オート・プロヴァンスで会いましょう

サラゴン博物館&庭園があるのはアルプ・デ・オート・プロヴァンス地方の中心、フォルカルキエ村近くにあるマーヌ。史跡に指定されている修道院と6ヘクタールの庭園があり、「Musée de France (フランスの美術館・博物館)」および「Jardin remarquable (傑出した素晴らしい庭園)」の二つの組織から認定を受けています。これは訪れないわけにはいきません!
Par Aude Ravel

サラゴン博物館&庭園の敷地は5つの庭園から構成されており、2500種類以上の樹木や草花が庭園を彩っています。博物館に現在展示されているものはピエール・マルテル氏のコレクション。アルプ・デ・オート・プロヴァンスの郷土の歴史をたどることのできる品々で、1970年、この地方における伝統的な農家の暮らしぶりが失われつつあるとき、氏は地方の歴史をたどることのできる品々を蒐集することを決意したのです。以来、何年もかけて蒐集された写真、絵ハガキ、ビデオそのほかさまざまな記録を通して、誰でもこの地方の歴史に触れることができるようになりました。

サラゴンでは、ローマ時代にさかのぼる歴史を感じることのできる修道院、バラから香草のセージまで様々な植物を楽しむことのできる庭園、そして雄大なオート・プロヴァンス地方の景色、と3つの違った楽しみ方があります。これらのアクティビティーはいずれも、みんなで和気あいあいと歴史を学べるお勧めの非常に良い方法です。

博物館には4つの常設展示があります。ラヴェンダー展、ルールマランの鍛冶職人展、エックス地方最後の樽職人ルイ・ムージャン展そして歴史を学べるサラゴン展。特別展示も随時開催されます。博物館で文化にどっぷり浸かった後は香り豊かな庭園の散策を楽しんでください。プロヴァンスの生活や祖先の文化を紹介し、その価値を現在に残そうとしているサラゴン博物館は史跡にも指定されています。訪れずにはいられない県立民族博物館です。
アドレス
Prieuré de Salagon à Mane-en-Provence
musee-de-salagon.com
サラゴン博物館
サラゴン博物館
ラベンダーの蒸留器の展示
Photographie Musée de Salagon