「ラベンダーと女性たち」 ジャン=フランソワ・ミュツィッグによる興奮の写真展

非日常的な光景に魅了されている写真家、ジャン=フランソワ・ミュツィッグ。夏にヴァランソル高原を訪れ散策を楽しむツーリストの女性たちを被写体とした最新の特別展「ラベンダーと女性たち」が開催中です。
Texts: Mélissa Darré

咲き誇るラベンダー畑はプロヴァンスの夏の風物詩。この美しい季節にプロヴァンスを訪れた観光客に最も人気のある場所のひとつです。そのラベンダー畑の生き生きとした光景を、1984年以来マノスクを拠点に活動する写真家ジャン=フランソワ・ミュツィッグが映し出しました。作品展「ラベンダーと女性たち」は、まさに美しいラベンダー畑とそぞろ歩きを楽しむ人々への賛歌。ヴァランソル高原を舞台に、奇抜な舞踏に没頭するツーリストたちを捉えています。

デュランス谷からヴェルドン峡谷の間に広がるラベンダー畑で楽しそうにポーズをとり、はしゃいでいるのは、主にアジアから訪れた女性観光客。一瞬一瞬が永遠に刻まれ、自然に対する力強い表現力や被写体への暖かな眼差しに定評があるミュツィッグならではの作品です。

ヒューマニストな気質が見事に伝わって来るシリーズで、ラインが希釈されることにより形状が際立たされ、旋風のような色彩が女性ならではの優美さを物語ります。ロクシタン美術館で幸せなひと時を堪能しましょう。


Exposition «Femme Lavande» 
Musée L’OCCITANE

「ラベンダーと女性たち」 ジャン=フランソワ・ミュツィッグによる興奮の写真展

ZI Saint Maurice
04100 Manosque
Tel : +33 (0)4 92 70 32 08

「ラベンダーと女性たち」、ジャン=フランソワ・ミュツィッグによる興奮の写真展
「ラベンダーと女性たち」、ジャン=フランソワ・ミュツィッグによる興奮の写真展
写真家ジャン=フランソワ・ミュツィッグが被写体に選んだのは、ヴァランソル高原を散策する観光客たち
© Jean-François Mutzig
永遠に刻まれた瞬間
永遠に刻まれた瞬間
楽しそうにポーズをとり、ラベンダー畑ではしゃぐのは主にアジアから訪れた女性観光客。
© Jean-François Mutzig
ジャン=フランソワ・ミュツィッグ
ジャン=フランソワ・ミュツィッグ

1984年以降、マノスクを拠点に活動する写真家ジャン=フランソワ・ミュツィッグが切り取った生き生きとした光景

© Aline Weiss

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影