の場合も綿棒などを使ったほうが清潔に使い続けることができますよ。


横塗りはNG!? 本当に正しいリップクリーム・リップバームの塗り方とは

正しいリップケアで魅力的なプルプル唇に


いかがでしたか?

プルプルの唇のために一生懸命リップケアをしていても、間違った方法では逆効果。正しいケア方法をきちんとマスターして、魅力的な唇をキープしてくださいね。


> チェリーブロッサム リップバームを見る
正しいリップケアで魅力的なプルプル唇に
「シア リップバーム」お客様の感想

「シア リップバーム」お客様の感想


“時間が経っても、唇の潤いが続きます。他のリップクリームを塗るとあとからガサガサになりますが、これだと大丈夫でした。夜の保湿や口紅の下地に使ってます。”


“試しに使ってみてから、気に入って継続しております。”

> シア リップバームを見る
「チェリーブロッサム リップバーム」お客様の感想

「チェリーブロッサム リップバーム」お客様の感想


“チェリーブロッサムの香りはとても気に入っていて、以前から愛用しています。リップバームもほんのり甘く、つけた時に香りが広がって気分が上がります♪”


“妹にプレゼントしてもらったのですが、いい香りだし唇が潤ったと思います。”

> チェリーブロッサム リップバームを見る
「ローズ リップバーム」お客様の感想

「ローズ リップバーム」お客様の感想


“友達の誕生日プレゼントと自分用に予約注文しました。とても良いです。手離せません‼”


“唇がいつもつややかでうれしい限りです。”

> ローズ リップバームを見る

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む

夏前にチェック!
ガサガサかかとをケアする方法

目に入るたびに気になってはいても、つい見て見ぬふりをしてしまうのが、かかとのケア。
ガサガサ状態のかかとを靴下やストッキングでカバーして、どうにかやり過ごしているという方も多いでしょう。
しかし、これからやってくる夏の季節は素足になる機会も増えるもの。夏らしいオシャレな服に身を包み、素敵なサンダルやミュールで決めても、ガサガサかかとに気づかれてしまったら、ちょっと残念な印象に。
夏のオシャレを存分に楽しみ、女性らしさをキープするためにもガサガサかかとのケア方法をマスターしましょう。
続きを読む

「夏はむくみの季節」
理由と足ケア対策3つ

「夕方になると足がパンパンにむくんでいる」「帰宅時のヒールの靴が窮屈になる」こうした足のむくみに悩む女性は多いもの。
オフィスの空調が強かったり、冷たい物を摂取する機会も多く、体が冷えやすい夏は、むくみを起こしやすい環境でもあります。
むくみを放置してしまうとリンパ管などが圧迫されるため、体内の余分な水分や老廃物は排出されにくい状態に。すると、基礎代謝が低下してしまい、同時に脂肪細胞の燃焼もされにくくなるため、体内に溜まった水分や老廃物と結びつきやすくなります。
脂肪細胞と体内の水分や老廃物が結びつくと、頑固なセルライトが生まれてしまうため、一般に、むくみはセルライトの原因になると言われています。
その日のむくみは、その日のうちに解消しておきましょう。
続きを読む