プロヴァンスの伝統的なクリスマスディナー

クリスマスのディナーはプロヴァンスではグロ・スーペ(大いなる晩餐)と言います。家族で囲む祝宴は古くからの伝統で、その食卓をプロヴァンスの人々は特別な方法で飾りつけます。オレゾン村のペンション、ルストー・ド・ルリヴィーのオーナー、ジョイズ・ボルグマンさんがこのプロヴァンスの古いしきたりについて教えてくれました。
Texts: Caroline Taret

プロヴァンスの習わし、12月24日に家族で囲むクリスマスのディナー。グロ・スーペ(大いなる晩餐)とは言い得て妙!単に料理を食べるだけではない、さまざまな演出が加えられた食卓が出現します。オレゾン村のジョイズ・ボルグマンさんが、古いオレンジ温室を改築したプロヴァンス風の素敵なキッチンでプロヴァンスならではのクリスマスディナーの迎え方を紹介してくれました。
装飾やら13種類のデザートの用意やら、クリスマスディナー用のテーブルセッティングを始めると、それはまるでワルツをくるくると踊るような忙しさ。セッ ティングされた食卓は食いしん坊のためにクリスマスの後も数日はそのままにしておきます。どうぞ私たちと一緒にプロヴァンスの伝統にどっぷりと浸かり、クリスマスディナーにおけるさまざまな象徴に触れてください。さあ、クリスマスの魔法は今日から始まります・・・


[周辺のお勧めスポット]
Le Bonheur Fou à Manosque / ル・ボヌール・フー (マノスク)
ダヴィッド・アルコスシェフのレストラン。地元の食材を使ったクリエイティブな料理が楽しめる。以前ビデオでも紹介。


Première Pression Provence à Volx / プルミエ・プレッション・プロヴァンス(ヴォルクス)
オリーブエコミュージアムの中にあるブティック。最高のオリーヴオイルが購入可能。


Maison François Doucet à Oraison / メゾン・フランソワ・ドゥーセ(オレゾン)
オート・プロヴァンスを代表するコンフィズリー。13種類のデザート作りには欠かせないバリエーション豊富なお店。


La Baroquante à Volx /  ラ・バロカント(ヴォルクス)
オリーヴエコミュージアムから数mの距離にあるインテリア雑貨のお店。一点物など貴重でユニークな雑貨に出会える。

L’Oustaou d’Oulivie
La Sarette Route
de Valensole
04700 Oraison
www.oulivie.fr

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影