プロヴァンスの「三姉妹」 3つのシトー会

セナンク修道院、シルヴァカンヌ修道院、ル・トロネ修道院、この3つの修道院はシトー会の修道僧たちによって中世に建てられた修道院。いずれも初期のシトー会による傑作であり、戒律を厳格に重んじ禁欲な修行を望んだシトー会創立者たちの望みを反映した造りとなっています。
Par Angélique Jurquet

見学のハイライトは聖堂の中央に立ったガイドの歌。低い声が聖堂の裸の壁を伝って驚くほどの広がりを見せ、見学者たちを包み込むようにしてまた戻ってきます。私たちがいるのはヴァール県のル・トロネ修道院。比較的小さな規模の建物群から成る修道院です。12世紀にマザン(アルデーシュ県)の修道僧たちによって建てられ、その後シトー会の戒律を守る修道院となりました。すなわち、質素を重んじ、無意味な典礼を禁じたのです。神と直接つながることができるのは徹底的に簡素化した建築様式とされました。聖堂に差し込む光は少なく、時間よって光と影が織り成す戯れを見ることができます。非常に保存状態の良い回廊は斜面のカーブに沿って建てられており、小部屋や共同の寝室も、礼拝、宗教書の読書そして勤労による奉仕で昼夜が過ぎて行く修道僧たちの簡素な生活を反映した造りとなっています。

ル・ トロネ修道院から数十キロ西、エクス・アン・プロヴァンスからほど近いところにあるのがシルヴァカンヌ修道院。プロヴァンス地方にある3つのシトー会修道院の中では、最も知られていない修道院かもしれません。1175年から1230年にかけて建てられ、大きな聖堂がありますが、おそらく20名以上の修道僧がいたことは一度もないはずです。彼らはとりわけ農作業を熱心におこないました。静寂な自然環境に今も輝き続ける宝石のようなシルヴァカンヌ修道院。この静謐さが修道僧たちのかすかな動きひとつから思想にまで影響を与えただろうことがうかがえます。

「三姉妹」の最後の修道院、セナンク修道院があるのはリュベロン地方。格別に保存状態の良いこの修道院とその手前に広がるラベンダー畑の写真やポストカードは誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。見学はまず寝室に使っていた広い大部屋から。次に見学する素晴らしく均斉のとれた聖堂は、華美な装飾を排したエレガントな閑寂さが心に安らぎを与えてくれます。回廊と教会参事会室は程よい大きさで、いずれも居心地良く心が落ち着きます。観光で是非訪れたいこの3つの修道院は混んでいる観光シーズンをはずして見学するのがおすすめ。永遠不変の静寂さと簡素な美を静かに満喫できることでしょう。

アドレス
Abbaye du Thoronet
Départementale 279
Le Thoronet

Abbaye de Silvacane
Départementale 561
La Roque d’Anthéron

Abbaye Notre-Dame de Sénanque
Gordes

プロヴァンスの「三姉妹」 3つのシトー会
プロヴァンスの「三姉妹」 3つのシトー会
ル・トロネ修道院
Photographie José Nicolas
プロヴァンスの「三姉妹」 3つのシトー会
プロヴァンスの「三姉妹」 3つのシトー会
シルヴァカンヌ修道院
Photographie José Nicolas
シルヴァカンヌ修道院
シルヴァカンヌ修道院
セナンク修道院とラベンダー畑
Photographie José Nicolas

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影