この夏試したい、美味しいブランチ

何も予定のない静かな夏の日曜日の朝は、美味しいものを食べてのんびりと過ごしたいもの。この特別なひとときにふさわしい、ロクシタン厳選のレストランを3軒ご紹介します。プロヴァンスの明るい太陽のもと、心も軽く、ブランチを楽しみましょう!
Texts: Mélissa Darré

マルセイユの高台にある「Rowing Club / ローウィング・クラブ」

海を眺めながら、時間など気にせずゆっくりとランチを楽しみませんか。「ローウィング・クラブ」はマルセイユのグルメに人気の店。ルーフテラスからの旧港の眺めは素晴らしいの一言に尽き、海の雰囲気がいっぱいです。オーナーのジルベール・ビトンさんは、このオープンエアーのテラスを、色彩溢れるおしゃれな空間でありながら、親しみやすく居心地の良いスペースに創りあげました。平日はシェフのクリスチャン・エルンストさんが作る地中海料理にマルセイユっ子たちは舌鼓を打ち、日曜日は食べ放題のブランチを楽しみにやってくる常連客でテラスが賑わいます。タルトにさまざまな串焼き料理、パンケーキやワッフル、デザートのパイ、新鮮な野菜料理が並び、その様子はまるでプロヴァンス地方に伝わる踊り、ファランドールを踊っているかのよう!

マルセイユの高台にある「Rowing Club / ローウィング・クラブ」
© Rowing Club

 食べ放題コース:€29.00

www.rowing-clubrestaurant.com

エクス・アン・プロヴァンスの「Le Pain Quotidien / ル・パン・コティディアン」で原点に戻る

有名なミラボー広場に程近いリシェルム広場に面した「ル・パン・コティディアン」。オーガニックなパン、野菜中心の料理が好きな人なら必ず訪れたいベーカリーレストランです。1990年にアラン・クーモンによって立ち上げられたインテリアの美しい店で、伝統的でありつつ、モダンなタッチも随所に感じることのできる空間が広がっています。素敵な食器に木製のテーブル、と家庭的な雰囲気の中で楽しめるのはまるで子供時代に戻ったかのような懐かしい味。毎週日曜日の一番人気メニューはホームメイドのジャムを塗ったオーガニックなパン、半熟卵、ハムやソーセージ、フレッシュジュースの、シンプルだけど元気が出るブランチセットで、栄養バランスの取れた健康に良い食事をとることに気を使う人に向けて、野菜のみを使った100%ベジタリアンメニューも用意されています。

Retour à l’essentiel chez Le Pain Quotidien à Aix-en-Provence
© Le Pain Quotidien

セットメニューは3種類:€22.50 ~ €26.50

www.lepainquotidien.fr

ニースの「Emilie’s Cookies / エミリーズ・クッキー」は50年代のアメリカの雰囲気いっぱい

ニースの旧市街にいるのに、そこはまるで大西洋の向こう側のアメリカ。「エミリーズ・クッキー」は1950年代のアメリカをコンセプトにしたコーヒーショップです。香り豊かなチーズケーキ、柔らかなマフィン、チョコレートチップ入りのクッキー、フレッシュなスムージー、フルーツミルクシェイクなど、アメリカならではの美味しい味を、ソファーに囲まれた可愛らしいテーブル席や、陽気なスタッフのいるカウンター席で楽しみましょう。この店の魅力には誰もが一目で虜になってしまうはず。毎日作られる自家製ケーキにも目が離せません。

「Emilie’s Cookies / エミリーズ・クッキー」は50年代のアメリカの雰囲気いっぱい!
© Emilie’s Cookies

セットメニュー:€11.00〜€16.00

www.emiliescookies.com

最新情報

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

ルーツの味を探る 〜 完璧なプロヴァンススタイルのアペリティフ

プロヴァンスの香りいっぱいのアペリティフを楽しみながら、夏の長い夜を過ごすことほどステキなことはありません。ロクシタンからプロヴァンスならではのアペリティフをご紹介します。手で簡単にいただけるおつまみを、親しい友人や家族と一緒にどうぞ。
8月のフォト

8月のフォト

18時38分、マントンにて撮影
プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

プロヴァンスで暮らすカナダ生まれのアシュレイ・ティンカーさん

モントリオール出身のアシュレイ・ティンカーさん。今はパートナーのロビンさんとアルピーユ山脈で暮らしています。グルメで好奇心いっぱいのティンカーさんが綴るブログ「キュリアス・プロヴァンス」にはプロヴァンスで感動したこと、美味しいお店情報、特産品情報などが満載。彼女ならではの視点をロクシタンの読者にもシェアしてくれました。 From Provence with love、さあ、みなさんもどうぞ!