11月のフォト

カマルグにて、11:06撮影。
Texts: Mélissa Darré
La photo du mois de novembre 2015
Photographie : José Nicolas

プティット・カマルグのガリシア湿原、ヴォーヴェール湿原の真っただ中で、残り少なくなった葦刈り職人たちが作業に勤しんでいます。塩分を含んだ水が呈する深い青と対照的な琥珀色の葦原は、先祖代々受け継がれてきた技術で刈り取られていきます。鎌を手に、小舟の上に一抱えほどの葦の束を扇状に集めていく職人たちの姿を見るのは、今や珍しい伝統行事。いかにもプロヴァンスらしい風景がどこまでも続く中、この作業に従事する職人は数えるほどしか残っていません。

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!