メゾン・ノッシュ グルメな本格派ファーストフード店

エスパリア通りに初めて店舗を構えて以来、メゾン・ノッシュは目覚ましい成功を収めてきました。創業したのはクリストフ・テュリーと妻のジュリー。仕事でも私生活でもタンデムを組み、美しい内装の店で手作りレシピによる料理を提供しています。二人の店は「体にいいものを食べて、なおかつ、こってりしたものをしっかり食べた気分になれる」と大好評。
Texts: Mélissa Darré

店舗はの広さはわずか14㎡。メゾン・ノッシュはエクス・アン・プロヴァンス市内で最小の店と言えるでしょう。美味しいホットドッグとオリジナルのマフィンで地元のグルメの心を掴み、評判の店となりました。開業当初はテイクアウトのみ。やがて友人のセシルの協力も得てセクスティウス通りに移転し、北欧風のインテリアが魅力的なコーヒーショップをオープンさせました。

彼らの原動力は「体にいいものを食べて、満腹感を味わうこと」。メゾン・ノッシュのコンセプトを端的に表現しているキャッチーなスローガンです。「ほとんどの人が、ホットドッグにあまりいいイメージを持っていないのです」と語るクリストフさん。「そこで、私たちは今までにないホットドッグを作ることにしました。手作りの食材を使っていわゆる定番のホットドッグや、マフィンでアレンジしたタイプのものを作り、健康にいいホットドッグをお出ししています。この店では、食べ応えがあり、栄養バランスに優れ、なおかつ財布に優しい食事ができるのです」。

二人の若い女性スタッフによって厨房で丁寧に作られるファーストフードには、地元で採れた新鮮な食材が使われています。「いずれにしても、うちには冷凍庫がないのですから、ほかにやりようがありません」とクリストフさん。カウンターの向こう側でクリストフさんが作るフルーツたっぷりのスムージーやスイーツ、そのほか美味しそうなさまざまなファーストフードは、グルメたちの心を掴んで離しません。

Maison Nosh / メゾン・ノッシュ
42 Cours Sextius
13100 Aix-en-Provence
Tél : 06 52 86 22 39
www.maison-nosh.com
メゾン・ノッシュ〜グルメな本格派ファーストフード店
メゾン・ノッシュ〜グルメな本格派ファーストフード店

手作りレシピによる料理が美しい内装の店で楽しめます。「体にいいものを食べて、なおかつ、こってりしたものをしっかり食べた気分になれる」と大好評。

© Studio A+Q
アレンジを加えたホットドッグやマフィン
アレンジを加えたホットドッグやマフィン
二人の若い女性スタッフによって厨房で丁寧に作られるファーストフードには、地元で採れた新鮮な食材が使われています。
© Studio A+Q
食べ応えがあり、栄養バランスに優れ、なおかつ財布に優しい食事ができるファーストフード店
食べ応えがあり、栄養バランスに優れ、なおかつ財布に優しい食事ができるファーストフード店

カウンターの向こう側でクリストフさんが作るフルーツたっぷりのスムージーやスイーツ、そのほか美味しそうなさまざまなファーストフードは、グルメたちの心を掴んで離しません。

© Studio A+Q

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!