相反する要素が密接なつながりを持つブランド「ストックホルムシンドローム」

みずみずしくてモダン、シンプルかつ甘美なイメージのブランド「ストックホルムシンドローム」。スウェーデン出身の美人クリエイター、ルイーズとロジーナがフランスで立ち上げたこのブランドは多様な要素が触発し合い、素晴らしい商品が生み出されています。
Texts: Mélissa Darré

ルイーズ・ヘルドルフとロジーナ・テレンは二人ともスウェーデン出身ですが、出会いはフランスのマルセイユ。2007年より二人が育んだ深い友情は、3年後に「ストックホルムシンドローム」という、いかにも二人らしいプレタポルテブランドの共同立ち上げとして花開きました。出身地である北欧と根を下ろした南仏が、商品に輝くようなコントラストを与えているのが特徴的です。

二人の歴史を表現したいという想いがフェミニンなカットや流れるような素材、そしてカラフルなプリント柄からしっかりと伝わってきます。きっちりとしたコンビネゾンなどのベーシックなウエアーから、トレンドを掴んだラインのドレスまで、すべてのアイテムで感じられるのはわずかにレトロな雰囲気が感じられるミニマリズム。2010年の創業以来、すべてのコレクションの中核を成す要素です。

時に軽快、時に官能的な「ストックホルムシンドローム」の服はどんな時もエレガントで魅力的。自由な発想を持って二人がサマーコレクションで発表したのは、近代画家、アーティストのランディー・フィッシャーから着想を得たデザインで、少数限定の新商品がマルセイユ市内の小さなアトリエでていねいに制作されました。ストックホルムシンドロームでは相反しあうものが多くの人を惹きつけてやまない魅力となっているようです。

Le Stockholmsyndrome / ストックホルムシンドローム(日本未上陸)
37 bis rue Édouard Delanglade
13006 Marseille
www.lestockholmsyndrome.com
相反する要素が密接なつながりを持つブランド「ストックホルムシンドローム」
相反する要素が密接なつながりを持つブランド「ストックホルムシンドローム」
スウェーデン出身の美人クリエイター、ルイーズとロジーナがフランスで立ち上げたブランドは多様な要素が触発し合い、素晴らしい商品が生み出されています。
© Le Stockholmsyndrome
わずかにレトロな雰囲気が感じられるミニマリズム 
わずかにレトロな雰囲気が感じられるミニマリズム 
自由な発想を持って二人がサマーコレクションで発表したのは、近代画家、アーティストのランディー・フィッシャーから着想を得たデザイン。
© Le Stockholmsyndrome
美人クリエイター、ルイーズとロジーナ
美人クリエイター、ルイーズとロジーナ
スウェーデン出身のルイーズ・ヘルドルフとロジーナ・テレンが出会ったのはフランスのマルセイユ。2007年のことでした。
© Le Stockholmsyndrome

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影