アルル写真国際フェスティバル 「パレード」の始まり!

大事なイベントのお知らせです!7月7日から9月21日まで、第45回アルル写真フェスティバルが開催されます。是非とも訪れたいアートフェスティバルをご紹介しましょう。
Texts: Justine Fiordelli

今年、第45回を迎えるアルル国際写真フェスティバル。ディレクターのフランソワ・エベルにとっては特別な年となるでしょう。13年に渡って献身的で誠実にディレクターの役目を果たしたエベル氏はディレクターの職に終止符を打ち、スイスのローザンヌにあるエリゼ写真美術館の館長サム・ストルゼに後任を譲ることになったからです。「パレード」と銘打たれた2014年のフェスティバルでは世界的な名声を誇る高名な写真家から新進気鋭の若手作家までが写真展を開催し、多くの嬉しい新発見が待ち受けていそうです。

今年も例年通り、アルルの市内の複数ある会場で50近い写真展が開催されます。80歳を迎えるリュシアン・クレルグの「男と女」をテーマにした写真展や、フレール・デ・ペシュール教会にて開催されるレイモン・ドゥパルドンがフランス全国で撮影した第一次世界大戦の戦没者記念碑の写真展など、粒ぞろいのラインナップ。さらに、楽しみにして待ちたい著名なアーティストとしては、アルル出身のファッションデザイナー、クリスチャン・ラクロワがあげられます。ラクロワは2008年にフェスティバルのゲストキュレーターを務めましたが、今年はジュール・セザール館にある礼拝堂を会場に、アルルの女性たちにオマージュを捧げる画期的な写真展を企画しています。ロクシタンはこの写真展を協賛しています。

若い才能を発掘する試みとしては、「スウィンギング・ロンドン」を撮ったイギリスの写真家デビッド・ベイリーを初めて招待。同じく、ポストカードと写真の断片を使って肖像写真を再現する才能あふれるブラジルのアーティスト、ヴィック・ムニーズも初めて写真展を開催します。ドニ・ルーヴルや、モンマジュール修道院で展覧会が開催されるヴァンサン・ペレーズも注目したい才能溢れる写真家です。

Rencontres d'Arles 2014

アルル写真フェスティバル2014

2014年7月7日から9月21日まで開催!

www.rencontres-arles.com
アルル写真国際フェスティバル2014
アルル写真国際フェスティバル2014
「Bain de soleil, série Album」 by Vik Muniz, 2014
Photo: DR, Rencontres d'Arles
アルル写真フェスティバル2014
アルル写真フェスティバル2014
「Mick Jagger」 by David Bailey, 1964
Photo: DR, Rencontres d'Arles
アルル写真フェスティバル2014
アルル写真フェスティバル2014
「La gardienne du Muséon Arlaten, Arles」 by Lucien Clergue, 1988
Photo: DR, Rencontres d'Arles

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影