足元からポカポカに
「足湯」でリラックスタイムを

寒い冬の夜には、お風呂に入って体をじんわりと温めるのが理想ですが、忙しかったり疲れていたりすると、どうしてもお風呂を沸かすのが面倒になってしまうこともあります。
しかし、体を温めないと全身に寒気を感じたり、ベッドに入ってもなかなか寝付けないということもあるでしょう。
そこでおすすめなのが、少量のお湯と洗面器さえ用意すればできてしまう「足湯」です。
足を温めるだけなのでとても手軽にできるのに、終わったあとは体の内側から温まっているように全身がポカポカに。
冬の夜には足湯を取り入れて、明日の活力と美しさにつなげていきましょう。

リラックス効果にデトックスまで…… 嬉しい効果たくさんの「足湯」を取り入れて

体を温めてくれることはもちろん、リラックス効果やデトックス効果、血行促進効果などさまざまな嬉しい働きをしてくれる足湯。
女性が持つたくさんの悩みを解決に導いてくれる強い味方です。
寒い冬にこそ取り入れるべき足湯の効果やその効果をアップさせる方法、足湯後のフットケアなどについてご紹介いたします。

足湯にはどんな効果がある?


体を温めるためには、湯船に全身を沈めることが必要だと思いがちですが、実は足湯だけでも十分に体全体を温めることができます。

また、足湯を行うことで血行が促されるため、老廃物や余分な水分が流されむくみ解消も期待ができます。女性の中でとくに大きな悩みとなるのが体のむくみ。とくに寒い時期には足がパンパンにむくんでしまうことにお困りの方も多いでしょう。美しくしなやかな足を目指すためには、その日のむくみはその日のうちに解消することが大切。夜の足湯は、美しさを作り出すカギとなるのです。

また、足湯によって血行が促進されることで、冷え症改善の効果がのぞめます。冷え症が緩和されていくと体の基礎代謝がアップするので、ダイエット効果までをも高めることができます。

足湯にはどんな効果がある?

用意するもの&効果アップ方法


足湯はとても手軽にできるのが魅力の1つ。用意するものは、お湯と足がすっぽりと入る大きさの洗面器さえあればOKです。お風呂場でなくリビングなどのお部屋の中で行うときには、床が濡れないようにビニールシートやタオルを用意しておくと安心です。

また、洗面器に入れたお湯はすぐに冷めてしまうという点があるので、つぎ足し用のお湯をポットなどに入れておくと便利です。あわせてお湯の温度を測る温度計などもあると、適切な温度で足湯を楽しむことができます。

さらに、足湯の効果をアップさせるためには、入浴剤を使用するのがおすすめです。発汗作用のあるバスソルトなどをお湯に入れれば、さらにむくみや冷え対策の効果が期待できます。

用意するもの&効果アップ方法

足湯の入り方


1. 洗面器(バケツなどでもOK)に40~42℃程度のお湯をはる。

2. 入浴剤やバスソルトを入れる。

3. 洗面器の後ろにイスを置き、腰をかけて両足をお湯の中に入れる。

4. 約15~20分間を目安に浸かり、その間に冷めてきたら50℃程度の熱めのお湯を足す。

5. タオルで足をふき、乾燥対策として保湿ケアを行う。

6. 靴下などを履いて冷やさないようにする。


※足湯に浸かっているときに洗面器の上にバスタオルなどをかぶせておくと、保温効果がアップします。

足湯の入り方

足湯後には保湿ケア&マッサージがマスト


お風呂あがりにボディクリームやオイルで保湿ケアを行うように、足湯後にもフットクリームなどを使用した保湿ケアがマストです。温まった足元をマッサージするようにクリームを塗っていけば、さらに血行促進効果も期待ができます。

初めは優しい力加減で指圧をし、だんだんと力を入れていきます。足裏全体をまんべんなくマッサージしたら、指の付け根や側面なども優しく揉んでいきましょう。足裏から足首、ふくらはぎと下から上へマッサージしていくのがおすすめです。

足湯後には保湿ケア&マッサージがマスト

ロクシタンの製品を取り入れて足湯タイムをランクアップ


足湯のお湯に入れる入浴料には、ロクシタンの「リラクシング バスソルト」がおすすめです。ミネラルがたっぷりと含まれたカマルグ産の塩と、心が安らぐアロマの香りでさらなるリラックス感を味わうことができます。

また、足湯後の保湿ケアにぴったりなのが「シア フットクリーム」。ラベンダーの香りがふわっと広がる濃厚なクリームは、お肌にうるおいを与えてくれます。マッサージをしながら癒しの贅沢時間を堪能しましょう。

> バス&ボディ製品一覧を見る
ロクシタンの製品を取り入れて足湯タイムをランクアップ

ダメージヘア卒業!カラーリングヘアを守るケア術

髪の色は、髪型とともに、その人の雰囲気を左右する大切な要素。シーズンに合わせて明るいカラーにしたり、気分転換にダークカラーにしたり。トレンドに敏感な人は、男女問わずファッションの一部としてヘアカラーまでトータルで考えているはず。
サロン以外でも、気軽にカラーリングはできるので、つい楽しんでしまいがちなヘアカラーですが、髪へのダメージはそのたびに蓄積しています。
せっかくカラーリングでイメージチェンジをしてみても、痛んだ髪の状態では魅力は半減してしまいます。
美しい髪を守るためにも、自宅でできる日頃のヘアケアはとても大切です。カラーリング後のヘアケアが必要な理由と方法について学んでいきましょう。
続きを読む

トラブルになる前に!
Tゾーンの角質ケアを

Tゾーンは皮脂の分泌が多く、テカリや毛穴の開きが起きやすい部分です。
ここに角質が蓄積されてしまうと、毛穴詰まりや角栓の原因になってニキビや黒ずみができてしまうこともあります。
額や鼻は顔の中でも目立ちやすい部分です。いくら綺麗にファンデーションを塗ってメイクをしても、Tゾーンの毛穴が目立っていたりトラブルがあると、お手入れ不足な印象になってしまいます。
日々のスキンケアに角質のケアを取り入れ、透明感がありキメ細やかで陶器のような素肌を目指しましょう。
続きを読む

恋の予感を香らせて。
デート必勝の香水テクニック

新たな出会いの季節「春」。
新たな環境では、自然と恋のはじまりの予感も…。
そんな新しい恋の季節ともいえる春は、心機一転のオシャレが必須です。
メイクやファッションの目に見える部分はもちろんのこと、「香水」を取り入れて素敵な香りを纏うことで、あなたの存在感をより印象づけられるかもしれません。
普段使いやデート時にもおすすめの、恋を成就させる香水テクニックをご紹介いたします。
続きを読む