体の芯からぽかぽかに
「温活」のすすめ

冬だけに限らず1年を通して冷え性に悩む女性は多いものです。
体の冷えを放置してしまうと血行不良が起こって肌トラブルや肩こり、便秘、睡眠不足など美容や健康に大きなダメージを及ぼします。
そんな女性にとって大敵ともいえる体の冷えを解消するためには、日々の生活の中で“温活”を取り入れるのがおすすめです。
温活はちょっとした意識の改善や、普段の生活にひと手間プラスするだけで誰でも気軽に始めることができます。
体を芯からぽかぽかと温めてくれる“温活”の方法をご紹介いたします。



心も体もぽかぽかにする“温活”をデイリーに取り入れて

夏は冷房によって、冬は厳しい気温の低下によって引き起こされてしまう体の冷え。
しっかりと体温を上げて、寒さや不調に負けないヘルシーボディをゲットしましょう。
デイリーに取り入れたいおすすめの“温活”方法をご紹介いたします。

3つの“首”を温めて冷えから体を守る


体のパーツの中で“首”という文字がつく「首」「手首」「足首」の3か所は、温活において絶対に見逃せない部位。この3か所には皮膚のすぐ下に大きな動脈が通っているという共通点があり、服や上着を着ていても露出しやすい部分でもあります。裾や袖口から冷気が入り込んで首や手首、足首が冷えてしまうと動脈も冷え、血行が滞って体全体が冷えてしまうのです。外出するときはもちろん、家にいるときにもこの3つの首をしっかりと温めておきましょう。冬はマフラーや長めの手袋、レッグウォーマーなどを使用し、夏にはストールやアームウォーマー、靴下などを使用するのがおすすめです。

3つの“首”を温めて冷えから体を守る

体を冷やす飲み物はNG。温かいお茶や常温のお水を


キンキンに冷やされた飲み物はのどごしが良くおいしく感じるものですが、温活にはNGです。

冷たい飲み物を飲むと内臓を冷やしてしまい、体の中から冷えを招いてしまいます。

美容や健康をキープするのに欠かせない水は常温のものを、お茶などもホットにして飲むことが大切です。朝起きたときや、夜寝る前に温かい飲み物を取り入れて、体の中からぽかぽかを目指しましょう。


体を冷やす飲み物はNG。温かいお茶や常温のお水を

適度な運動で筋力アップ! 健康にも美容にも嬉しい効果が


男性に比べて女性に冷え性が多いのは、筋肉量が少なく脂肪が多いため。熱を作り出すためには、筋肉量をアップさせることが欠かせません。

ウォーキングやジョギング、家でもできるヨガやストレッチなどを上手に取り入れて、少しずつ体を動かしていきましょう。

仕事やプライベートに追われて運動する時間が取れないという方は、最寄り駅の1つ前で降りてみたり階段を使うように心掛けるだけでもOKです。

適度な運動で筋力アップ! 健康にも美容にも嬉しい効果が

毎日のバスタイムが1番の温活に


温活方法として特に効果が高く、絶対に見逃せないのがバスタイムです。温かいお湯に体を沈めてほっと一息つくと、体の冷えや疲れ、ストレスなどもすっとお湯の中に溶けていくよう。湯船に浸かりながらフットマッサージやリンパマッサージをすると、さらに体がぽかぽかに温まります。バスミルクやシャワージェルなど、バスタイム中に使うアイテムにお気に入りのものを取り入れて、リッチな気分を味わいながら温活を楽しみましょう。

毎日のバスタイムが1番の温活に

ロクシタンのバスグッズで温活を楽しく


ロクシタンのバスグッズは、毎日のバスタイムをワンランク上の上質な時間へと導いてくれるものばかり。5つのエッセンシャルオイルが配合された「リラクシング バスオイル」は、お湯にとかすとミルクのような優しい色に。穏やかで安らぐ香りがバスルームいっぱいに広がり、温活をしながら肌も心もうるおいで満たされることでしょう。

また、男女問わず多くの方から愛されている「ヴァーベナ シャワージェル」はフレッシュな香りが嬉しいアイテム。年間を通してお使いいただけるシャワージェルですが、この爽やかな香りはとくに夏にぴったりです。冷房や冷たい食べ物などで冷えてしまう夏の体をバスタイムで温める際は、ぜひ取り入れてみてください。

> バス・シャワー製品一覧を見る
ロクシタンのバスグッズで温活を楽しく

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む

夏前にチェック!
ガサガサかかとをケアする方法

目に入るたびに気になってはいても、つい見て見ぬふりをしてしまうのが、かかとのケア。
ガサガサ状態のかかとを靴下やストッキングでカバーして、どうにかやり過ごしているという方も多いでしょう。
しかし、これからやってくる夏の季節は素足になる機会も増えるもの。夏らしいオシャレな服に身を包み、素敵なサンダルやミュールで決めても、ガサガサかかとに気づかれてしまったら、ちょっと残念な印象に。
夏のオシャレを存分に楽しみ、女性らしさをキープするためにもガサガサかかとのケア方法をマスターしましょう。
続きを読む

「夏はむくみの季節」
理由と足ケア対策3つ

「夕方になると足がパンパンにむくんでいる」「帰宅時のヒールの靴が窮屈になる」こうした足のむくみに悩む女性は多いもの。
オフィスの空調が強かったり、冷たい物を摂取する機会も多く、体が冷えやすい夏は、むくみを起こしやすい環境でもあります。
むくみを放置してしまうとリンパ管などが圧迫されるため、体内の余分な水分や老廃物は排出されにくい状態に。すると、基礎代謝が低下してしまい、同時に脂肪細胞の燃焼もされにくくなるため、体内に溜まった水分や老廃物と結びつきやすくなります。
脂肪細胞と体内の水分や老廃物が結びつくと、頑固なセルライトが生まれてしまうため、一般に、むくみはセルライトの原因になると言われています。
その日のむくみは、その日のうちに解消しておきましょう。
続きを読む