ロクシタンの素晴らしい「ネ」!

ロクシタンの香水の香りを嗅いだとたん、あなたの心はプロヴァンスへと旅立つでしょう。地中海の花々や植物の上品な香りがするにつれ、あなたの世界はイメージや言葉、印象で埋めつくされていきます。ただの香水にとどまらない、香りの物語。
Par Marine Normand

一体どうすれば、ラベンダーや牡丹、ヴァーベナの香りを手なずけて香水瓶の中に閉じ込め、いつでもそのフレグランスを連れ歩くことが可能になるのでしょうか。ロクシタンに聞いてみました。確かに、香りの調合を理解するのは難しいことです。暗号を使う?メモや方程式を使う?成分を際立たせるにはどうすれば?香料を特徴づけるにはどうしたら?できあがった香水が魅力あるものだと、どうしたら確信できる?世界各地の街角に残り香がいつまでも漂うようになると、どのように確信できる?

ロクシタンでは、すべては物語を語ることから始まります。しかも、ひとつではなく、いくつもの物語を伝えていくのです。原料の物語。そこに結び付いている伝説や伝統。創られた香水が物語る宇宙を想像します。創り出す香水にどのような色、言葉、形容詞、イメージを重ねたいのかを想像するのです。それからエッセンスの仕上げを担う調香師である「ネ」 の出番です。「ネ」の仕事はこれらの言葉や物語、印象を解釈していき、ひとつの香水にまとめ上げること。そして、ネだけが、錬金術の秘密の暗号を知っています。「ネ」は自分だけの香水辞典に当たり、二つとない独創的な調合、全世界を魅了する調合を考えるのです。

出来上がった香水はアジアの主だった大都市を魅了しなくてはなりません。アジアの人々は優美な香りが好みです。対して、力強く匂い立つような香りを好むアメリカももちろん忘れずに魅了しなくてはいけません。香料となる原料をよく知っているプロヴァンスの村々のことも忘れてはいけないでしょう。

ヴァーベナシリーズのクリエイターであるクレール・シャンベールさんが香水を作る際の、客観と主観を結び付ける非常に複雑な仕事を説明してくれました。

「どんな香水を作る時でも、原料を際立たせるための工程はかなりシンプルでなくてはいけません。原料のパワーはプロヴァンスの自然の奥深いところから取り出されています。ロクシタンでは抽出したナチュラルなエッセンスやエッセンシャルオイルを優先しています。それらは、抽出した花々の魂を完全に掴んでいるのです。しかし、時に、複雑なことをするよりシンプルな工程のほうが難しいこともあります。調香師と幾度もやり取りをし、誰にでも好まれつつ個性を失わない香りを得るため、何度も再検討をします。その結果、その植物の香りを昇華させるために他の香料を追加することもあります。ヴァーベナの香水の場合、レモン、レモングラス、ゼラニウムを追加し、ヴァーベナ自体が持つ爽やかさや、はつらつとした活力を強調するようにしました」

ロクシタンでは常に新しい香り、新しい植物を求め、いくつもの旅を続けています。あなたももうじき、どこか別の土地に連れて行ってもらえるでしょ う。ロクシタンの新しいシリーズが発売になるのを待っていればよいのです。新シリーズはあなたの新しい旅先を示唆してくれることでしょう。

ロクシタンの素晴らしい「ネ」!
ロクシタンの素晴らしい「ネ」!
プロヴァンスにあるロクシタン工場
Photographie L'Occitane

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影