バラを味わう3つのレシピ

花々の女王、と賞賛されるバラですが、化粧品や香水に使われるほどには料理に使われることはありません。しかし、バラは見た目に美しく、食べて美味しい食材。ご紹介する3種類の独創的なレシピで、バラが隠し持つ味わいをご堪能ください。
by Mélissa Darré

爽やかなカクテル

 

[調理時間:10分/4名分]

[材料] ジン20cc* • レモン果汁10cc • ローズシロップ5cc • バラの花びら12枚 • ラベンダー1枝 • 氷

 

1. ジンとレモン果汁、ローズシロップをシェーカーに入れます。


2. およそ10秒ほどシェイクします。ストレーナーを使い、シェイクした中身をグラスにあけます。


3. 氷とバラの花びら、ラベンダーを加えます。冷やしていただきましょう。

 

 

デトックスティー

 

[調理時間:10分/4名分]

[材料] 水 • バラの花びら25枚 • ハチミツ小さじ5

 

1. お湯を沸かします。


2. バラの花びらを入れ、3分煮ます。その後、鍋を火から下ろし、そのまま5分休ませます。


3. ストレーナーを使ってカップに注ぎ、ハチミツを加えます。よく混ぜ、温かいうちにいただきます。

 

 

リッチな味わいのアイスクリーム

[下ごしらえ: 1時間/調理時間:10分/冷やし固める時間: 一晩/4名分]


[材料] 牛乳50cc • バラの花びら300g •  卵黄4個 • 砂糖50g • 低脂肪生クリーム120g • 赤の着色料5滴 • ローズウォーター10cc

 

1. 鍋に牛乳とリキッド生クリームを入れ、中火にかけ煮立たせます。小さな泡が出てきたらすぐさま細火にし、バラの花びらを入れます。10分ほどそのままに煮て、バラのエキスを抽出させます。


2. サラダボウルに卵黄を入れ、砂糖と混ぜます。全体が白くなるまでしっかりと力強く混ぜ合わせます。そこにストレーナーを使ってバラの花びらが入らないようにしながら「1」を入れ、そっと混ぜ合わせます。


3. 「2」を細火にかけ、全体が重い感じになるまでゆっくりと混ぜ合わせます。火から下ろし、素早く冷却できるような容器に移し替えます。


4. 室温で1時間休ませ、その後、冷凍庫に30分置きます。


5. 固まり始めたら冷凍庫から出し、より滑らかな食感となるよう混ぜ合わせます。その後、一晩冷凍庫で休ませ、翌日いただきましょう。

 

*アルコルのぎは健康をなう恐れがあります。適度な量を楽しむようにしましょう。

バラを味わう3つのレシピ
バラを味わう3つのレシピ

紹介する3種類の独創的なレシピで、バラが隠し持つ味わいをご堪能ください。

© GettyImages - Emily Suzanne McDonald

最新情報

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!