毎年恒例、秋のオリーブの収穫

プロヴァンスでオリーブの収穫が行われるのはちょうど今ごろの時期。自然に親しみながら友人たちと特別な体験が分かち合える収穫に夢中!
Par Caroline Taret

オリーブの収穫に大切なのは天候と時間。快適に収穫作業をするための良い天候、オリーブが熟すのに必要な時間、そして家族や友人と分かち合う時間。 カティアさんの一家はオリーブ園を所有しており、この時期には毎年欠かさず友人たちとオリーブの収穫をします。「ここでしか体験できない楽しさでしょう。 友人たちがやってきて何も言わなくても仕事をしてくれます。一緒に作業をしていくと、すぐに結果がお皿の上で見られるんです」

カティアにとって、どの週末に収穫をするかを決定するのは非常に大事なこと。果実の風味がある濃厚な味わいのオリーブオイルが好きなので、十分に熟していないオリーブを収穫するのは論外。「収穫を成功させる秘訣?それは、良い腕と楽しい気分、そしていつ“梳く”かの見極め」。そう、オリーブの収穫は伝統的にクシを使う独特な手法で行われます。地面に網を張り、枝をクシで梳かすようにして実を落としていくのです。ふるいにかけて枝や葉を除去すると時間を置かずにすぐさま実を圧搾します。上質なオイルを得るためには新鮮な果実を搾らないといけないのです。それからカティア一家はヴォルクス村のリュベロン圧搾所へと向かいます。圧搾所のオリヴィエ・シェルティエさんが一家を出迎え、オイルを抽出してくれます。昨年は、カティアさんの一家は900キロのオリーブを収穫し、200リットルの甘美なオイルを抽出しました。

「今年は550キロ収穫しました。自分たちが使うのと友人に配る分には十分な量だわ」。

大変恵まれたことに、プロヴァンスの人々はこのように自家製のオリーブオイルを使っているのです。これ以上の地産地消があるでしょうか!カティアさんは、友人たちと分かち合う時間が何よりも楽しいと言います。「オリーブ園でみんなでバーベキューをするんです。すごく素敵。オリーブ園はヴォルクス村の岩壁にあるから、下を流れるデュランス川や広々とした風景が全部見渡せて素晴らしいわ」。カティアと収穫を手伝った6組の友人夫妻は、作業後の心地よい疲れと喜びに満ちた週末を過ごしました。2012年のオリーブオイルが出来上がるのが待ち遠しい!

毎年恒例のオリーブ収穫
毎年恒例のオリーブ収穫
プロヴァンス
Photographie José Nicolas

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影