カルチャーウェブマガジン[FUBIZ]による注目ニュース 〜 クリスチャン・ラクロワによる「アルルの女性たち」へのオマージュ

アルルのシャリテ礼拝堂にて、ファッション・デザイナーのクリスチャン・ラクロワによるアルルの女性への視点と賛美をテーマにした特別展が開催されています。この特別展の開催は、ロクシタンの創設者、オリヴィエ・ボーサンの後援によるもの。彼はアルルの女性の美しさに焦点を当てたラクロワの作品に大変な感動を覚えています。
Texts: Donnia GHEZLANE-LALA ロクシタンのためにカルチャーウェッブマガジン[FUBIZ]に寄稿。

フランスを代表するファッション・デザイナーのクリスチャン・ラクロワはアルル出身。幼少時代の大半を過ごしたアルルの伝統を多くの人々と分かち合いたいと考えています。ラクロワが関心を寄せたのは人間と、アルルの女性たちの伝統衣装。ラクロワ家に仕舞い込んであった20世紀初頭の衣装に新たな意味を与えたのです。

「アルルの女性」は、見かけ以上に「アルルの女性」であることの意味が変容しました。「アルルの女性」はたとえ待ち続けても決して現れることのない女性。儚い空想上のような存在で、関わりを持つ事は叶いません。ラクロワの作品が目指したのはその狭間にあります。肉体と感情を同時に示す手法はあるのか、衣装に魂を与える表現方法はあるのか。著名な写真家カタリーナ・ジェブがこの企画に参加したことにより、その実現が可能となりました。彼女は独自に開発したスキャナー技術を使い、生身の肉体を実態を持たない次第に消え行く空虚な存在へと変容させた作品を制作しています。アルルの女性たちの民族衣装に影と痕跡が持つ掴みどころのない感触や虚構のイメージを足すことができるのは唯一彼女だけと思われたのです。

ラクロワにとって、アルルの女性たちの神話は、生まれや育ちに関わらず、全ての女性の顔に宿っているものです。そこから、美と近代性が生まれ、受け継がれて行くのです。

Katerina Jebb, Tilda Swinton, 2014
Katerina Jebb, Tilda Swinton, 2014
「Capture d’écran, 2010」
Avec l’aimable autorisation de l’artiste Katerina Jebb
クリスチャン・ラクロワによる「アルルの女性たち」へのオマージュ
クリスチャン・ラクロワによる「アルルの女性たち」へのオマージュ

ロクシタン後援のもと、アルルで開催されたクリスチャン・ラクロワの特別展

Photo: DR, François Xavier Emery
クリスチャン・ラクロワによる「アルルの女性たち」へのオマージュ
クリスチャン・ラクロワによる「アルルの女性たち」へのオマージュ

ロクシタン後援のもと、アルルで開催されたクリスチャン・ラクロワの特別展

Photo: DR, François Xavier Emery
クリスチャン・ラクロワによる「アルルの女性たち」へのオマージュ
クリスチャン・ラクロワによる「アルルの女性たち」へのオマージュ
クリスチャン・ラクロワの特別展の様子
Photo: DR, François Xavier Emery

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影