つらい冬のかゆみ肌に。
乾燥から肌を守る保湿方法

年が明けて、いよいよ冬本番のシーズンとなりました。厳しい寒さや乾燥がより一層気になる冬真っ只中のこの季節は、お肌の乾燥によるかゆみも起こりやすいもの。
これを防ぐためには、日々のホームケアで冬の環境にお疲れ気味のお肌を労わってあげることが大切です。毎日のバスタイムにうるおいチャージやボディケアを取り入れて、つらい乾燥やかゆみをケアしていきましょう。
今回は、冬にお肌にかゆみが出てしまう原因と、そのケア方法についてご紹介いたします。

デイリーケアで冬の乾燥肌に終止符を。かゆみを防ぐ保湿ケアの方法

乾燥したお肌のかゆみを防ぐためには、なぜかゆみが起こるのかという原因を知り、最適なケアを行っていくことが大切です。
冬の乾燥に負けないうるおい溢れたお肌を目指しましょう。

冬の乾燥した空気が乾燥肌とかゆみを引き起こす


1年の中で最も寒さが厳しくなるこの季節。空気の乾燥も一段と気になるようになり、お肌のかゆみや粉吹きなどに悩まれる方が多くなります。

これは、湿度の低い冬の空気にお肌の水分が奪われてしまうことが原因です。お肌の水分量が下がり、乾燥肌になるとお肌のバリア機能が低下し、うるおいを守るために必要な皮脂の分泌も少なくなってしまいます。乾燥肌が慢性化してバリア機能が低下するとお肌が敏感になり、ちょっとした刺激を受けただけでもかゆみを感じてしまうのです。

冬の乾燥した空気が乾燥肌とかゆみを引き起こす

冬の夜のバスタイム。リラックスムードのひと時にも要注意を


冷たい風が吹き荒れ、寒さを感じずにはいられない冬の夜。外出から帰宅し、温かいお風呂の中でほっと一息つく時間は、何にも代えられない幸せなひと時でしょう。

しかし、このバスタイムにもお肌のかゆみを引き起こす原因が隠れています。

寒い冬にはつい熱いお湯に浸かりたくなりますが、あまりに温度を高く設定すると、もともとお肌に備わっている保湿成分を必要以上に落としてしまいます。

お肌のうるおいを守りながらバスタイムを楽しむためには、38℃程度の設定がおすすめ。少しぬるめの温度に設定することで、じっくりとバスタイムを楽しむことができ、体を芯から温めることができます。お肌にうるおいを与えてくれる入浴剤を取り入れて、香りとしっとりとしたお湯の質感を楽しむのもおすすめです。

冬の夜のバスタイム。リラックスムードのひと時にも要注意を

洗いすぎやこすり過ぎの外部刺激にも気をつけて


バスタイム中のお肌にかゆみを感じると、どうしてもゴシゴシと強くこすり洗いをしてしまいますが、これも乾燥肌をより深刻化させてしまいます。

硬いタオルやブラシなどで強くこすってしまうと、その摩擦でお肌が傷ついたり、保湿成分が奪われてしまうのです。

体を洗うときには、手のひらいっぱいの泡を作り、お肌を包み込むようにして洗ってあげることが大切です。

洗いすぎやこすり過ぎの外部刺激にも気をつけて

バスタイム後の保湿ケアがかゆみを抑えるカギに


バスタイムを楽しんだあとには、お肌にうるおいのベールをかけてあげましょう。バスタイム後のお肌は、乾燥しやすくとてもデリケートな状態です。

体の水分をタオルで優しく拭き取ったら、1秒でも早く保湿ケアを行うよう心掛けてください。とくに乾燥がきになるひじやひざ、首元などは入念に。

バスタイム後の保湿ケアがかゆみを抑えるカギに

ロクシタンのやさしい保湿ケアアイテムを取り入れて

毎日のバスタイムやボディケアをより充実させるためには、お肌にやさしいロクシタンの保湿ケアアイテムを取り入れるのがおすすめです。


お肌へのうるおいを与えながら、優しい香りで優雅な気分をもたらしてくれる「リラクシング バスオイル」は、毎日のバスタイムにぜひプラスしたいアイテム。ミルキー色のお湯に浸かりながら、冬の冷え切った体を温めましょう。

また、バスタイム後のボディケアには、「シア リッチボディクリーム」がぴったり。シアバターが25%も配合されたクリームは、伸びが良くお肌へすっと馴染み、冬の乾燥をブロックしてくれます。

さらに、お肌にシュッとひと吹きするだけでうるおいチャージが叶う「シア・ザ・オイル」も見逃せないアイテム。何かと忙しいバスタイム後の保湿ケアに役立ってくれます。ボディにはもちろん、ヘアオイルとしても使用できるのが嬉しいポイントです。


心までも凍りつかせてしまうような厳しい冬の環境に打ち勝つためには、ロクシタンのこだわりがギュッと凝縮された保湿アイテムがぴったり。デイリーケアに取り入れて、乾燥やかゆみにお別れを告げましょう。


> バス&ボディ製品一覧を見る
ロクシタンのやさしい保湿ケアアイテムを取り入れて

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む

夏前にチェック!
ガサガサかかとをケアする方法

目に入るたびに気になってはいても、つい見て見ぬふりをしてしまうのが、かかとのケア。
ガサガサ状態のかかとを靴下やストッキングでカバーして、どうにかやり過ごしているという方も多いでしょう。
しかし、これからやってくる夏の季節は素足になる機会も増えるもの。夏らしいオシャレな服に身を包み、素敵なサンダルやミュールで決めても、ガサガサかかとに気づかれてしまったら、ちょっと残念な印象に。
夏のオシャレを存分に楽しみ、女性らしさをキープするためにもガサガサかかとのケア方法をマスターしましょう。
続きを読む

「夏はむくみの季節」
理由と足ケア対策3つ

「夕方になると足がパンパンにむくんでいる」「帰宅時のヒールの靴が窮屈になる」こうした足のむくみに悩む女性は多いもの。
オフィスの空調が強かったり、冷たい物を摂取する機会も多く、体が冷えやすい夏は、むくみを起こしやすい環境でもあります。
むくみを放置してしまうとリンパ管などが圧迫されるため、体内の余分な水分や老廃物は排出されにくい状態に。すると、基礎代謝が低下してしまい、同時に脂肪細胞の燃焼もされにくくなるため、体内に溜まった水分や老廃物と結びつきやすくなります。
脂肪細胞と体内の水分や老廃物が結びつくと、頑固なセルライトが生まれてしまうため、一般に、むくみはセルライトの原因になると言われています。
その日のむくみは、その日のうちに解消しておきましょう。
続きを読む