健やか肌の秘訣は洗顔の泡が握る。
泡洗顔の方法

お肌のきめが整い、うるおいに満ちた健やか肌をキープするためには日々のスキンケアが欠かせませんが、その中でも「洗顔」がとくに大切なポイントです。
洗顔は、1日に2回毎日するもの。日々の習慣だからこそつい気を抜きがちですが、ちょっとした心掛けやひと手間が明日の美しさにつながるのです。
どのように洗顔をするか?、どんな泡で肌を包み込むのか?という基本を今一度見直して、きらめき輝くお肌を目指しましょう。


明日の美しさにつながる「泡」に注目した洗顔方法を取り入れて

洗顔は「やさしく丁寧に」「お肌をこすらずに」と一般にいわれていますが、それ以前にもっと大切になるのが洗顔料の「泡」の存在です。
どれだけお肌を優しく扱っていても、泡が立っていない状態の洗顔はNG。
うるおいのあるもっちり肌をキープするためにも、正しい泡洗顔の方法を学んでいきましょう。

「泡洗顔」とはどんなもの?


スキンケアの基本ともいえる洗顔ですが、ぬるま湯洗顔やシートでふき取るなどさまざまな方法があります。

そんな数ある洗顔方法の中でも、一段とお肌へ嬉しい効果を与えてくれるのが「泡洗顔」です。もちっとした弾力を持ち、きめ細かな濃密泡は肌の表面の汚れだけでなく、毛穴の奥に入り込んだ皮脂やメイク汚れなども一掃してくれます。

「泡洗顔」とはどんなもの?

「泡洗顔」のおすすめ理由は?


きちんと洗顔料を泡立てないまま洗顔すると、顔に手がふれたりすることで起きる摩擦などで、肌に負担がかかりがちです。

メイクや、紫外線などの環境にさらされたお肌は、想像以上にダメージやストレスを抱えています。そこに日々の洗顔による負担も蓄積されてしまうことを想像してみましょう。

ロクシタンがおすすめする「泡洗顔」は、キメ細やかなもこもこの泡で顔全体をそっと包み込み、お肌に直接指をふれないような感覚で、泡をころがし、撫でるように洗い上げます。

濃密泡のやさしい感覚を楽しみながら充分に洗うことで、毛穴の奥の汚れもしっかり落とすのはもちろん、さっぱり感がありながらも、しっとりとしたうるおいに包まれます。

「泡洗顔」のおすすめ理由は?

朝晩2回の洗顔を心がけて


思わず触れたくなるような健やかな肌を手に入れるためには、朝晩2回の洗顔が重要です。

朝の洗顔は、睡眠時に分泌された皮脂や汗などの汚れを落とし、スッキリとした目覚めをもたらしてくれるもの。丁寧な洗顔をすると、その後のスキンケア効果もアップし、メイクの仕上がりにも差が出ます。

また、夜の洗顔には、日中に蓄積された汚れを落とし、お肌のリセットをするという働きがあります。ターンオーバーによって排出された角質や老廃物などをクリアするためにも、必ず洗顔をしましょう。

朝晩2回の洗顔を心がけて

正しい「泡洗顔」の方法をマスターして


お肌を健やかで清潔な状態に保つためには、正しい泡洗顔の方法を学ぶことが大切です。

1つ1つの工程を確実にクリアして、理想の輝く素肌を手に入れましょう。


<正しい泡洗顔の方法>

1. 洗顔前に手を洗う。

2. 人肌程度のぬるま湯でお肌をぬらし、予洗いを行う。

3. 洗顔料を手に取って泡立てる。

4. 皮脂の多いTゾーンに泡をおき、頬、フェイスライン、口元の順で優しく洗う。

5. ぬるま湯を両手にすくい、水をお肌に押し当てるようにすすぐ。

6. 清潔なタオルでお肌をおさえて水分をとる。

7. ローションやクリームなどで保湿ケアを行う。


※泡洗顔をするときには、手とお肌の間に泡のクッションがあるイメージを持ち、泡を移動させながら洗い上げるのがポイントです。

正しい「泡洗顔」の方法をマスターして

きめが細かく立体的な泡が瞬時に「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」


泡洗顔が重要だと分かっていても、朝の忙しい支度時間では手を抜いてしまったり、夜のお疲れ時には面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

そこでおすすめなのが、ロクシタンの「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」です。1プッシュするだけで、もっちりとなめらかな泡ができあがり、手では実現できないような、きめの細かい濃密泡で洗顔することができます。

また、心地よい香りも大きな魅力の1つ。朝にはスッキリとした目覚めを、夜にはリラックスした気分を与えてくれます。

毎日の洗顔を、こんな風に楽しみながら続けられれば、日々の小さな積み重ねが、大きな差を生むかもしれません。

> イモーテル インテンスクレンジングフォームを見る
きめが細かく立体的な泡が瞬時に「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」

梅雨のお悩みナンバーワン
「ボサボサ髪」の対策術

ムシムシとした暑さと湿気が不快感を与えてくる梅雨シーズン。
厚い雲で覆われた空模様と同じように、気分もどんより暗くなってしまうことも。
とくに、梅雨シーズンの高い湿度は気分だけでなく「髪」にも影響を与えます。
クセや、広がりやゴワつきが気になるなど、いつもよりもヘアセットに悩む方も多いでしょう。このような髪のお悩みを解決するには、日頃のヘアケアがカギを握ります。
シャンプーやヘアマスクの基本的なケアから、ドライやスタイリングなどの応用ケアまでをしっかりと学んで、梅雨の湿気に負けない髪を作りましょう。
続きを読む

スポーツ後のお疲れボディを癒す。
疲労回復のマッサージ術

ランニングやテニスなど、澄み渡った青空の下で汗をかきながらスポーツをするのは、気持ちがいいものです。
思い切り体を動かすと、心のリフレッシュができることはもちろん、健康や美容にも嬉しい効果が期待できます。
しかしその一方で、久々に体を動かすと体に疲労を感じることもあります。スポーツ後の疲れを後に残さないためにも、頑張って働いてくれた筋肉をほぐしてあげましょう。
続きを読む

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む