ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
2016/09/06 10:00:00
バラを味わう3つのレシピ

バラを味わう3つのレシピ

花々の女王、と賞賛されるバラですが、化粧品や香水に使われるほどには料理に使われることはありません。しかし、バラは見た目に美しく、食べて美味しい食材。ご紹介する3種類の独創的なレシピで、バラが隠し持つ味わいをご堪能ください。
2016/08/03 10:00:00
ルーツの味を探る 〜サン・トロペ風タルト

ルーツの味を探る 〜サン・トロペ風タルト

サン・トロペ風タルトは、ポーランド出身でサン・トロペ在住のパティシエ、アレクサンドル・ミシュカさんが1955年に考案したスイーツです。柑橘類の風味が豊かなクリームをたっぷりと挟み込んだブリオッシュで、今やコート・ダジュール地方を代表する味となりました。これから先もずっと地元の人々に愛され続けていくに違いないサン・トロペ風タルトのレシピをお届けしましょう。
2016/07/03 12:34:00
3種類のデトックスウォーターで夏を迎える準備

3種類のデトックスウォーターで夏を迎える準備

から3種類のレシピをご紹介しましょう。健康や美容に抜群の効果があるというデトックスウォーター、夏に向けて無理なくいくらでも飲めてしまいます。
2016/06/02 10:00:00
原点に立ち返る: プロヴァンス風野菜のティアン

原点に立ち返る: プロヴァンス風野菜のティアン

気候のよい良い日が続き、お日様をいっぱい浴びた野菜を食べたくなる季節。そのような時にオススメなのが、ナスやトマト、ズッキーニを使い、南仏の香りが詰まった料理のティアン。かつて調理に使われた土鍋の名称が料理の名前となっています。
2016/05/01 11:45:00
春を迎える3つのレシピ

春を迎える3つのレシピ

春らしい日が続くようになりました。花を使い、お皿の中にまで春を呼び込みましょう。ロクシタンから、3種類の春らしいレシピをお届けいたします。
2016/04/05 16:43:00
グルメなティータイム:ハチミツとラベンダー風味のマカロン

グルメなティータイム:ハチミツとラベンダー風味のマカロン

サクッとした生地と、とろけるようなクリーム。マカロンは本当においしいスイーツ。南仏の香りにあふれたマカロンで午後のティータイムを楽しみませんか。ロクシタンから、ハチミツとラベンダーの風味のレシピをお届けします!
2016/03/02 10:00:00
エベニストリーによるパーティーで活躍するアペリティフレシピ

エベニストリーによるパーティーで活躍するアペリティフレシピ

マルセイユに新しくオープンした店で人気をさらっているのが、エベニストリー(L’Ebénisterie)。ロクシタンのために、年末のパーティーで活躍しそうなカクテルとおつまみのレシピを考えてくれました。プロヴァンスの風味豊かなアペリティフをどうぞ。
2015/12/15 10:00:00
ルネ・ベラールによるホロホロ鳥のローストと古来種野菜の付け合わせ

ルネ・ベラールによるホロホロ鳥のローストと古来種野菜の付け合わせ

いつものことながら、年末は大勢で楽しみたいご馳走を家で作る機会が続きます。そんな時期に合わせ、シェフのルネ・ベラールさんが、クリスマス用にホロホロ鳥のとっておきのレシピを教えてくれました。伝統的な味に洗練されたタッチが加えられたこのレシピは、美味しいものが大好きな人たちを喜ばせてくれるはずです。
2015/11/16 10:55:00
エクス・アン・プロヴァンスの銘菓 カリソン

エクス・アン・プロヴァンスの銘菓 カリソン

かすかな苦味が香る、優しい味のひし形の菓子、カリソン。紛れもなくエクス・アン・プロヴァンスを代表する郷土菓子のスターです。昔々、ジャンヌ・ド・ラヴァルという笑わないお姫様が善良王ルネと結婚することになった際、結婚式では笑顔になってもらおうと出された菓子がカリソンだったと言われています。その繊細な味に思わず笑みを浮かべた姫に喜んだ善良王は、その菓子を「ディ・カリン・スン(抱擁、の意)」と名付けました。そこから転じてカリソンと呼ばれるようになった、と言われています。風味豊かな菓子に相応しい名前と言えるでしょう。
2015/10/18 10:25:00
リュドヴィック・テュラックによる3つのステップで作るブイヤベース

リュドヴィック・テュラックによる3つのステップで作るブイヤベース

ブイヤベースを生んだのはマルセイユ。ブイヤベースと聞いただけで、いかにもプロヴァンスらしい味わいが思い浮かびます。もともとは貧しい人々の料理でしたが、現在は旧港にあるどのレストランでも出す人気料理。特に、リュドヴィック・テュラックがシェフを務める「ユンヌ・ターブル・オ・シュッド」の風味豊かなブイヤベースは評判です。
2015/09/28 17:46:00
バカンス明けにぴったりのデトックスジュース 3種類のスムージー

バカンス明けにぴったりのデトックスジュース 3種類のスムージー

フレッシュでなめらかな飲み心地の理想的なスムージーをご紹介しましょう。ローズやローズマリー、オレンジ、ベルガモットなどを使ったスムージーで、体の中からキレイになりましょう。ビタミンたっぷりの状態で夏休み明けを迎えられる、プロヴァンスの香り豊かなレシピです。
2015/09/03 9:50:00
ミッシェル・ペリエールの絶品スイーツ ラベンダーのアイスクリーム

ミッシェル・ペリエールの絶品スイーツ ラベンダーのアイスクリーム

夏のスイーツのスターは、何と言ってもアイスクリーム。アイスで夏を涼しく乗り切る、という食いしん坊も多いに違いありません。70ものフレーバーを展開しているアイスの巨匠、ミッシェル・ペリエールさんのアイスを食べるのはまさに至福のひととき。ここでは、ペリエールさんとっておきのレシピをご紹介しましょう。それはプロヴァンスでは「黄金のブルー」とも呼ばれるラベンダーのフレーバーのアイス。プロヴァンスならでは味をお楽しみください。
2015/08/03 10:00:00
ミシュランガイド2015で新しく星を取ったプロヴァンスのレストラン

ミシュランガイド2015で新しく星を取ったプロヴァンスのレストラン

去る2月2日、かの有名なフランスのグルメガイドの決定版、ミシュランガイドが発売されました。グルメファンにとって楽しみな毎年の恒例行事です。今年星付きの栄誉に輝いたレストランは609軒。プロヴァンス地方にも9軒ものレストランに星がつき、南仏の香りに満ちた料理が評価されました。
2015/03/09 10:53:00
シェフ、マティアス・ベタンジェ氏に教わる 白トリュフのタリアテッレ

シェフ、マティアス・ベタンジェ氏に教わる 白トリュフのタリアテッレ

トリュフのシーズンの到来です。美味しいものにかけては妥協をしないグルメたちもトリュフなら大喜び。さまざまな楽しみ方が可能です。シャトー・デ・ザルピーユのレストランのシェフ、マティアス・ベタンジェさんに、トリュフパスタのオリジナルレシピを教わりました。「ホワイト・ゴールド」と崇められる白トリュフの風味が口の中いっぱいに広がる、南仏の彩り溢れた一品です。
2015/01/29 15:38:00
アルマン・アルナルによるヌガー・グラッセ

アルマン・アルナルによるヌガー・グラッセ

プロヴァンスの伝統の「13種類のデザート」のひとつ、ヌガー。アルル近郊にあるレストラン「ラ・シャッサニェット」のシェフ、アルマン・アルナルが新しいレシピをロクシタンのために考案してくれました。季節のフルーツとブリオッシュを添えたヌガー・グラッセです。年末年始のパーティーシーズンに重宝しそうなレシピをどうぞ!
2014/11/18 12:51:00
プロヴァンスの秋景色

プロヴァンスの秋景色

秋も深まると、プロヴァンスはまるで魔法がかけられたよう。オレンジや黄色に紅葉した木々に彩られた風景はこの季節ならではの楽しみ。
2014/11/04 15:02:00
アルマン・アルナルによるプロヴァンスのデザート 「ブレットのタルト」

アルマン・アルナルによるプロヴァンスのデザート 「ブレットのタルト」

アルルのレストラン「ラ・シャッサニェット」のシェフ、アルマン・アルナルがプロヴァンスのクリスマスを彩る13種類のデザートのレシピを新たに開発しました。クリスマスまであと数週間。感動的な美味しさのデザートレシピをお届けします。
2014/10/31 12:29:00
プロヴァンスのショコラマイスター、フレデリック・アヴェッカー

プロヴァンスのショコラマイスター、フレデリック・アヴェッカー

サン・レミ・ド・プロヴァンスとアヴィニョンの中間に位置するシャトールナールにひっそりとあるのは、クリエイティブなチョコレート店。2011年にフランス国家最優秀職人賞を受賞した気鋭のショコラティエ、フレデリック・アヴェッカーに店内を案内していただきました。チョコレート依存症にはご注意!
2014/01/14 12:40:00
プロヴァンスのとっておきレシピ   ナスのピューレ

プロヴァンスのとっておきレシピ  ナスのピューレ

エリザベット・スコットがプロヴァンス産オリーブオイルについての著作「プロヴァンスの黄金」で再評価しているのが、プロヴァンスの典型的な郷土料理「ナスのピューレ」。食前酒のパスティスに合わせたり、小腹がすいた時にぴったり!
2013/02/18 13:22:00
どこまでもうっとりと甘美な プロヴァンスのハチミツ

どこまでもうっとりと甘美な プロヴァンスのハチミツ

長い冬に私たちを元気づけてくれるハチミツ。そのハチミツへの愛を語ってくれたのは、ヴァシェール村近くにある集落アモー・ド・ピショヴェで養蜂業を営んでいるロランス・ロッシュさん。 秘蔵のパン・デミスのレシピも教えてくれました。 ああ、春が待ち遠しい!
2013/01/11 12:30:00
どこまでもうっとりと甘美な プロヴァンスのハチミツ

どこまでもうっとりと甘美な プロヴァンスのハチミツ

長い冬に私たちを元気づけてくれるハチミツ。そのハチミツへの愛を語ってくれたのは、ヴァシェール村近くにある集落アモー・ド・ピショヴェで養蜂業を営んでいるロランス・ロッシュさん。秘蔵のパン・デミスのレシピも教えてくれました。 ああ、春が待ち遠しい!  
2013/01/11 12:30:00
マルメロとドライフルーツのスフレ

マルメロとドライフルーツのスフレ

アラン・パッサールが考案したプロヴァンス風クリスマスディナーは、ロブスター、鴨のローストと続いて、いよいよデザートへ。スフレのご紹介です!
2012/12/08 6:00:00
イチジクの葉風味 鴨のロースト

イチジクの葉風味 鴨のロースト

プロヴァンスワイン委員会のためにシェフのアラン・パッサールがプロヴァンス風クリスマスディナーのコースを考案。前菜の「地中海のロブスター スウィートビネガーソース添え」に続き、メインの「イチジクの葉風味の鴨のロースト」をご紹介します。
2012/12/07 17:00:00
地中海のロブスター 甘酢ソース添え

地中海のロブスター 甘酢ソース添え

シェフのアラン・パッサールがプロヴァンスワイン委員会のためにディナーコースのレシピを考案してくれました。今回お届けするレシピは、ハチミツ、ライム、オレンジエッセンスを使った甘酸っぱいソースにからめたロブスターの前菜。プロヴァンス地方への敬意と賛美は、まずは前菜から。
2012/12/07 15:33:00
アラン・パッサールによるクリスマスディナーレシピ

アラン・パッサールによるクリスマスディナーレシピ

フランスの一流シェフ、アラン・パッサールが昨年、プロヴァンスワイン委員会のためにクリスマスディナーのレシピを考案してくれました。コート・ド・プロヴァンスのワインによく合う料理をお願いしたのです。 前菜、メイン、デザートで構成されるクリスマスメニューのご紹介!
2012/12/07 12:00:00
アーモンド・ペーストのレシピ

アーモンド・ペーストのレシピ

プロヴァンスのおばあちゃん、タシュカ・ソフェールさんはエッセンシャル・オイルの専門家。ロクシタンのために、自家製アーモンドペーストを作ってくれました。簡単なレシピでプロヴァンス風クリスマスが再現!家族みんなで楽しめるひとときです。
2012/11/14 12:25:00
六角形のサブレ

六角形のサブレ

マノスクにあるレストラン「ル・ボヌール・フー」のシェフ、ダヴィッド・アルコスさんが教えてくれるプロヴァンス風クリスマスディナーをご紹介!
2012/10/30 12:48:00
鴨の胸肉と木イチゴ

鴨の胸肉と木イチゴ

マノスクにあるレストラン「ル・ボヌール・フー」のシェフ、ダヴィッド・アルコスさんが教えてくれるプロヴァンス風クリスマスディナーをご紹介!
2012/10/30 12:44:00
シェーブルチーズのトースト

シェーブルチーズのトースト

シェフ、ダヴィッド・アルコスさんが教えてくれるプロヴァンス風クリスマスディナーをご紹介!
2012/10/30 12:28:00
バーベナと木イチゴのカクテル

バーベナと木イチゴのカクテル

プロヴァンスのクリスマスを飾るのにふさわしいヴァーベナのカクテル
2012/10/30 12:26:00

お気に入り