六角形のサブレ

マノスクにあるレストラン「ル・ボヌール・フー」のシェフ、ダヴィッド・アルコスさんが教えてくれるプロヴァンス風クリスマスディナーをご紹介!
Par David Arcos
レシピ

1. 粉に挽いたヘーゼルナッツを混ぜ、サブレの生地を作る。

2. 生地を伸ばし、六角形の型(あるいはお好みの型)で抜く。

3. 200度のオーブンで15分間焼く。半焼のタイミングでへーゼルナッツをサブレの上に置く。

4. 刷毛を使って、熱いうちにサブレにバーベナのシロップを浸みこませる。

5. ハチミツで飾り付ける。

材料

鴨の胸肉 4枚
セベット(玉ねぎの一種)あるいは玉ねぎ 4個
バーベナシロップ 30cc
(フレッシュなバーベナ350g、砂糖250g、水500cc)
木イチゴ 1パック

六角形のサブレ
六角形のサブレ

シェフ、ダヴィッド・アルコス氏のレシピ

Photographie Emmanuel Schmitt
六角形のサブレ
六角形のサブレ

シェフ、ダヴィッド・アルコス氏のレシピ

Photographie Emmanuel Schmitt

最新情報

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!