カマルグの象徴 ピンク・フラミンゴ

ここ数年、ピンク・フラミンゴたちに安住地として選ばれているのがアルル近郊サラン・ド・ジローにあるファンガシエ潟。ここはフランスで唯一フラミンゴ繁殖地として保護されている地域ですが、フラミンゴは脅威に晒されており、カマルグでフラミンゴが生息できるよう、さまざまな措置が取られています。
Par Angélique Jurquet

アルルの人々から篤く崇められている馬と同様、ピンク・フラミンゴは素晴らしい風景の広がるカマルグにおける象徴的な存在です。小さなエビやカニなどの甲殻類をエサにしていることから美しいピンク色をしているフラミンゴは1970年代よりサラン・ド・ジローにあるファンガシエ潟に生息するようになりました。干潟はフランスだけではなくヨーロッパにおいても重要なフラミンゴの繁殖地となり、1981年に制定された法令およびヨーロッパの野鳥の保護を目指す「野鳥ガイドライン」により保護の対象地区となりました。

しかし、そのような措置にも関わらず、ピンク・フラミンゴは危機に瀕しています。塩田のサラン・デュ・ミディから水を補給して保たれているファンガシエの生態系が、近年、近郊にある稲田で使用されている殺虫剤などにより変わりつつあるのです。ピンク・フラミンゴがこの土地に残ることができるよう、代替の区画を作るなどなどさまざまなプロジェクトが発動しています。野生の渡り鳥ピンク・フラミンゴのいないカマルグは、カマルグのあるべき姿とは言えないのですから。

アドレス
Étang de Fangassier
13129 Salin-de-Giraud
Informations auprès de l'Office du Tourisme d'Arles
Tél : 04.90.18.41.20

カマルグのピンク・フラミンゴ
カマルグのピンク・フラミンゴ
フランガシエ池がフラミンゴたちの棲み家に選ばれた
Photographie José Nicolas
カマルグのピンク・フラミンゴ
カマルグのピンク・フラミンゴ
渡り鳥
Photographie José Nicolas
カマルグのピンク・フラミンゴ
カマルグのピンク・フラミンゴ
美しい色が水面に反映するフラミンゴ
Photographie José Nicolas

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影