プロヴァンスで生まれるロクシタンの製品

イエローを基調にした美しい店内に並ぶロクシタンのさまざまな製品。世界各地で買い求めることができますが、商品はすべてプロヴァンス地方で生産されているものばかりです。美しいプロヴァンス地方らしさに溢れるお気に入りの製品がどのように生まれているか、その舞台裏をご紹介しましょう。
Texts: Anaïs Chabalier

ロクシタン 〜 プロヴァンスで生まれたブランド

オリヴィエ・ボーサンがロクシタンを創設したのは1976年、23歳の時でした。当時、ボーサンはプロヴァンス地方に生息する植物に興味を持っており、地方内で開催されるさまざまなマルシェを訪れていました。そして、愛車のドゥー・シュヴォーに古い蒸留器を設置し、ローズマリーのエッセンシャルオイルを蒸留に取り組んだのです。それからコスメ製品の生産事業を手がけるのにそれほど時間はかかりませんでした。2000年よりロクシタン・グループは新しい企業戦略を掲げ、世界各国において店舗をオープンさせています。

プロヴァンスにインスピレーションを得た製品

プロヴァンスは多くのインスピレーションを触発してくれる土地として世界に知られています。ロクシタン・グループの要望に応え、さまざまな新製品の開発を行っている研究所があるのもオート・プロヴァンス県のマノスク。世界各地に散らばるロクシタンのスタッフの共通項はプロヴァンスに対する深い愛なのです。

プロヴァンス産が占める原材料

プロヴァンス地方の産業活動を支援する思いから、ロクシタンは、直接取引ができ、納品期間も短くて済む現地サプライヤーに優先的に発注を行っています。トレーサビリティーを確立させ、納品時まで品質を保証するためです。オート・プロヴァンス県産の保護原産地呼称AOPラベンダー、イモーテル、アーモンド、ケードなど、ロクシタン製品の主原料はプロヴァンス地方あるいは地中海沿岸地方で産出されているものばかり。例外は西アフリカのブルキナファソ産シアバターです。「女性たちの黄金」と呼ばれるシアの果実はブルキナファソの女性たちによって収穫されており、ロクシタンは彼女のたちの仕事の価値を高めることに成功しました。ブルキナファソの女性たちとのフェアトレードはオーガニック団体エコサートの認証を得ています。

生産拠点はプロヴァンス

ロクシタンのコスメ製品が生産されているのはマノスクおよびアルデーシュ県のラゴースにある環境に配慮して造られた新しい工場。何百人にものスタッフが働いています。ラゴース工場は環境に関する国際的な標準規格であるISO 14000の認証を受けており、マノスク工場も同様な規格の認証を受ける手続きを進めています。

ロクシタンは自然の保護に務めつつ、プロヴァンスへの愛をさらに深めて行くことを約束致します。

オリヴィエ・ボーサンと
オリヴィエ・ボーサンと

今や伝説となった愛車ドゥー・シュヴォー

Photo: L'Occitane en Provence
L’Occitane en Provence
L’Occitane en Provence

ロクシタン研究・開発センター

Photo: S.Duffard
L’Occitane en Provence
L’Occitane en Provence

ロクシタンの原材料生産地マップ

Photo: DR L’Occitane en Provence
L’Occitane en Provence
L’Occitane en Provence

サン・トロペのブティック

Photo: L’Occitane en Provence

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影