思わず触れたくなるような
赤ちゃん肌を手に入れて

雪のように白く、マシュマロのようにふっくらと柔らかい赤ちゃんのお肌を見ると、思わず手が伸びてしまうという方は多いはず。気持ちの良さそうな赤ちゃんのぷっくり頬に指を当てると、ふんわりと跳ね返すその弾力と柔らかさに驚くことでしょう。
そんな赤ちゃんのお肌が白くて柔らかくツルツルとしているのは、大人に比べてお肌の水分量が多く、キメが整っているから。トラブルゼロの健やか赤ちゃん肌を目指すためには、お肌のキメを整えるための毎日のスキンケアや生活習慣が重要なポイントになります。
そこで今回は、思わず触れたくなる赤ちゃん肌を手に入れるための方法をご紹介いたします。

マシュマロのようななめらか素肌に。赤ちゃん肌をゲットするための方法

思わず触れたくなるお肌を代表する赤ちゃん肌を実現させるためには、日々のスキンケアと生活習慣の見直しから始めましょう。
今では憧れの的である赤ちゃん肌ですが、かつては誰もが赤ちゃんだったのです。
しっかりとケアを行って、赤ちゃん肌を取り戻しましょう。

ごしごし洗いは禁物! やさしい洗顔で肌を労わって


薄く柔らかい赤ちゃんの透き通るようなお肌に触れるときには、誰もが注意をしながらそっと優しく触れるようにしますよね。とくにお風呂でお肌を洗ってあげるときなどは、細心の注意をはらって泡を優しく滑らせますが、年齢が上がるにつれいつの間にかお肌への触り方や扱い方は変化していくもの。

中には、洗顔をするときにお肌の上で泡を立てながら洗っているという方もいるのではないでしょうか。でも、これはお肌にとってNG。赤ちゃん肌を手に入れるためには、赤ちゃんのお肌に触るときのような力加減にすることが大切です。

また、洗顔の際には、たっぷりのキメ細かい泡を手のひらいっぱいにしてから洗う、タオルで水分を拭き取るときにはごしごしとせず、ポンポンと丁寧に押し当てるように心掛けましょう。

ごしごし洗いは禁物! やさしい洗顔で肌を労わって

週に1度のスペシャルケアで赤ちゃん肌への近道を


赤ちゃんのお肌にはなく、大人のお肌に溜まってしまうのが「不要な角質」です。

その大きな原因となっているのは、年を重ねるとともにターンオーバーや生活習慣が乱れたり、お肌の水分量が低下して乾燥したりすること。赤ちゃん肌から遠ざけるお肌のザラつきや毛穴の開きなどは、角質によって引き起こされています。

そんなお肌の角質をオフするためには、毎日の洗顔だけでは少し物足りません。

週に1回、スペシャルケアとしてピーリングやボディスクラブを取り入れて、ツルツル素肌を目指しましょう。定期的に続けていくことで、肌触りがなめらかになり柔らかく理想的なお肌に近づけることができます。

週に1度のスペシャルケアで赤ちゃん肌への近道を

毎日の過ごし方も見直して! 心も体も安らぐ正しい生活習慣とは


憧れの赤ちゃん肌をゲットするためには、スキンケアにこだわることはもちろん、毎日の過ごし方や生活習慣を見直して、改善していくことが大切です。

中でもとくに重視したいのが「睡眠」「食事」「ストレス」です。この3つは、お肌にもたらす影響が大きく、関わりも深いもの。

睡眠は、時間よりも質にこだわり、より深くしっかりと眠ることを心掛けましょう。就寝の2時間前までにはお風呂を済ませておく、寝る前にはテレビやパソコンなどの強い光を浴びない、良質な睡眠をとるためにラベンダーなどの香りを利用するなどがポイントです。

また、食事は油っぽいものや偏りすぎたメニューはNG。ビタミン類やタンパク質などをバランスよくとるようにしましょう。1日3食しっかりと食べることも大切です。

さらに、ストレスが蓄積すると自律神経の働きが乱れます。すると、それによってホルモンバランスまでもが乱れて、お肌の調子は大きくダウンしてしまいます。ストレスは、あまり溜めこまずに適度に発散させるように心掛けましょう。

毎日の過ごし方も見直して! 心も体も安らぐ正しい生活習慣とは

たっぷりの保湿ケアでお肌のうるおいをアップさせて


赤ちゃん肌の最大のポイントともいえるのが、お肌に含まれた水分量です。赤ちゃん肌に輝きやハリがあるのは、お肌にたっぷりと含まれた水分のおかげ。

大人のお肌を赤ちゃん肌に近づけるためには、やはり十分な保湿ケアが欠かせないのです。

洗顔後や入浴後はよりスピーディーなスキンケアを行うよう心掛けましょう。とくに、乾燥シーズンである冬の時期にはいち早いスキンケアが大切です。基礎化粧品をお肌になじませたあとはハンドプレスを取り入れることも忘れずに。

たっぷりの保湿ケアでお肌のうるおいをアップさせて

明るくみずみずしい弾むようなハリを手に入れて赤ちゃん肌を実現


ロクシタンの人気製品「イモーテル プレシューズクリーム」。赤ちゃん肌に欠かせない潤いとハリをお肌に与えてくれます。

化粧水や美容液後にお肌にうすく伸ばして、優しく肌になじませましょう。

ふっくらとした赤ちゃん肌を目指して、毎朝晩のご使用をおすすめします。

> イモーテル製品一覧を見る
明るくみずみずしい弾むようなハリを手に入れて赤ちゃん肌を実現

梅雨のお悩みナンバーワン
「ボサボサ髪」の対策術

ムシムシとした暑さと湿気が不快感を与えてくる梅雨シーズン。
厚い雲で覆われた空模様と同じように、気分もどんより暗くなってしまうことも。
とくに、梅雨シーズンの高い湿度は気分だけでなく「髪」にも影響を与えます。
クセや、広がりやゴワつきが気になるなど、いつもよりもヘアセットに悩む方も多いでしょう。このような髪のお悩みを解決するには、日頃のヘアケアがカギを握ります。
シャンプーやヘアマスクの基本的なケアから、ドライやスタイリングなどの応用ケアまでをしっかりと学んで、梅雨の湿気に負けない髪を作りましょう。
続きを読む

スポーツ後のお疲れボディを癒す。
疲労回復のマッサージ術

ランニングやテニスなど、澄み渡った青空の下で汗をかきながらスポーツをするのは、気持ちがいいものです。
思い切り体を動かすと、心のリフレッシュができることはもちろん、健康や美容にも嬉しい効果が期待できます。
しかしその一方で、久々に体を動かすと体に疲労を感じることもあります。スポーツ後の疲れを後に残さないためにも、頑張って働いてくれた筋肉をほぐしてあげましょう。
続きを読む

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む