マルセイユを観光するべき5つの理由

新しくてトレンディーなデスティネーションとして注目度アップのマルセイユ。古代フェニキア人の築いたマルセイユの沸き立つ多彩な魅力に迫ります。
By Mélissa Darré

南仏のリズムを堪能:昔ながらのマルシェから、ボボ(ブルジョワ・ボヘミアン)好みの地区、そして旧港とマルセイユを包むリラックスした雰囲気を堪能しましょう。そして、さらにマルセイユを魅力的にしているもの。それは、地元の人たちの、心のこもったおもてなし!

好奇心を満たしてくれる街:ヨーロッパ地中海文明博物館や、建築家ノーマン・フォスターが手がけた「日陰を作ってくれる鏡」、そしてル・コルビジェ設計のシテ・ラディユーズ。海を一望する素晴らしい建築物が、建築好きも好奇心に溢れた人も多いに楽しませてくれます。

地中海の香り豊かな食:人気郷土料理のトップにあげられるブイヤベースはもちろん、おいしい特産物に事欠かないマルセイユ。新しいレストランも続々登場しています。

のんびりとリラックス:市内からマルセイユ近郊の断崖カランクまで点在するビーチでは、海に飛び込んで気分転換はいかが。いつまでも、いつまでも泳いでいたくなるはず。

アートと歴史に溢れる市内を散策:古代にまで歴史を遡ることのできるマルセイユは、フランスで最も古い街。ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院、マジョール大聖堂、ロンシャン宮など見どころには事欠きません。

マルセイユを観光するべき5つの理由
マルセイユを観光するべき5つの理由

古代フェニキア人の築いたマルセイユの沸き立つ多彩な魅力に迫ります。

© GettyImages - Dan Herrick

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!