プロヴァンス特有の荒地

美しく、そして香りに満ちたプロヴァンスの荒地。赤い土、白い石、日に照らされた背の低い灌木……温められた石やケード、タイム、ローズマリーが放つ芳しい香りが混じり合い、夢のような情景が広がります。この大自然の中を散策してみましょう。
Texts: Justine Fiordelli

プロヴァンスを代表する作家マルセル・パニョルもしばしば作品で描写した荒地は地中海沿岸部でよく見られる典型的な風景。荒涼として野性味あふれるその光景には、観光客も地元の人々もただ放心するばかり。白い石と石の間からは、乾燥も強い陽射しもものともしない灌木が生え、荒漠とした風景をつくりあげています。

周囲に漂う灌木の香りにはうっとりさせられます。ケードやローズマリー、タイムが芳しい香りを放っているのです。中でも目立つのがケードのウッディーで力強い香り。ケードは傷を癒し、鎮静する効能があるとしてプロヴァンスの羊飼いたちが重宝してきた香木です。

そんなプロヴァンスの荒地の独特の香りを再現したのが、ロクシタンが開発したケードのオードトワレ(日本未発売)。ケードの香り、日に照らされ乾燥した樹木の香り、そして温められた石の香りが特徴です。さまざまなアロマとウッディーな香りがミックスし、パワフルで力の湧くフレグランスとなっています。つけるたびにプロヴァンスの荒地を思い起こさせてくれるフレグランスで、至福のひとときを。

ケード
ケード

ビャクシン属の樹木で、地中海沿岸地域で見られる灌木

Photo: DR, L'Occitane en Provence
荒地
荒地
野生的で荒々しい自然
Photo: DR, L'Occitane en Provence

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影