どこまでもうっとりと甘美な プロヴァンスのハチミツ

長い冬に私たちを元気づけてくれるハチミツ。そのハチミツへの愛を語ってくれたのは、ヴァシェール村近くにある集落アモー・ド・ピショヴェで養蜂業を営んでいるロランス・ロッシュさん。 秘蔵のパン・デミスのレシピも教えてくれました。 ああ、春が待ち遠しい!
Par Caroline Taret

ヴァシェール村近くのアモー・ド・ピショヴェで愛情を持ってミツバチたちと接しているのはまだ年若い養蜂家のロランス・ロッシュさん。150以上 もの巣箱を持っており、冬の間は、夏に採取したラベンダーや栗のハチミツを加工する作業に勤しんでいます。ヴァシェール村から数キロ先、ゆっくりとした田 舎の雰囲気いっぱいのペンションでロッシュさんが私たちに語ってくれたのはミツバチとハチミツへの熱い思い。美しい自然やハチミツが与えてくれる恵みな ど、シンプルなことの大切さを私たちに思い出させてくれた貴重なひとときでした。

冬の間、ロッシュさんがハチミツを使って作るのはプロヴァンスの郷土食品。例えば、ヴァランソル高原から直送されるアーモンドを使ったホワイトヌ ガーやブラックヌガーなどは食べたこともないほどの美味しさ。あるいは自家製カリソン。ロッシュさんが可愛らしくカリスネと名づけたカリソンは、この静か な隠れ家からほど近いアプト村のメロンを使ったフルーツ・コンフィ入り。ロッシュさんはさらにパン菓子のパン・デピスの作り方も教えてくれました。編集部 でいただきましたが、美味しさは折り紙つき!

ルシヨン

オークルの山々に囲まれ、オレンジ色に見えるルシヨンの村はまるで絵ハガキのようなプロヴァンスの村。ブリュウー鉱山やオークル博物館などを見学して、オークルの世界をのぞこう。

最新情報

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

プロヴァンスでもっとも素敵なルーフトップ

夏を満喫するのに理想的なのがルーフトップ。屋上テラスは1日のうち、いつ訪れてもくつろぐことができます。ロクシタンがプロヴァンスでおすすめのスポットをセレクト。これで元気に夏休み明けを迎えることができるはず。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!