プロヴァンスタッチ 〜 自分でインテリアを一新させるためのアイディア

大きく手を加えることなく、インテリアに新鮮味を持たせるには?ロクシタンがポイントやコツを具体的にお教えしましょう。お部屋のインテリアが一新するはずです。
by Mélissa Darré

アイディア1:ペイントして新たな雰囲気作り

「ペンキで一塗り」ほど、部屋に新たな雰囲気を生み出してくれる方法はありません。リビングや寝室、あるいは洗面所の白い壁を、より主張するカラーに塗り替えてみましょう。ラベンダーのようなパープル、オリーブのようなグリーン、鮮やかなブルー、オークル系のレッド……わずかな時間で、部屋があっという間にプロヴァンス色に染まります。壁を塗り替えることに尻込みしてしまう方は、階段や扉、あるいは家具はいかがでしょうか。壁ほど大掛かりな作業ではないのに、与えてくれる効果は同じです。

ポイント:カラーを一色にすることが鉄則。あとは同じ色調のテキスタイルや雑貨を配置することによって美しい調和が生み出されます。


Idée n°1 : peindre pour donner le ton
© GettyImages - Halfdark

アイディア2:雑貨を使ってモダンな部屋に

部屋にメリハリをつけたいと思っている方へ。一番手軽なのは、雑貨を組み合わせることです。素敵なファブリックやさまざまなフレーム、くつろげるラグやデザイン性のある鏡など、おしゃれな空間を創り出してくれる雑貨は無数。少しだけ想像力を膨らませれば、オリジナルな空間を演出するのも簡単です。ウッドプレートをヘッドボードに変身させたり、ハシゴを棚として使ったり、電球を花瓶にしたり、自由に別の使い方を考えてみましょう。

 

ポイント:いろいろなスタイルを組み合わせてみましょう!新しいものと古いものをミックスさせれば、部屋が人間味のないブティックのようになってしまうこともありません。例えば、トレンドの雑貨とバカンスのお土産を置いてみる、と言ったように。自分自身を語ってくれるものを置くのがポイント。

アイディア3:リフォームで自分らしさを演出

日用雑貨を別な用途で使うという工夫を物足りなく感じてきたら、それはリフォームという冒険に出る時かもしれません。リフォームは自分だけのインテリアを作るのに避けては通れない道で、少しでも飽きてしまった雑貨や家具は、パーソナルライズを待つばかりの真っ白なキャンバス。ステンシルやスティッカー、壁紙が大活躍します。プロヴァンスらしいテイストにするなら、タイル張りにするのが現在のトレンドです。

 

ポイント:実用的なところに目を向けましょう。ソファーの足や家具の取っ手を取り替えるだけで、パーソナルライズは完成。あなだだけのものとなります!

Idée n°3 : customiser pour apposer son empreinte
© Beija Flor

アイディア4:レイアウトを変えて光を取り入れる

とても簡単なことでインテリアを一新することができることがあります。例えば、レイアウトを変えるだけで、雰囲気が一変することも。コツは、自分の希望や必要に応じた配置はどのようなものなのか、まず空間をじっくりと研究すること。優先するべき点は、いかに光を取り入れるかということと、動線です。また、家具や照明器具など、ポイントとなるものを1点買い足すだけで、お部屋のオシャレ度が一気に上がることも。

 

ポイント:個性のあるインテリア雑貨を見つけるのなら、アンティークショップ巡りがベスト。

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影