木工アーティスト マティアス・ド・マレさん

リュベロン地方出身のマティアス・ド・マレさんはインスピレーションの赴くまま、地中海周辺地域に育つ樹木から得られる木材で木彫りをする木工アーティスト。ルールマランで巧みに詩情あふれる作品を産み出すマレさんのアトリエを訪ねました。
Texts: Mélissa Darré

「父も木工職人でした。小さい頃から父の働く姿を見て、自分も同じ仕事に就きたいと思うようになったのです」と語るマティアスさん。アヴィニョンにある木工の専門学校を卒業後、地元の木工旋盤職人のもとで修行しました。情熱を持って木工の仕事に取り組む先輩たちの仕事ぶりに触れ、木工の世界のさまざまな側面を知ることのできる貴重な経験となったようです。

見習いを経てマティアスさんはその後独立し、ヴォークリューズ県内にある小さな村にアトリエを構えました。生まれ故郷に広がる豊かな森林から伐採した木材を加工しています。ケードやピスタチオ、西洋ヤマモモやエノキなど、地中海沿岸地域に広がる荒地を覆う灌木林ならではの樹木を使っているそう。これらは「二級品」と捉えられることもある木材ですが、マティアスさんは香りと木肌のきめ細やかさが気に入っているとか。

マティアスさんが旋盤と彫刻を行うのに、既存の手法をなぞることはありません。「数分でできる仕事もあれば、数時間、あるいは数週間、時には数ヶ月かかる仕事もあります」とマティアスさん。本を参考にしたり、仲間の職人たちの仕事に触発されることもありますが、もっとも多いのは自分の感性に従うことだとか。「何かが自分のところに降りて来て、私はただそれを作るだけなのです」。


Matthias de Malet / マティアス・ド・マレ
Chemin de Collongue
84160 Lourmarin
Tel : +33 (0)4 90 68 31 55
www.demalet.fr
 
木工アーティスト、マティアス・ド・マレさん
木工アーティスト、マティアス・ド・マレさん

インスピレーションの赴くまま、地中海周辺地域に育つ樹木から得る木材で木彫りをする木工アーティストリュベロン地方出身のマティアス・ド・マレさん。

© Matthias de Malet
巧みに詩情あふれる作品を産み出すマレさん
巧みに詩情あふれる作品を産み出すマレさん

ヴォークリューズ県内にある小さな村のアトリエで、プロヴァンス独特の灌木林ならではの樹木を加工。

© Matthias de Malet
情熱を傾けて仕事に取り組むアーティスト
情熱を傾けて仕事に取り組むアーティスト
旋盤と彫刻を行うのに、既存の手法をなぞることはありません。
© Matthias de Malet

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影