エクス・アン・プロヴァンスでロマンティックなひとときを

バレンタインデーに二人でどこかに出かけたくありませんか?エクス・アン・プロヴァンスは芸術と文化に溢れた街。カップルでロマンティックなひとときを過ごすのに理想的な場所と言えるでしょう。絵のように美しい町並み、にぎわいを見せるレストラン、居心地のよいホテル・・・感動に満ちた週末を過ごすためのお膳立てはすべて揃っています!
By Mélissa Darré

魅力あふれる市内を散策

豊かな歴史ある街、エクス・アン・プロヴァンスは、時代を超えた独特の魅力を放っています。くねくねとした小道を行けば、にぎやかな広場や美しい細工の施された噴水が目に飛び込んでくることでしょう。有名なミラボー通りは必ず訪れたい場所のひとつ。古くはプロヴァンス公国の首都であったエクス・アン・プロヴァンスを活気づけている、木陰涼やかなミラボー通りを、手をつなぎ合い、散策しましょう。

次に向かいたいのは、アルベルタス広場からマザラン地区にかけて広がる旧市街。テラスで一休みして、行き交う地元の人々を眺めるのも楽しいもの。バロック様式の建築物にも驚嘆させられるに違いありません。古い邸宅を使ったコーモン・アート・センターや緑が美しい庭園のあるパヴィヨン・ド・ヴァンドームで親密なひとときを過ごすのも恋人へのサプライズとなるはず。何か告白があるかもしれません。

Flânez au cœur d’une ville de charme
© Fotolia - Seb Hovaguimian

銘菓カリソンの都でスイーツを満喫

エクス・アン・プロヴァンスでは、毎日新たな感覚が目覚めることでしょう。地元の特産品、季節の野菜やフルーツ、伝統的な布地……色鮮やかな店が賑わいを見せるマルシェを訪れれば、プロヴァンスのさまざまな味わいを二人で楽しむことができるでしょう。土曜の朝なら、花市場はいかが。時計台のある市庁舎前広場が酔いしれるような香りに包まれます。

美味しいものが好きだったら、エクス・アン・プロヴァンスの誇る銘菓カリソンを食べずに帰ってしまってはいけません。菓子店コフィズリー・デュ・ロワ・ルネの扉を開けて、フルーツ・コンフィとアーモンドを使った菱形のお菓子をぜひカップルで味わってください。わずかな苦みが甘みを際立たせているカリソンは、ロマンティックこの上ないエクス・アン・プロヴァンスでの忘れがたい思い出のひとつとなるはず。

Savourez les délices de la capitale du calisson
© Fotolia - Maurisole

セザンヌの軌跡を訪ねて散策

エクス・アン・プロヴァンスの周辺には、二人で散策を楽しみたい場所がたくさんあります。街の喧噪を離れたサント・ヴィクトワール山もそのひとつ。ヴァール県とブーシュ・デュ・ローヌ県をつなぐ標高1000メートルの険しい山容は、セザンヌの絵画の中で輝きを放っています。

ビベミュスの石切り場やジャ・ド・ブーファン地区にあるセザンヌのアトリエへと、セザンヌゆかりの地めぐりを続けましょう。アトリエには今でもセザンヌの創作の源となったさまざまなものが残されています。プロヴァンスで最も美しい街のひとつ、エクス・アン・プロヴァンスへの二人の旅を締めくくるのにふさわしい場所となるはずです。

Goûtez une escapade sur les traces de Cézanne
© Fotolia - Absoludesigner

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!