シャルロット・ガストー プロヴァンス出身イラストレーターの想像世界

ロクシタンの「チェリーブロッサム」シリーズのパッケージを手がけているのは、マルセイユ出身のイラストレーター、シャルロット・ガストーさんです。プロヴァンスそして日本をイメージしたパッケージのデザインをはじめ、ガストーさんの創り出す夢幻的な世界についてお伺いしました。
Texts: Anaïs Chabalier

[プロヴァンスとの関わりを教えて下さい。]
私はプロヴァンスにとても強い愛着を抱いています。生まれたのはマルセイユで、18歳まで過ごしました。それからグラフィックデザインを勉強するためにパリに行き、そのままパリで仕事を始めましたが、今はプロヴァンスに戻って暮らしたい気持ちでいっぱいです。太陽や海、プロヴァンスの空気が懐かしくてたまらないのです。

プロヴァンスと言えば、タラスコンの怪物タラスクの伝説や糸杉、オリーブの木々、石灰質の岩山、丘に吹く風、そしてタイムの香りなどを思い出します。プロヴァンスの人々は気骨があって誇り高く、そして有能です。アール・ド・ヴィーヴル、つまり本物の生活がプロヴァンスでなら送ることができるのです。

[あなたの創作活動にプロヴァンスはどのような形で影響を与えていますか?]
まだ新人だった頃からプロヴァンスは私にとって大きな存在でした。私の母があの有名な「プロヴァンスの暦」に長い間イラストを描いていて、母のあとを次いでイラストを描いたのが私の最初の仕事だったのです。プロヴァンスのラベンダーやオリーブの木々を水彩で描くのが楽しかったです。

それから次第にプロヴァンスからは離れてしまいました。あれほど何回も描いたプロヴァンスを描くことができなくなってしまったのです。一種の飽和状態だったのでしょう。2年前にロクシタンのお仕事をいただいて、プロヴァンスを描く喜びを再び得ることができました。私にとって、これは非常に嬉しいことです。普段の出版の仕事とは違う種類のお仕事なので、ほっと息ができるような感じでしょうか。

[ロクシタンの「チェリー・ブラッサム」シリーズのデザインは何をイメージされたのでしょうか。]

「チェリーブロッサム」シリーズは、プロヴァンスと日本、という私が関心のある2つの世界をひとつにしたものです。この2つの世界をミックスし、パッケージに描いた女の子と桜の花を結びつけるためにかなり試行錯誤しましたし、ロクシタン側ともたくさんディスカッションをしました。

私が望んだのはみずみずしく、清らかな色使いです。心穏やかで静かな世界そして明るい世界を表現したいと思いました。普段から物語にイラストをつける仕事に慣れているので、ここでもストーリーを語ることにしました。桜の木の中で成長する女の子の冒険物語です。女の子は桜の花が咲くのを見たり、鳥たちと出会ったりしながら、夢のような世界の中で育っていくのです。

[桜の花は何を象徴しているのですか?]

桜の木は不思議なことにアーモンドの木にとても似ているのです。祖父母の住んでいた小さな谷に生えていたアーモンドの木です。ですから、これらの木々は私の幼かった日々を思い起こさせてくれる存在なのです。眠ったような黒い木の幹や何とも形容しがたい美しさがとりわけ印象に残っています。

ですので、これらの木々をイメージしながら絵を描くのは本当に楽しい作業でした。それに、この仕事を誇りに思ったのは私だけではありません。母が、ロクシタンのブティックに入ったとたんに、あなたのイラストがあるわよ、って私に電話をくれたんです。友達にプレゼントを買ったりする前にね。

www.charlottegastaut.blogspot.fr
シャルロット・ガストー: プロヴァンス出身イラストレーターの想像世界
シャルロット・ガストー: プロヴァンス出身イラストレーターの想像世界

プロヴァンス出身で夢のような世界を描くイラストレーター、シャルロット・ガストーの自画像

© Charlotte Gastaut
ロクシタンのフレグランス「チェリーブロッサム」
ロクシタンのフレグランス「チェリーブロッサム」
「チェリーブロッサム」シリーズのパッケージデザインにあたり、シャルロット・ガストーがイメージしたのはプロヴァンスと日本。
© Charlotte Gastaut for L’Occitane & Provence

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影