ロクシタンのイラストレーター、ソレダッド・ブラヴィさんにインタビュー

生き生きとした軽やかなタッチで、少し辛口なところもありつつ心温まる作風が特徴のソレダッド・ブラヴィさんのイラストが今年の冬、ロクシタンの商品を飾りました。ブラヴィさんはフランスの女性誌「ELLE」を代表する有名なイラストレーター。ティータイムに作品作りやご自身の美容ケアについてお伺いしました。「絵があることで、私は自分を表現することができるし、自分を語ることができます。私にとって、イラストは言葉そのもの」と言う、ブラヴィさんのお話をどうぞ。
By Mélissa Darré

アイディアに溢れるイラストレーター

Une collaboratrice inspirée
© L’Occitane en Provence

Q: ロクシタンと仕事をしようと思われたのはどうしてでしょうか。

A: ロクシタンはとても素敵なブランドで、お仕事をご一緒する前から愛用していました。自分の大好きなブランドからの仕事のオファーなんて、なんて嬉しいことかしら。そのことを誇りに思いますし、ロクシタンの魅力を伝える大使の一人となれた喜びの気持ちで一杯です。

Q: ロクシタンを一言で言うと?

A: イエローね。ロクシタンの製品を使うと、夏の暑い盛りの甘美なバカンスの思い出がよみがえってきます。まさしく元気の源、ビタミンね。

Q: 作品のイメージ作りのもととなるものは何でしょうか。

A: 私は目を大きく見開き、耳をそばだてて、常に自分の回りのことに注意を払っています。人々を観察し、そして見たものは楽しく解釈します。決してネガティブで悪意のある見方はしません。

Q: うまく描くための習慣のようなものはありますか?

A: 自分の机で作業するのが好き。自分の世界から離れたところではアイディアが湧きません。

Q: 「ページが真っ白なまま」対策は?

A: 街へ出ること。ぐるりと一周してきます。どこでも、何でも、いつでも構わないの。とにかく目を開いてよく見ることです。

Q: プロヴァンスの女性を描くとしたら、どのような姿に描きますか?

A: 可笑しいかもしれないけれど、プロヴァンスの女性と言うと、作家のマルセル・パニョルの作品「泉のマノン」に出てくる女性をイメージしてしまいます。風で乱れた髪で小石の上を裸足で歩いているような(笑)。


ナチュラルな美しさを追求

Une adepte de la beauté naturelle
© Soledad Bravi

Q: 女性の美しさの定義は何だと思いますか?

A: ナチュラルであることかしら。私には、若さへの執着は理解できません。仕事に関係してくる女優ならまだしもね。でも、日常生活を送るのにボトックスをするなんて、私には理解の範疇を超えているわ。

Q: 美しさを保つためにしていることはありますか?

A: ゆっくりとクリームを塗って、効果を引き出すことね。喜びを感じながら使うと、効果が出るのよ。特別な時間ね。

Q: パリで落ち着いた気持ちで過ごすための秘訣は?

A: 自分のことを考えず、ほかのことで頭を一杯にすること。展覧会に出かけたり、映画を見たり、単に外出したり。

Q: より美しくなるためにプラスしているケアはありますか?

A: スパでボディーやフェイシャルのマッサージを受けることかしら。滅多にない、私がなすがままにされるひとときよ。マッサージを受けたあとはとてもリラックスして幸せ一杯。

アーティストとして、女性として

La femme derrière l’artiste
© Soledad Bravi

Q: 手に入れられるとしたら、どのような超能力がいいですか?

A: テレポーテーション(瞬間移動)がいいわ。アメリカに住んでいる娘たちに会いにいきたいけれど、12時間もかかるし、そもそも旅費も高くてばかにならないでしょ。ただ娘たちを抱きしめて、笑い合ったり、時に慰めたりしたいのよ。

Q: 一日の中で一番好きな時間はいつですか?

A: 何かアイディアを思いついたときは至福の時だわ。作品がすぐに完成するとわかるの。一種の自己満足もあるけど、それをみんなとシェアする嬉しさもあるのよ。

Q: あなたの座右の銘は?

A: 正直であること。それも、騎士道なみに。私はまさに「三銃士」なのよ。愛している人のたまなら、たとえ自分の立場をぐらつかせることになっても、いつも戦ってしまうの。

Q: 日常生活で思わずクスッとしてしまうこと、幸せを感じてしまうな小さな出来事は何ですか?


A: 早朝に娘たちから受け取るビデオ。それ以上に、鏡で自分を見たときに思わず「ワオ」となったとき。

 

Q: 憧れの職業は何ですか?

A: 精神科医。メンタルを治せるということに憧れます。人生を細かく分析して、心穏やかな生活を取り戻してあげるなんて、すごいことだと思います。

Q: 一番好きな芸術家は誰ですか?

A: 一人だけ選ぶなんて難しすぎるわ!ヴァン・ダイクにベラスケス、それからボッティチェッリかしら。3人とも信じられないほど繊細な仕事をする画家よ。

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影