春を迎える3つのレシピ

春らしい日が続くようになりました。花を使い、お皿の中にまで春を呼び込みましょう。ロクシタンから、3種類の春らしいレシピをお届けいたします。
By Mélissa Darré

【4名分/各レシピの下準備時間20分/レシピ2と3の加熱時間は20分】


フラワーサラダ、ハチミツとレモンのドレッシング

【材料】 カシワの葉1枚 • バタビア一つ(なければ手に入る葉野菜で代用) • ラディッシュ1束 • キュウリ1本 • 食用花500g (ヒナギク、スイバ、キンセンカ、タンポポなど) • シブレット5本 オリーブオイル150cc • オールドタイプマスタード大さじ2 • ハチミツ大さじ3 • レモン果汁 • 塩、コショウ

1. 葉を摘み、ホワイトビネガーを一筋垂らして冷水で洗います。サラダスピナーで水を切ります。


2. ラディッシュとキュウリを洗い、輪切りにします。


3. タンポポ、ヒナギク、キンセンカ、スイバをホワイトビネガーを一筋垂らして冷水で洗います。


4. 冷水でシブレットを洗い、粗く刻みます。ボウルにオリーブオイル、マスタード、ハチミツ、レモン果汁、刻んだシブレット、塩、コショウを入れ、混ぜ合わせます。


5. サラダボウルに葉野菜、食用の花と輪切りにしたラディッシュとキュウリを入れます。ドレッシングを加え、全体を混ぜ合わせます。

Salade de fleurs, sauce miel et citron
© GettyImages - Westend61

ラベンダー風味のラムチョップ

【材料】ラムのリブ(背肉)4つ • ニンジン750g • グリーンアスパラガス750g • フレッシュラベンダー5本 • フレッシュタイム1本 • ニンニク3カケ • オリーブオイル大さじ2 • バター100g • 塩、コショウ

1. オーブンを190度に予熱します。

2. すりこぎを使い、ラベンダー、ニンニク、タイムを粗く刻みます。

3. オリーブオイルを入れた鍋でラム肉に焼き色をつけます。オーブンプレートに肉を入れ、ラベンダー、ニンニク、タイムを加え、20分焼きます。塩、胡椒し、保温しておきます。

4. ニンジンとアスパラガスは冷水で洗い、皮をむきます。鍋にお湯を沸かし、野菜を3分茹で、水を切ります。フライパンにバターを入れ、下茹でした野菜をかき混ぜながら3分間炒めます。塩、コショウします。

5. お皿にラムと野菜を盛り付けます。

Carré d’agneau à la lavande
© GettyImages - Nicole S.Young

ローズのカップケーキ

【材料】卵3個 • グラニュー糖100g • 小麦粉120g • 溶かしバター100g • プレーンヨーグルト1つ • バニラ風味の砂糖1包(なければグラニュー糖大さじ1) • ベーキングパウダー1包 • ローズウォーター大さじ1 • ローズの着色料1滴 • 粉砂糖100g • 塩ひとつかみ

1. オーブンを180度に予熱します。

2. ボウルに卵2個、砂糖と溶かしバターを入れ、クリーム状のメレンゲになるまで混ぜ合わせます。ヨーグルトと小麦粉、バニラ風味の砂糖、ベーキングパウダー、塩を少しずつ、全体に均一に行き渡るように混ぜ入れていきます。

3. メレンゲをカップケーキ型に取り分け、オーブンで20分焼きます。

4. ボウルに粉砂糖、卵の白身、ローズウォーター、ローズの着色料を入れ、しっかりとしたメレンゲになるまでかき混ぜます。

5. 絞り出し袋を使い、カップケーキの上部を覆います。冷蔵庫に30分ほど入れて固まるのを待ち、自由に飾りつけます。

Cupcakes à la rose
© Fotolia - suzanam

最新情報

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!