夏の手肌を守る「夏×ハンドクリーム」の重要性

湿度も高く、汗もかきやすく乾燥とは無縁と思いがちな夏。でも、紫外線や冷房による乾燥など、手肌にダメージを与えることが多いのも事実です。夏と言えども、空調の完備されたオフィスなどでは、手荒れやカサつきを感じてしまったり、保湿ケアが欠かせません。
夏の厳しい環境から手肌を守るためには、丁寧でこまめなケアに気を配りましょう。
うるおいが欲しいとき、リフレッシュしたいときにいつでもサッとハンドクリームを取り出せるように、バッグやポーチにいつもハンドクリームをしのばせておきましょう。
夏のハンドケアの重要性や具体的なケア方法についてご紹介いたします。


うるおい不足は肌ダメージに!夏こそハンドクリームをポーチの中にしのばせて

ハンドクリームというと秋や冬などの寒い季節をイメージする方も多いですが、実は夏もハンドクリームが大活躍する季節です。
夏の手肌にはどんなトラブルが起きるのか、またどんな保湿ケアが必要なのかを学んでいきましょう。

年齢は手元でわかる!?手肌ケアの重要性とは?


手元は、年齢が出やすいといわれているパーツです。料理や洗濯などで冷水や熱いお湯に触れる機会も多く、日常的に肌が露出されているので負担が大きく、重ねた歳月が顕れやすくなるためです。そして人と接した際には、意外と目立つパーツでもあります。

特に、ラメやラインストーンを使ったアクセサリーのようなネイルをしている時の手元は、より注目を浴びることになります。メイクやネイルに気を配り、オシャレなファッションに身を包んでいるのに、日頃から手肌のケアを怠った手先では、逆に目立ってしまい、全体的なイメージダウンにつながりかねません。

手荒れを防ぐことはもちろんですが、指先までお手入れが行き届いた手肌で、より若々しい印象を与えることもできるかもしれません。

年齢は手元でわかる!?手肌ケアの重要性とは?

夏に潜む乾燥肌から、手肌を守るハンドケアのポイント 


水仕事以外にも、夏には紫外線や冷房などの手肌トラブルを引き起こす原因はたくさん潜んでいます。

紫外線を浴びると肌表面の炎症を引き起こすだけでなく、肌の奥にまでダメージを与えるため、シミやシワができやすくなり乾燥も進行してしまいます。また、冷房から出てくる乾いた風も、手肌のうるおいを奪い、カサカサの乾燥肌につながる要因でもあります。

いつもキメ細やかでうるおいのある手肌でいるためには、乾燥が気になる秋冬シーズンだけでなく、夏の間もきちんとケアすることが重要です。手肌にダメージを蓄積させず、キープすることがポイントになります。

バスタイムの後や洗顔後にスキンケアやボディケアを行うように、水を触ったあとはハンドクリームを塗り、外出の際にも気になったときにはこまめに塗り直します。ここ一番のオシャレを自信をもって楽しむためにも、小さな積み重ねを大切にしていきましょう。

夏に潜む乾燥肌から、手肌を守るハンドケアのポイント 

夏のハンドクリームは香りとテクスチャーにこだわって


ハンドクリームは、色々な香りやテクスチャーのものがあります。乾燥対策だけでなく、リフレッシュしたい時など、使うシーンはさまざま。

暑い時期と寒い時期では、食べ物の好みも変わるように、秋冬にはこっくりと濃厚、甘く芳醇な香りで女性らしさを醸し出してみたり、夏にはサラッとした使い心地に軽さを感じるようなテクスチャーで、爽やかな香りのハンドクリームを使ってみるのも良いかもしれません。

衣替えのように季節を感じて使い分け、夏の間も楽しみながらハンドケアを続けられるのではないでしょうか。

夏のハンドクリームは香りとテクスチャーにこだわって

夏のハンドケアもロクシタンの製品で


多くの品ぞろえと人気を誇るロクシタンのハンドクリーム。夏のハンドケアに最適な、さわやかなアイテムももちろん用意されています。

中でも特におすすめなのが、手肌に伸ばすとひんやりとした感触になる「ヴァーベナ アイスハンドクリーム」です。タピオカパウダー配合のハンドクリームなので、手元のベタつきが気になる夏でもしっかり保湿をしながらさらっとした使用感が得られます。さわやかでジューシーな香りも人気の秘密です。

また、「セドラ ハンドクリーム」も夏にぴったりのアイテム。シトラスの香りが性別問わず人気で、ハンドケアとして手肌に馴染ませるだけでスッキリとしたフレッシュな香りを纏うことができます。

ロクシタンの人気アイテムで、夏の手肌を守っていきましょう。

> ハンドクリームバーを見る
夏のハンドケアもロクシタンの製品で

今こそお手入れ時!夏の疲れを秋に持ち越さない方法

夏の日差しを浴びて傷んだ髪には、贅沢なケアを

夏はとても楽しい季節ですが、体への負担が大きいシーズンでもあります。
日差しや海水だけでなく、冷房ですら、あなたが気づかないうちにダメージとなっていることが。紫外線の刺激から体を守ろうとする肌は、角質がたまってゴワつきを感じることも。
特に、常に日差しにさらされている顔と髪の毛は、ダメージを受けやすいので注意が必要です。
こうした体の変化はごく自然なことで、夏の次にやってくる季節、秋に向けての準備を始めているため。でも、夏休み明け、職場へ復帰をすると、今度は職場での精神的なストレスにさらされることに。
では楽しい夏が過ぎ去った後は、どのようなケアをすれば快適に過ごせるのでしょうか?
続きを読む

忙しい朝の強い味方
「BBクリーム」で時短メイク

朝はやることがたくさん。歯を磨いてスキンケアやヘアメイク、お天気に合わせて服を選んだり…。
1秒でも惜しくなるほど時間に迫られる方も多いでしょう。
そんな忙しい朝のメイクタイムには、「BBクリーム」が大活躍。
日焼け止めから化粧下地、ファンデーションの効果まで、すべて1本で叶えてくれるBBクリームは、時短メイクには欠かせない優秀なアイテムです。
BBクリームを取り入れて生まれた余裕で、いつもより少しゆっくり朝食をとったり、早く家を出てカフェに寄ってから出勤したり、自分のための素敵な時間を作れるかもしれません。
続きを読む

紫外線で傷んだ髪を
サラツヤにするシャンプー方法とは?

夏は紫外線対策が欠かせない季節。日やけ止めや日傘、手袋などで紫外線を防ぐのはもちろん、防ぎきれなかったダメージを毎日のスキンケアで お手入れするのはマストですよね。
そんな意識の高い女性でも、ついつい紫外線対策を忘れがちなパーツがあります。
それは、髪。お肌のようにメイクや洋服に覆われていない髪は、常に紫外線にさらされた状態にあります。
続きを読む