輝く髪のためにいますぐできること

輝く髪のためにいますぐできること

永久保存版!健康で輝くサラツヤ髪を保つ、たった6つの方法

髪はあなたが自分らしさを表現するために、とても重要な体の一部。そして摩擦や乾燥に敏感な部位でもあることも存知ですか?
例えば、海辺で過ごす夏休み。強烈な日差しにさらされ、海水や砂浜からくる紫外線の照り返しは、肌に光老化の影響を与えるのと同じように、髪にひどいダメージを与えてしまいます。
では寒い季節なら安心なのかといえば、乾燥した空気が起こす静電気で髪が乱れたり、パサついた髪になってしまうことも。
そうならないためにも正しいケア方法を知り、健康で輝くサラツヤ髪を手に入れましょう。

ヘアケア製品一覧を見る

サラツヤ髪を手にいれる方法

サラツヤ髪を手にいれる方法

サラツヤ髪に!? たった6つのシンプルな方法

「パサついてツヤのない髪に悩んでいる人が多い理由は簡単です。正しい洗髪方法を知らないだけなのです。」ヘアケアの専門家はこんな風に言います。髪に、より輝きを与えたいなら、まずはこれまでの洗髪方法を見直してみてはいかがでしょうか。
  1. まず、やや熱めのお湯で髪を濡らし、心地よい温度でキューティクルと毛穴が開くのを感じましょう。
  2. 泡立てながら頭皮に塗布し、指の腹を使って頭皮をマッサージをするように洗います。
  3. シャンプーが残らないよう、地肌と髪をよくすすぎましょう。
    暑い時期などは、お湯でシャンプーを流した後、冷たい水で一度開いたキューティクルと毛穴を閉じることも良いでしょう。
  4. コンディショナーをつける前に髪に残った水分をよく切ります。
  5. 毛先を中心に髪全体にコンディショナーをなじませ、1~2分置いてから洗い流します。
  6. 濡れている髪は、乾いているときより格段に傷つきやすい状態です。決してこすったり無理にしぼったりせず、水を切り、優しくタオルドライをしましょう。
ファイブハーブス リペアリングシリーズ

つややかな髪を取り戻す方法

  1. ファイブハーブス リペアリングシャンプー」を、泡立てながら頭皮に塗布し、指の腹でマッサージをするように洗います。
  2. ファイブハーブス リペアリングコンディショナー」を毛先を中心に塗布し、1~2分放置して洗い流します。
  3. ヘアマスクを髪全体になじませたら、蒸しタオルで包み、髪の芯まで浸透させましょう。2~3分ほど置いてからすすぎ流してください。
リペアリングシリーズを見る
ハードなダメージヘアには集中補修

ハードなダメージヘアには集中補修

  1. シャンプー前に、「リペアリングスカルプオイルトリートメント」を使って、頭皮の血行がよくなるようにマッサージを行いましょう。髪の根元からもつれの原因をなくし、髪に輝きを与えてくれます。
  2. ファイブハーブス ディープダメージケアシャンプー」を頭皮に塗布し、頭皮を洗うように髪を洗います。
  3. 傷んだ毛先を中心に「ファイブハーブス ディープダメージケアコンディショナー」を塗布し、1~2分放置してすすぎます。
ファイブハーブス ディープダメージケアシリーズを見る

べたつく頭皮や髪を美しくするには?

べたつきを取るためには頭皮クレンジングを

べたつきを取るためには頭皮クレンジングを

  1. 髪を濡らす前に、頭皮ケア用のヘアオイルを塗布します。頭皮の余分な油分は、オイルで取り除くのが一番です。そのまま蒸しタオルで髪を包み、髪と毛穴がしっかり保湿される感覚があるまで放置しましょう。
  2. 十分に保湿されたと感じたら、一度洗い流してからシャンプーを使いましょう。
  3. 毛先を中心にコンディショナーをなじませ、1~2分置いてからすすぎます。
スカルプケア製品一覧を見る

より強くしなやかな髪を作るには?

ファイブハーブス エンリッチシリーズ

毎日、頭皮ケアアイテムで、優しく頭皮をマッサージして血行を良くしましょう。根元から髪が立ち上がるのを感じるはずです。「ファイブハーブス エンリッチスカルプエッセンス」がおすすめです。

また、野菜やフルーツの栄養で、髪をより美しくできることをご存じですか?
健康な髪を育てるために必要なビタミンBは、アボカドに多く含まれています。また、ブルーベリーにはビタミンCが多く、体内でコラーゲンを生成すると言われています。かぼちゃはビタミンAが豊富で、皮膚のターンオーバーを整えると言われています。
強くしなやかな髪には、頭皮のケアとバランスよい食事が大切です。
ファイブハーブス エンリッチシリーズを見る

フケを防止する方法

ファイブハーブス エンリッチシリーズ

フケの原因はなに?!

フケは頭皮の角質が剥がれ落ちてきたものが正体です。
原因はさまざまですが、頭皮のターンオーバーが乱れたり、乾燥によってもフケが出やすくなります。

盲点なのが、十分に洗い流せていないコンディショナーがフケの原因となっている場合です。頭皮にコンディショナーが残らないようにすすぎをしっかりしましょう。
ヘアケアの専門家は、フケ防止に効果のあるシャンプーとコンディショナーをきちんと使うことと、マッサージなどで頭皮の環境を良くすることをおすすめしています。
ファイブハーブス エンリッチシリーズを見る
ファイブハーブス エンリッチシリーズ

大切なのは頭皮環境を整えること

フケは大きく2種類に分かれます。乾燥性のものと脂性のものです。
乾燥系のフケの原因に多いのが、頭皮から乾燥してしまっているのに、自分に合わない製品を使っていることに気づいていないというもの。脂性のフケの場合、心身にかかるストレスが原因になっていることもあります。頭皮環境を整える、「ファイブハーブス エンリッチシャンプー」がおすすめです。

また、頭皮が乾燥する人は、シャンプーの前に「ファイブハーブス リペアリングスカルプオイルトリートメント」を使うことをお勧めしています。乾燥した頭皮に潤いを与えることで、素髪の力をぐっと底上げしてくれます。
ファイブハーブス エンリッチシリーズを見る

ダメージが進んだヘアはよみがえるの?

ダメージヘアを修復するには

乾燥した髪が苦手なもの

髪はとても繊細です。特に髪に良くないのが、熱と乾燥といわれています。
ヘアアイロン・パーマ・カラーリング(ヘアカラー)、そしてドライヤーの使いすぎ。自然光の紫外線も髪のストレスになります。
そんな傷んだ髪を改善する方法は二つあります。

一つ目は、熱を当てるスタイリングをできるだけ避けることです。例えばドライヤーの時間を短くするように気を付けるだけで変わってくるはずです。
二つ目は、お肌をケアするのと同じくらい髪をケアしてあげること。熱や乾燥から髪を保護するようなスプレーやミストを使うことです。
Brushing hair - l'Occitane

正しいブラッシングを!

  1.  硬いゴム製のブラシ、またはクッションブラシを使いましょう。硬めの毛でも絡まりを防げます。
  2.  もし髪が絡まっていたら、根元から無理にとかそうとせずに、絡まってしまった部分をそっと解くようにブラシをかけましょう。
  3.  髪をとかすときは必ず、力をいれすぎず優しく髪を扱いましょう。引っ張ったりひねったりするのは厳禁です。特にドライヤーで乾かしながらブラシを使う場合は細心の注意を。

髪を保護する正しい製品の選びかた

Haire care routine - Aromachology heat-protective control mist - l'Occitane

ファイブハーブス リペアリングヘアオイル

乾燥や枝毛のケアにぴったりなのは、ファイブハーブス リペアリングヘアオイルです。あなたの髪を本来の健やかな髪へと導いてくれます。
1〜2プッシュしてオイルを手に取り、特にダメージが気になる毛先はもちろん、髪全体によくなじませましょう。

ファイブハーブス リペアリングヘアオイルを見る
Haire care routine - Aromachology control styling prep-cream - l'Occitane

スタイリングは洗い流さないトリートメントで完成

まとまりがない髪や、くせっ毛には、洗い流さないタイプのトリートメント、ファイブハーブス リペアリングスタイリングクリームを。指通りを良くするだけでなく、扱いづらかった髪にまとまりを与えてくれます。ノンシリコンのクリームタイプで、サラリとした使い心地、ドライヤーのかけ心地もより楽にしてくれます。タオルドライした髪のドライヤーを使う前に使うか、乾いた髪に塗って使います。

ファイブハーブス リペアリングスタイリングクリームを見る
Haire care routine - Aromachology reparing oil - l'Occitane

ファイブハーブス ヒート プロテクトミスト

ノーマルからややダメージのある髪へ。軽い使い心地が特徴的なヒートプロテクトミスト。ノンシリコンのミストで乾燥を防ぎ、扱いやすい髪へと導きます。ホホバオイルを中心に、髪にストレスを与えずサラツヤ髪に導いてくれます。

ファイブハーブス リペアリングヒートプロテクトミストを見る