ロクシタン博物館にて「グラースの香水展」開催

西アフリカのブルキナファソにおける女性起業家たちにスポットを当てた特別展に続き、ロクシタン博物館では香水制作をテーマにした特別展を開催します。グラースに継承されて来た伝統技術をご紹介する展示は2015年5月30日まで。
Texts: Mélissa Darré

ロクシタン博物館では豊かな文化を伝えていくことを常に留意しています。春の訪れとともに開催するこの特別展のテーマも伝統産業である香りの制作をテーマにしたもの。香水の都として名高いグラースの街に継承されている卓越した技術に光を当てるもので、グラース国際香水博物館での企画に即しています。

土壌、気候そして技術が相まって、バラやジャスミン、スミレ、ビターオレンジ、ミモザ、アイリスなどさまざまな花が出会い、幸せな作用を働かせる町、グラース。特別展はこの希少な世界を紹介するにとどまりません。香水作りにたずさわり、香水の制作を手工業産業から芸術にまで高めて来た多くの人々にも脚光を浴びせます。

香水作りはフランス無形文化財に登録され、さらにはユネスコ無形文化遺産登録も期待されています。植物の栽培から、心をかき乱される甘い蜜のような香りの創作まで、この類いまれな遺産にスポットを当てる充実した内容です。ぜひお出かけください。

Exposition «Les savoir-faire liés au parfum en Pays de Grasse»
「グラースの香水展」
Musée L’OCCITANE / ロクシタン博物館にて
Jusqu’au 30 mai 2015
ZI Saint Maurice
04100 Manosque
Tél : 04 92 70 32 08

ロクシタン博物館にて「グラースの香水展」開催
ロクシタン博物館にて「グラースの香水展」開催

ロクシタン博物館では香水作りをテーマにした特別展を開催します

© Carlo Barbiero
特異な世界を紹介する企画展
特異な世界を紹介する企画展
香水作りにたずさわってきた人々に光を当てた内容
© Collection Musée International de la Parfumerie

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影