夏の手肌を守る「夏×ハンドクリーム」の重要性

湿度も高く、汗もかきやすく乾燥とは無縁と思いがちな夏。でも、紫外線や冷房による乾燥など、手肌にダメージを与えることが多いのも事実です。夏と言えども、空調の完備されたオフィスなどでは、手荒れやカサつきを感じてしまったり、保湿ケアが欠かせません。
夏の厳しい環境から手肌を守るためには、丁寧でこまめなケアに気を配りましょう。
うるおいが欲しいとき、リフレッシュしたいときにいつでもサッとハンドクリームを取り出せるように、バッグやポーチにいつもハンドクリームをしのばせておきましょう。
夏のハンドケアの重要性や具体的なケア方法についてご紹介いたします。


うるおい不足は肌ダメージに!夏こそハンドクリームをポーチの中にしのばせて

ハンドクリームというと秋や冬などの寒い季節をイメージする方も多いですが、実は夏もハンドクリームが大活躍する季節です。
夏の手肌にはどんなトラブルが起きるのか、またどんな保湿ケアが必要なのかを学んでいきましょう。

年齢は手元でわかる!?手肌ケアの重要性とは?


手元は、年齢が出やすいといわれているパーツです。料理や洗濯などで冷水や熱いお湯に触れる機会も多く、日常的に肌が露出されているので負担が大きく、重ねた歳月が顕れやすくなるためです。そして人と接した際には、意外と目立つパーツでもあります。

特に、ラメやラインストーンを使ったアクセサリーのようなネイルをしている時の手元は、より注目を浴びることになります。メイクやネイルに気を配り、オシャレなファッションに身を包んでいるのに、日頃から手肌のケアを怠った手先では、逆に目立ってしまい、全体的なイメージダウンにつながりかねません。

手荒れを防ぐことはもちろんですが、指先までお手入れが行き届いた手肌で、より若々しい印象を与えることもできるかもしれません。

年齢は手元でわかる!?手肌ケアの重要性とは?

夏に潜む乾燥肌から、手肌を守るハンドケアのポイント 


水仕事以外にも、夏には紫外線や冷房などの手肌トラブルを引き起こす原因はたくさん潜んでいます。

紫外線を浴びると肌表面の炎症を引き起こすだけでなく、肌の奥にまでダメージを与えるため、シミやシワができやすくなり乾燥も進行してしまいます。また、冷房から出てくる乾いた風も、手肌のうるおいを奪い、カサカサの乾燥肌につながる要因でもあります。

いつもキメ細やかでうるおいのある手肌でいるためには、乾燥が気になる秋冬シーズンだけでなく、夏の間もきちんとケアすることが重要です。手肌にダメージを蓄積させず、キープすることがポイントになります。

バスタイムの後や洗顔後にスキンケアやボディケアを行うように、水を触ったあとはハンドクリームを塗り、外出の際にも気になったときにはこまめに塗り直します。ここ一番のオシャレを自信をもって楽しむためにも、小さな積み重ねを大切にしていきましょう。

夏に潜む乾燥肌から、手肌を守るハンドケアのポイント 

夏のハンドクリームは香りとテクスチャーにこだわって


ハンドクリームは、色々な香りやテクスチャーのものがあります。乾燥対策だけでなく、リフレッシュしたい時など、使うシーンはさまざま。

暑い時期と寒い時期では、食べ物の好みも変わるように、秋冬にはこっくりと濃厚、甘く芳醇な香りで女性らしさを醸し出してみたり、夏にはサラッとした使い心地に軽さを感じるようなテクスチャーで、爽やかな香りのハンドクリームを使ってみるのも良いかもしれません。

衣替えのように季節を感じて使い分け、夏の間も楽しみながらハンドケアを続けられるのではないでしょうか。

夏のハンドクリームは香りとテクスチャーにこだわって

夏のハンドケアもロクシタンの製品で


多くの品ぞろえと人気を誇るロクシタンのハンドクリーム。夏のハンドケアに最適な、さわやかなアイテムももちろん用意されています。

中でも特におすすめなのが、手肌に伸ばすとひんやりとした感触になる「ヴァーベナ アイスハンドクリーム」です。タピオカパウダー配合のハンドクリームなので、手元のベタつきが気になる夏でもしっかり保湿をしながらさらっとした使用感が得られます。さわやかでジューシーな香りも人気の秘密です。

また、「セドラ ハンドクリーム」も夏にぴったりのアイテム。シトラスの香りが性別問わず人気で、ハンドケアとして手肌に馴染ませるだけでスッキリとしたフレッシュな香りを纏うことができます。

ロクシタンの人気アイテムで、夏の手肌を守っていきましょう。

> ハンドクリームバーを見る
夏のハンドケアもロクシタンの製品で

梅雨のお悩みナンバーワン
「ボサボサ髪」の対策術

ムシムシとした暑さと湿気が不快感を与えてくる梅雨シーズン。
厚い雲で覆われた空模様と同じように、気分もどんより暗くなってしまうことも。
とくに、梅雨シーズンの高い湿度は気分だけでなく「髪」にも影響を与えます。
クセや、広がりやゴワつきが気になるなど、いつもよりもヘアセットに悩む方も多いでしょう。このような髪のお悩みを解決するには、日頃のヘアケアがカギを握ります。
シャンプーやヘアマスクの基本的なケアから、ドライやスタイリングなどの応用ケアまでをしっかりと学んで、梅雨の湿気に負けない髪を作りましょう。
続きを読む

スポーツ後のお疲れボディを癒す。
疲労回復のマッサージ術

ランニングやテニスなど、澄み渡った青空の下で汗をかきながらスポーツをするのは、気持ちがいいものです。
思い切り体を動かすと、心のリフレッシュができることはもちろん、健康や美容にも嬉しい効果が期待できます。
しかしその一方で、久々に体を動かすと体に疲労を感じることもあります。スポーツ後の疲れを後に残さないためにも、頑張って働いてくれた筋肉をほぐしてあげましょう。
続きを読む

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む