4人の王妃の伝説

「4人の王妃の伝説」はフォルカルキエ伯の娘4人が全員国王に嫁いだ、というびっくりするようなお話。
Par Justine Fiordelli

フォルカルキエ伯レイモン・ベランジェ5世の4人の娘、マルグリット、ベアトリス、サンシー、エレオノールの辿った驚愕の運命を物語る「4人の王妃の伝説」。母であるサヴォワ家のベアトリスから美貌と知性を受け継ぎ、誰もが切望するような君主に4人が4人とも嫁いで王妃となった話には、誰もが一様に驚きます。

長女のマルグリットが嫁いだのは、聖王ルイの名でよく知られているカペー朝時代のフランス国王ルイ9世。しかし、義母のブランシュ・ド・カスティーユの力が強く、マルグリット自身が権力を駆使することはありませんでした。エレオノールが結婚した相手はイングランド王のヘンリー3世で、イギリスでプロヴァンス同郷会を作ります。サンシーはヘンリー3世の弟で名目上のドイツ王となるコーンウォール伯リチャードと結婚します。そしてこの故事によれば、末っ子のベアトリスは、プロヴァンス伯、ナポリ王、そしてしばらく後にシチリア王、となった聖王ルイの弟アンジュー伯シャルルと結ばれます。

このような話は滅多にあるものではなく、地元では代々語り継がれています。ロクシタンではこの伝説からヒントを得てローズシリーズを作りました。フランスではこのシリーズは「ローズと王妃」と呼ばれていて、オート・プロヴァンス地方のバラから抽出したエッセンシャルオイルを使った、みずみずしくエレガントなローズの香りが特徴です。

4人の王妃の伝説
4人の王妃の伝説
4人の王妃の伝説からヒントを得てローズシリーズが誕生した。
Photographie José Nicolas
4人の王妃の伝説
4人の王妃の伝説

代々語り継がれる伝説。

DR, L'Occitane en Provence

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影