ブーシュ・デュ・ローヌ県 空から眺めるカルチャースポット

バカンスをどこで過ごすかまだ決めていない方へ。ゆっくり過ごすのなら、ブーシュ・デュ・ローヌ県はいかがですか。マルセイユ、レ・ボー・ド・プロヴァンス、カマルグなど、行きたいところばかり。
Texts: Justine Fiordelli

自然が好きな人なら嬉しくなってしまうはず!ブーシュ・デュ・ローヌ県での滞在はまるで天国にいるようで、忘れられないものとなるに違いありません。手つかずの自然、海、散策、太陽、スポーツ、文化…どんな要望や好みにも応えてくれます。旅の始まりは、アペリティフを飲んでご機嫌になれる町、マルセイユから。旧港を散策したり、新名所のヨーロッパ地中海文明博物館を見学したり、ユートピア的な環境を満喫。

旅の続きは、カシスへ。海にそびえる絶壁カランクで知られる町で、海と山が溶け込む雄大な風景が楽しめます。カシスからほど近いところにあるのが、まったく違った雰囲気のエクス・アン・プロヴァンス。エクスのシンボル、サント・ヴィクトワール山の頂上からの眺めは息をのむ絶景なので是非登ってみましょう。あるいはミラボー通りをぶらぶら散歩したり、日の当たるカフェテラスでのんびりするのもオススメです。美味しい空気を吸って、バカンス気分を堪能するのに、ここ以上の場所はなかなかありません。

レ・ボー・ド・プロヴァンスは中世の雰囲気をそのまま残している魅力的な町です。サントン人形博物館、アルピーユ自然公園、遺跡、城砦・・・と見どころも充実。そして、アルルとカマルグへはカメラを持って行くのをお忘れなく。ピンク・フラミンゴや白い馬、黒い闘牛…など、野生の動植物など素晴らしい被写体に溢れています。もう、「他には何もいらない」という気分!

詳細情報は www.visitprovence.com へどうぞ。

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影