ほのかに香らせて魅力を漂わせる
女性からの好感を狙う香水の付け方

ふわっと漂う香水の素敵な香りを纏っていると、女性からの印象アップや恋愛面にも役立てることができます。
大人の男性の魅力溢れる香りは、周囲の人々を魅了するのです。
誰もが思わず振り向くような香りを身につけて、男性が持つ魅力を引き立たせましょう。

なんだかいい香り…大人の魅力が溢れる香水の付け方

爽やかな香水を身に纏った男性は、周りの人の印象に残りやすく好感度までもアップさせることができます。
香りをさりげなく漂わせる、上手な香水の付け方をご紹介いたします。

香水はどこに付けるのが正しい?


香水を上手に香らせるためには、体のどこに付けるかということがとても大切なポイント。どんな風に香らせたいのかによっても変わりますが、体温が高く、太い血管が通っているパーツがおすすめです。

体温が高いところにワンプッシュすることで香水が温められて、香りを立たせることができます。また、太い血管が通っているパーツに香水を付けると、脈が打たれるタイミングに合わせて香りが立つので、素敵な香りが漂います。

香水はどこに付けるのが正しい?

メンズにおすすめの香水をつける場所


・耳の後ろ

男性の魅力を引き出してくれるパーツが、耳の後ろです。体温が高く、香りが付きやすいので、濃厚な香りを纏うことができます。

・手首

手首には太い血管が通っているので、脈に合わせて香りがふわっと舞い上がります。また、手は自然と動かす機会が多いパーツ。腕を上下するたびに香りをアピールすることができます。

・ひじの内側

香りを少し抑えたいという方におすすめなのが、ひじの内側です。体温が高く、香りが立ちやすい場所ですが、洋服でカバーすることができるので香り過ぎを防ぎ、ソフトな香りが漂います。

・ウエスト

ビジネスシーンや食事中などでも気にならない程度に香らせたいというときには、ウエストが最適。立ち上がったり動いたりすることで香りが立ちますが、パンツやアウターで覆われるので強く香るのを防ぐことができます。

メンズにおすすめの香水をつける場所

香水を付けるタイミングと量


上品に香らせるためには、香水を付けるタイミングと量が重要なポイントになります。

ベストなタイミングは、外出の30分~1時間前。香水を付けた直後は強く香ってしまうので、ある程度時間をおいて肌に馴染んだ頃に出掛けるのがベストです。

また、香水を付ける量はワンプッシュでOK。毎日付けていると自分では慣れてしまって香りが感じられなくなってしまい、つい付け過ぎてしまいますが、ワンプッシュ程度を心掛けましょう。

香水を付けるタイミングと量

香水の香りを長持ちさせるコツ


身に纏った香りを長くキープさせるコツは、香水を付ける前に肌を保湿すること。

手首や耳の後ろなど、香水を付けるパーツにボディクリームやシアバターを塗って肌にうるおいを与えると、香水が体に馴染みやすくなります。

また、香水をつけたあとには擦ったりせずに、なじませて香りを楽しみましょう。

香水の香りを長持ちさせるコツ

ロクシタンのメンズフレグランスで男性の魅力をアップ


周囲の人々を魅了する素敵なフレグランスが揃うロクシタン。洗練された大人の男性にこそ似合うロクシタンのメンズフレグランスは、爽やかで上品な香りが特徴です。

清潔感のある洗練された香りを身に纏って、魅力溢れる男性を目指しましょう。


> フレグランス製品一覧を見る
ロクシタンのメンズフレグランスで男性の魅力をアップ
「セドラ オードトワレ」お客様の感想

「セドラ オードトワレ」お客様の感想

“予約で購入しました。初めて使って、『これは、良い❗️』と思いました。香もきつくなく、長持ちします。持続性が、抜群かな?ひと吹きしておくと、何処からともなく、芳ような、香りが、します。芳香とは、良くいったものです。香りが、出しゃばることなく、背後から、何となく漂ってくる感じです。当然100mlをオーダしましたが、正解でした。暫くは、これを楽しみます。”

> セドラ オードトワレを見る
「ヴァーベナ オードトワレ」お客様の感想

「ヴァーベナ オードトワレ」お客様の感想

“今回初めての購入でした。時間の経過とともに感じる香りがとても気に入っております。永く使えるものに、やっと出会えた気がします。”


“甘い香りが苦手で、メンズのフレグランスも愛用しますが、ヴァーベナは私の定番で、長いおつきあいです。オンオフいつでもベースとしてはじめにつけています。ヴァーベナ1つでも爽やかで素敵ですが、セドナやローズと重ねつけしても深みが出てその日の気分で楽しめます。”

> ヴァーベナ オードトワレを見る
「ロクシトン オードトワレ」お客様の感想

「ロクシトン オードトワレ」お客様の感想

“とても癒される香りで、フォーマル、カジュアル、シーンを選ばず使えますし、セクシーでもあり、爽やかでもある、どんな時もピタッと寄り添うように重なってくれます。初めは香りが弱いかな?と思いましたが、ふとした瞬間に香りますから、この辺りが香りをまとうプロな気がします。はっきり付けてると分かるのはオシャレでもセクシーでも謎めいてもないし、清潔感も与えないと思います。柔軟剤なのか、石鹸なのか、フレグランスを使ってるのか、使ってないのか、謎めかせる所や、たまになんだか分からないけどいい香りがするってその位の方が他人に与える清潔感は何倍も大きいと思います。この程度の香りは自分ではそんなに強く感じない程度だと思います。しかもロクシトンの香りはフレグランスってハッキリ分かる香りではなく、石鹸っぽいっていう所がいいんですよね、色んな点からかなり計算されつくしたフレグランスだと思います。”

> ロクシトン オードトワレを見る

つらい冬のかゆみ肌に。
乾燥から肌を守る保湿方法

年が明けて、いよいよ冬本番のシーズンとなりました。厳しい寒さや乾燥がより一層気になる冬真っ只中のこの季節は、お肌の乾燥によるかゆみも起こりやすいもの。
これを防ぐためには、日々のホームケアで冬の環境にお疲れ気味のお肌を労わってあげることが大切です。毎日のバスタイムにうるおいチャージやボディケアを取り入れて、つらい乾燥やかゆみをケアしていきましょう。
今回は、冬にお肌にかゆみが出てしまう原因と、そのケア方法についてご紹介いたします。
続きを読む

足元からポカポカに
「足湯」でリラックスタイムを

寒い冬の夜には、お風呂に入って体をじんわりと温めるのが理想ですが、忙しかったり疲れていたりすると、どうしてもお風呂を沸かすのが面倒になってしまうこともあります。
しかし、体を温めないと全身に寒気を感じたり、ベッドに入ってもなかなか寝付けないということもあるでしょう。
そこでおすすめなのが、少量のお湯と洗面器さえ用意すればできてしまう「足湯」です。
足を温めるだけなのでとても手軽にできるのに、終わったあとは体の内側から温まっているように全身がポカポカに。
冬の夜には足湯を取り入れて、明日の活力と美しさにつなげていきましょう。
続きを読む

美しい手をキープするための
ハンドケア方法

洗い物をしたり、料理をしたりと水に触れる機会の多い「手」は、荒れやすく、老化などの影響が真っ先に出るといわれています。
水以外にも「冷たい空気」「洗剤」「紫外線」といった外部からの刺激は多いのです。それにもかかわらず、顔のケアは念入り行うのに対して、手のケアを怠ってしまう方は意外と多いもの。「“手”は口ほどに物を言う」という言葉がありますが、手元のケアをしていると、さらに行き届いている印象になります。
いつまでも美しい手をキープしたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
続きを読む