シェフ、マティアス・ベタンジェ氏に教わる 白トリュフのタリアテッレ

トリュフのシーズンの到来です。美味しいものにかけては妥協をしないグルメたちもトリュフなら大喜び。さまざまな楽しみ方が可能です。シャトー・デ・ザルピーユのレストランのシェフ、マティアス・ベタンジェさんに、トリュフパスタのオリジナルレシピを教わりました。「ホワイト・ゴールド」と崇められる白トリュフの風味が口の中いっぱいに広がる、南仏の彩り溢れた一品です。
Texts: サン・レミ・ド・プロヴァンスにあるレストラン「シャトー・デ・ザルピーユ」のシェフ、マティアス・ベタンジェのレシピ

【新鮮な卵を用いた手打ちタリアテッレのレシピ

[材料]

  • 小麦粉 300g
  • 卵(非常に新鮮なもの) 1コ
  • 卵黄 4コ分
  • オリーブオイル 30cc

[作り方]

    フードプロセッサーに小麦粉を入れ、卵、卵黄、オリーブオイルを加えます。
  1. 滑らかでしっかりした生地になるまで捏ねます。
  2. パスタマシンのローラーにかけて延ばし、タリアテッレとなるような幅でカットします。冷蔵庫で保存します。

【白トリュフのタリアテッレのレシピ】 4名分

 [材料]

  • フレッシュなトリュフ 50g
  • 手打ちタリアテッレ 300g
  • オリーブオイル 大さじ4杯
  • クリーム 30cc
  • 牛乳 20cc
  • バター 20g
  • マーシュの葉 50g

[作り方]

  1. 冷水の下でブラシをかけてトリュフを洗い、トリュフ用のスライサーで薄くカットします。オリーブオイルをかけ、少量の塩を加えます。
  2. お湯を沸騰させ、タリアテッレをアルデンテに茹でます。茹で上がったら、水を切っておきます。
  3. 浅い鍋に牛乳、クリーム、バターを入れて沸かし、トリュフ半量分を入れます。タリアテッレを加え、味付けします。マーシュの葉を入れ、混ぜます。
  4. パスタ用の深皿に盛りつけ、残りのトリュフを飾り付けます。熟成したパルメザンチーズをかけてお召し上がりください。

Château des Alpilles / シャトー・デ・ザルピーユ
Route du Rougadou
13210 Saint-Rémy-de-Provence
Tel : +33 (0)4 90 92 03 33
www.chateaudesalpilles.com 

Mathia シャトー・デ・ザルピーユのシェフ、マティアス・ベタンジェさん
Mathia シャトー・デ・ザルピーユのシェフ、マティアス・ベタンジェさん

南仏の彩り豊かな料理でゲストを喜ばせています。

Photo: José Nicolas
マティアス・ベタンジェさんによる白トリュフのタリアテッレのレシピ
マティアス・ベタンジェさんによる白トリュフのタリアテッレのレシピ

おいしいタリアテッレと共に味わうトリュフは絶品!

Photo: José Nicolas
シャトー・デ・ザルピーユは樹齢100年の木々が生い茂る庭園に囲まれた19世紀建造の瀟洒なホテル。
シャトー・デ・ザルピーユは樹齢100年の木々が生い茂る庭園に囲まれた19世紀建造の瀟洒なホテル。

レストランは気品と風格にあふれています。

Photo: José Nicolas

最新情報

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!