ロクシタン博物館 真実の物語

南仏プロヴァンス地方マノスクにあるロクシタン工場内。ここにロクシタンの40年にわたる業績を紹介するスペースが登場しました。インタラクティブな展示を通じ、伝説に触れ、そして学ぶことができます。
Par Angélique Jurquet

「子供のころは、毎朝スイカズラの匂いをさせながら学校に行ったものでした」

ロクシタン社の社史を紹介するビデオでこのように語るのはロクシタンの創設者オリヴィエ・ボーサン。ロクシタンブランドを紹介する博物館では、他にも本社社長レイノルド・ガイガーや、かつて従業員だった人たちが思いを語る様子をビデオで見ることができます。ショーケースの中にはロクシタン社が加工に使うさまざまな植物や、初期の製品のパッケージなどが展示されています。ところどころに設置されたアロマディフューザーから香りが広がる館内の展示は時代順。ロクシタンをボディケア、バイオスキンケア、ナチュラルな芳香剤において世界のリーダーとならしめたさまざまな出来事を紹介しています。多くが参加型の展示で、ロクシタンの歴史を自分のことのように体験できるよう工夫されています。見学はガイドなしの自由見学で、入場料は無料。身障者や視覚障害者の方々にもお楽しみいただけます。

1976年にオリヴィエ・ボーサンが農家から買い取った古い蒸留器で初めてローズマリーのエッセンシャルオイルを蒸留したときの感動から2006年よりロクシタン財団が行っているさまざまな活動まで、ご紹介に漏れはありません。80年代にオープンしたブティック1号店、ボンメールソープの成功、パリ、ニューヨーク、そして香港への進出、イモーテル、アーモンド、グリーンティといったシリーズの発売、ロクシタンスパ、新しくできた国際物流センター、そしてマノスクに建設中の研究所まで、ロクシタンの伝説がすべてここに再現されています。

博物館を見学すれば、いかにロクシタンが創業時の方針を貫いて成長してきたか、ということが実感させられます。すなわち、本物の素材を使い、伝統的な手法を実践し、高品質な製品作りを要求し続けることです。2011年にオープンしたこの博物館ではラベンダー、イモーテル、クマツヅラ、アーモンドの生産に関しても見学の最後にビデオ上映を行い、重点を置いてご紹介しています。ロクシタンの掲げるテーマをもとに撮られた写真を展示する展示室もあります。また、ブティックが博物館に隣接しているのも大変便利で、割引料金でお得なショッピングが楽しめます。

ロクシタンの社史を深く知ることのできるこの博物館は、輝かしい製品が生産されるプロセスをすべて見ることができる製品工場のガイディングツアーと合わせて見学するのが理想的でしょう。

アドレス

Musée l'Occitane En Provence
Zone Industrielle Saint-Maurice
04100 Manosque
ロクシタン博物館 真実の物語
ロクシタン博物館 真実の物語
香りの感覚を楽しめる博物館
Photographie S.Duffard
ロクシタン博物館 真実の物語
ロクシタン博物館 真実の物語
昔のパッケージがショーケースに展示
Photographie S.Duffard
ロクシタン博物館 真実の物語
ロクシタン博物館 真実の物語
真実を展示する博物館
Photographie S.Duffard

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影