健やか肌の秘訣は洗顔の泡が握る。
泡洗顔の方法

お肌のきめが整い、うるおいに満ちた健やか肌をキープするためには日々のスキンケアが欠かせませんが、その中でも「洗顔」がとくに大切なポイントです。
洗顔は、1日に2回毎日するもの。日々の習慣だからこそつい気を抜きがちですが、ちょっとした心掛けやひと手間が明日の美しさにつながるのです。
どのように洗顔をするか?、どんな泡で肌を包み込むのか?という基本を今一度見直して、きらめき輝くお肌を目指しましょう。


明日の美しさにつながる「泡」に注目した洗顔方法を取り入れて

洗顔は「やさしく丁寧に」「お肌をこすらずに」と一般にいわれていますが、それ以前にもっと大切になるのが洗顔料の「泡」の存在です。
どれだけお肌を優しく扱っていても、泡が立っていない状態の洗顔はNG。
うるおいのあるもっちり肌をキープするためにも、正しい泡洗顔の方法を学んでいきましょう。

「泡洗顔」とはどんなもの?


スキンケアの基本ともいえる洗顔ですが、ぬるま湯洗顔やシートでふき取るなどさまざまな方法があります。

そんな数ある洗顔方法の中でも、一段とお肌へ嬉しい効果を与えてくれるのが「泡洗顔」です。もちっとした弾力を持ち、きめ細かな濃密泡は肌の表面の汚れだけでなく、毛穴の奥に入り込んだ皮脂やメイク汚れなども一掃してくれます。

「泡洗顔」とはどんなもの?

「泡洗顔」のおすすめ理由は?


きちんと洗顔料を泡立てないまま洗顔すると、顔に手がふれたりすることで起きる摩擦などで、肌に負担がかかりがちです。

メイクや、紫外線などの環境にさらされたお肌は、想像以上にダメージやストレスを抱えています。そこに日々の洗顔による負担も蓄積されてしまうことを想像してみましょう。

ロクシタンがおすすめする「泡洗顔」は、キメ細やかなもこもこの泡で顔全体をそっと包み込み、お肌に直接指をふれないような感覚で、泡をころがし、撫でるように洗い上げます。

濃密泡のやさしい感覚を楽しみながら充分に洗うことで、毛穴の奥の汚れもしっかり落とすのはもちろん、さっぱり感がありながらも、しっとりとしたうるおいに包まれます。

「泡洗顔」のおすすめ理由は?

朝晩2回の洗顔を心がけて


思わず触れたくなるような健やかな肌を手に入れるためには、朝晩2回の洗顔が重要です。

朝の洗顔は、睡眠時に分泌された皮脂や汗などの汚れを落とし、スッキリとした目覚めをもたらしてくれるもの。丁寧な洗顔をすると、その後のスキンケア効果もアップし、メイクの仕上がりにも差が出ます。

また、夜の洗顔には、日中に蓄積された汚れを落とし、お肌のリセットをするという働きがあります。ターンオーバーによって排出された角質や老廃物などをクリアするためにも、必ず洗顔をしましょう。

朝晩2回の洗顔を心がけて

正しい「泡洗顔」の方法をマスターして


お肌を健やかで清潔な状態に保つためには、正しい泡洗顔の方法を学ぶことが大切です。

1つ1つの工程を確実にクリアして、理想の輝く素肌を手に入れましょう。


<正しい泡洗顔の方法>

1. 洗顔前に手を洗う。

2. 人肌程度のぬるま湯でお肌をぬらし、予洗いを行う。

3. 洗顔料を手に取って泡立てる。

4. 皮脂の多いTゾーンに泡をおき、頬、フェイスライン、口元の順で優しく洗う。

5. ぬるま湯を両手にすくい、水をお肌に押し当てるようにすすぐ。

6. 清潔なタオルでお肌をおさえて水分をとる。

7. ローションやクリームなどで保湿ケアを行う。


※泡洗顔をするときには、手とお肌の間に泡のクッションがあるイメージを持ち、泡を移動させながら洗い上げるのがポイントです。

正しい「泡洗顔」の方法をマスターして

きめが細かく立体的な泡が瞬時に「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」


泡洗顔が重要だと分かっていても、朝の忙しい支度時間では手を抜いてしまったり、夜のお疲れ時には面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

そこでおすすめなのが、ロクシタンの「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」です。1プッシュするだけで、もっちりとなめらかな泡ができあがり、手では実現できないような、きめの細かい濃密泡で洗顔することができます。

また、心地よい香りも大きな魅力の1つ。朝にはスッキリとした目覚めを、夜にはリラックスした気分を与えてくれます。

毎日の洗顔を、こんな風に楽しみながら続けられれば、日々の小さな積み重ねが、大きな差を生むかもしれません。

> イモーテル インテンスクレンジングフォームを見る
きめが細かく立体的な泡が瞬時に「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」

今こそお手入れ時!夏の疲れを秋に持ち越さない方法

夏の日差しを浴びて傷んだ髪には、贅沢なケアを

夏はとても楽しい季節ですが、体への負担が大きいシーズンでもあります。
日差しや海水だけでなく、冷房ですら、あなたが気づかないうちにダメージとなっていることが。紫外線の刺激から体を守ろうとする肌は、角質がたまってゴワつきを感じることも。
特に、常に日差しにさらされている顔と髪の毛は、ダメージを受けやすいので注意が必要です。
こうした体の変化はごく自然なことで、夏の次にやってくる季節、秋に向けての準備を始めているため。でも、夏休み明け、職場へ復帰をすると、今度は職場での精神的なストレスにさらされることに。
では楽しい夏が過ぎ去った後は、どのようなケアをすれば快適に過ごせるのでしょうか?
続きを読む

忙しい朝の強い味方
「BBクリーム」で時短メイク

朝はやることがたくさん。歯を磨いてスキンケアやヘアメイク、お天気に合わせて服を選んだり…。
1秒でも惜しくなるほど時間に迫られる方も多いでしょう。
そんな忙しい朝のメイクタイムには、「BBクリーム」が大活躍。
日焼け止めから化粧下地、ファンデーションの効果まで、すべて1本で叶えてくれるBBクリームは、時短メイクには欠かせない優秀なアイテムです。
BBクリームを取り入れて生まれた余裕で、いつもより少しゆっくり朝食をとったり、早く家を出てカフェに寄ってから出勤したり、自分のための素敵な時間を作れるかもしれません。
続きを読む

紫外線で傷んだ髪を
サラツヤにするシャンプー方法とは?

夏は紫外線対策が欠かせない季節。日やけ止めや日傘、手袋などで紫外線を防ぐのはもちろん、防ぎきれなかったダメージを毎日のスキンケアで お手入れするのはマストですよね。
そんな意識の高い女性でも、ついつい紫外線対策を忘れがちなパーツがあります。
それは、髪。お肌のようにメイクや洋服に覆われていない髪は、常に紫外線にさらされた状態にあります。
続きを読む