アルル在住のファブリッククリエイター、クリスティーヌ・ミルラン

16歳の時からテキスタイルに夢中のクリスティーヌ・ミルランさん。現在はアルルにアトリエを構え、海外の傷んだ古布を蘇らせる仕事をしています。エスニックなアクセントのあるクリスティーヌさんの世界に触れてみませんか。
Texts: Justine Fiordelli

20年以上写真のスタイリストとして活躍してきたクリスティーヌ・ミルランさんが生まれ育ったのはカサブランカ。16歳の時にフランスへの帰国を決意し、テキスタイルを学ぶべく、アルザス地方のミュールーズにある美術学校へ入学しました。そこで3年間受けた専門教育のテーマは「テキスタイルとアート」。クリスティーヌさんのテキスタイルと「ものつくり」への愛は、この学校時代に教え込まれたものです。現在は、アルルの中心街に2010年に開いたアトリエのオーナーで、自身の仕事を「傷んだ古布の命を蘇らせる」天職であると言い、布の修復に勤しんでいます。

コラージュ、パール付け、刺繍…。クリスティーヌさんは、さまざまな手法を使って作品に命を吹き込み、ルーベとアルルで展示会も行いました。創作のインスピレーションの源となるのは「古い布、エスニックな布、そして、外国の布」だそう。そのような布をモチーフに彼女の自身の世界を造り上げ、ポシェットや刺繍の入ったバッグ、アクセサリー、そしてクッションなどを生み出しています。素晴らしい作品をアルルのアトリエでご覧になってみてください。

ぜひ訪れたいスポット

Atelier Christine Millerin / クリスティーヌ・ミルランのアトリエ

7, rue de la Liberté
13200 Arles
Tél : 06 70 76 80 16
www.christinemillerin.free.fr
アルル在住のファブリッククリエイター、クリスティーヌ・ミルラン
アルル在住のファブリッククリエイター、クリスティーヌ・ミルラン

古い布、エスニックな布、そして、外国の布―彼女の創作のインスピレーションの源。

Photo: DR, Christine Millerin
アルル在住のファブリッククリエイター、クリスティーヌ・ミルラン
アルル在住のファブリッククリエイター、クリスティーヌ・ミルラン

エスニックなアクセントのあるクリスティーヌさんの世界

Photo: DR, Christine Millerin

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影