発売20年を祝うシア ハンドクリーム!

きっとあなたも一度は手につけたことがあるでしょう。シア ハンドクリームはマノスクに拠点を置くロクシタンが20年前より販売しているベストセラーアイテム。西アフリカのブルキナファソの女性たちが加工するシアバターを20%配合しています。真実に基づくシンプルなストーリーをご紹介しましょう。
Par Caroline Taret

ロクシタンのシア ハンドクリームの誕生に関わったのは、2人の男性・・・そして多くの女性たち!ロクシタンの創設者であるオリヴィエ・ボーサン氏が、ナチュラルコスメやエッセンシャルオイルのスペシャリストであるイヴ・ミリウー氏に、ナチュラルな成分を使ったモイスチャークリームの開発を依頼したのは1980年代のことでした。目的は、西アフリカのブルキナファソの女性たちの収入源となるような製品を開発すること。彼女たちはシアバターという原料の扱いに非常に長けており、そこでシアバターをふんだんに含みながらも、素早く肌に浸透するベタつきのない滑らかなクリームを開発することになったのです。シンプルなステンレスのタンク、撹拌器代わりのドリル、冷却用にタンクに巻いたのはホース、という手作業による生産環境に則するため、化学者でもあるミリウー氏の開発には大変な困難が伴いました。しかし、苦労は報われ、製品は好評を得ました。

1994年にはシアバターの配合が20%ととなり、さらにしっとりとしたハンドクリームになりました。ボーサン氏が望んだハンドクリームのパッケージデザインは、過剰な装飾をとことん省いたシンプルなもの。アルミ製の絵の具チューブを連想させるチューブに、配合成分シアバターの生産地のように遠く離れた国から届く手紙や小包をイメージさせるクラフトペーパーのラベルが貼られました。ベストセラーアイテムの誕生です!現在は、全世界で3秒に1本売れるほどの人気を博すハンドクリームとなりました。*

20年経ち、生産現場の環境は近代化されましたが、クオリティーの高いコスメ製品を生産し、ブルキナファソの女性たちが手がけた製品の販路を保証するという哲学は不変です。この事業は、2013年には国際連合開発計画UNDPによりモデル事業として認定を受けました。そのほか、ロクシタン基金は識字教育および小額融資に関わる数々のプロジェクトをサポートしています。

成功の秘訣を問われ、オリヴィエ・ボーサン氏とミリウー氏は同じことを答えています。「プロジェクト開始以来のシンプルで力強い信念が、生産の継続の秘訣です」(オリヴィエ・ボーサン)、「シンプルなストーリーこそが持続します」(イヴ・ミリウー)。全てが込められている言葉と言えるでしょう。

*2013年販売実績による

シア ハンドクリーム
シア ハンドクリーム

チェリーブロッサム ソフトハンドクリーム

ヴァーベナ アイスハンドクリーム

ピオニー フェアリーハンドクリーム

Photographie : L'Occitane en Provence

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影