プロヴァンスを代表する顔

画家や作家など、多くの芸術家が独特の雰囲気を持つプロヴァンスに惹かれて作品を残しています。プロヴァンスを象徴する名士3名をご紹介しましょう。
by Mélissa Darré

プロヴァンス地方の申し子、マルセル・パニョル 

オバーニュ村の出身である作家、マルセル・パニョル。青春時代の恋愛模様に強い関心を寄せ、プロヴァンス地方を舞台に登場人物たちを繊細に描き出しました。「父の大手柄」や「泉のマノン」などの作品を通じて、生まれ故郷のプロヴァンスに対する郷土愛が浮き彫りにされています。

自然を愛して止まない、ジャン・ジオノ

作家のジャン・ジオノは出身地であるオート・プロヴァンスへの深い自然愛に満ち溢れ、自然を讃歌する言葉を紡ぎだしました。「丘」や「ボーミューニュの人」、「復活」などの作品では、生誕地のマノスクや周辺地域に根ざした物語が語られています。

情熱の画家、ポール・セザンヌ

エクス・アン・プロヴァンスの懐に抱かれたアトリエで、セザンヌは地中海沿岸部の暮らしをテーマに数々の印象的なシーンを描いています。サント・ヴィクトワール山を主題にした作品は80以上もあり、サン・ヴィクトワール山が世界に知られるきっかけとなりました。

プロヴァンスを代表する顔
プロヴァンスを代表する顔

ロクシタンが、この地方を代表する名士3名をご紹介します。

© Fotolia - Scabrn

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影