プロヴァンスでクライミング

M&L研究所にファイナンスのITリーダーとして勤務しているマチユー・ロランさん。余暇の楽しみはクライミング。お気に入りのルートを紹介してくれました。
Par Caroline Taret

サント・ヴィクトワール山を登ってみたい、なんて思ったことはありませんか。マチユー・ロランさんは4年ほど前からクライミングを始め、この夢をかなえました。若いパパでもあり、ラグビー選手だったロランさんはとてもアクティブ。今は自然と向き合えるアウトドアスポーツに惹かれていると語ります。プロヴァンスに移ってきたのも山登りの趣味と無関係ではありません。

「プロヴァンスは素晴らしい山々をいろいろなルートで登ることができ、非常に魅力な地方です」とロランさん。私たちに教えてくれたお気に入りのスポットは、まさしく伝説的なヴェルドン渓谷、ブリウー断崖、そしてヨーロッパでも有数のルートがあるとクライマーに評判のカランク。中でも心底クライミングに没頭できると気に入っているのが、数週間前にも登ってきたばかりだというサント・ヴィクトワール山。「サント・ヴィクトワール山の赤い岩壁は確かに頑張らないと登れない岩壁には違いありませんが、友人たちと登る時間は何物にも代えがたいひとときで す。半径数キロ先からも見えるこの山を登るのは興奮しますし、お弁当を持って一日過ごすのですから楽しさもひとしおです。一番いいのは、日が落ちるまで ゆっくり上で過ごすことですね。海まで見えますし」

こんなことを聞くと登りたくなりますね。でも、気をつけなくては。クライミングには準備が必要です。装備や練習も必要。赤い岩壁のようにあらゆるレベルが対象の壁でも、誰もが登れるわけではありません。一番いいのは、プロのガイドについて手ほどきを受けることでしょう。ロランさんが強く推薦してくれたのは、親しみやすく、なおかつ専門的な技術も確かなマチユー・ファノーさん。初心者向け半日コース43ユーロから、さまざまなコースを紹介してくれます。大地や自然と交わることにより、プロヴァンスを今までとは違った観点から見てみる機会となるでしょう。ヴェルドン渓谷のラ・パリュ・シュル・ヴェルドン村(クレート道路から出発し、一度下ってから登ると、300メートルの空無へ!)や、高さ30メートルの短いが難所続きのルートや高低差400メートルまである長いルートなど、他にも、ロランさんがどうしても私たちに教えずにはいられなくなった、ぜひ訪れたいスポットがいくつもあります。高所恐怖症の方はご遠慮ください!最後に、荷造りに取りかかる前にオンラインマップで地形を確認するのがお勧め。最良の山行準備となるでしょう。これでロランさんは全部教えてくれたことになります!

プロヴァンスでクライミング
プロヴァンスでクライミング
サント・ヴィクトワール山登頂ルートのひとつ、赤壁を攻めるマチユ・ロランさん
DR, Matthieu Rolland
プロヴァンスでクライミング
プロヴァンスでクライミング
地中海までを見下ろすことができるビューポイント
DR, Matthieu Rolland
プロヴァンスでロッククライミング
プロヴァンスでロッククライミング
さわやかな草木香る山の自然に浸る
DR, Matthieu Rolland

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影