プロヴァンス料理に学ぶ
料理から得る美しさを

ラベンダー畑や石造りの家などが建ち並ぶ南フランスのプロヴァンス地方での生活は、自然とのつながりが欠かせません。プロヴァンスに生きる人々の毎日の生活の中には、自然との関係が当たり前のように存在しているのです。そこで今回は、生活の基本である「食」に注目をして、プロヴァンスに伝わる伝統の料理についてご紹介いたします。
フランスで最も美しいとも称賛されるプロヴァンス地方の料理には、一体どんなこだわりや秘密が隠されているのでしょうか。
南フランスの自然が織りなすプロヴァンスならではの料理について詳しく見ていきましょう。

南仏プロヴァンス地方の料理から美しさのヒントを

フランスの南部に位置するプロヴァンスでは、都会の喧騒とは全く異なる田舎ならではののどかな光景が広がっています。
プロヴァンスに溢れる美しい自然は、たっぷりと降り注ぐ太陽の日差しや汚れを知らないキレイな空気など、その環境の良さが作りだした賜物なのです。
そんな最高の環境で育った植物や野菜などは、プロヴァンス料理に欠かせない素材となり、プロヴァンスの人々の健康と美しさを引き出すカギとなるものです。
美味しさはもちろん、目にも鮮やかなプロヴァンス料理の魅力をお伝えしたします。

海や山から採れる自然の食材を活かしたプロヴァンス料理


美し過ぎる地中海から採れる海の幸と、自然の恵みを受けて育った野菜がふんだんに使われているプロヴァンス料理。海産物では、ベニマスやカサゴ、アンコウ、イカ、ハマグリなどがよく使用されています。

また、料理の色取りや栄養摂取に欠かせない野菜でよく使われるのが、ニンニクとトマト。サンサンと降り注ぐ太陽の光の下で育ったプロヴァンスのトマトはほどよい酸味が口いっぱいに広がり、旨味がギュッと凝縮されているのが特徴です。

ニンニクとトマト以外には、タマネギやナスなどの日本でも親しみのある野菜に加えて、タンポポの葉などが使用されることもあります。

魚介や野菜以外には、ラム肉やチーズも欠かせない食材で、ラム肉はシチューで煮込んだり、パイに包んだりしてよく食べられています。チーズは香りが高く、刺激的な味わいのものが好まれ、ヤギの乳を使って作られたものが有名です。

海や山から採れる自然の食材を活かしたプロヴァンス料理

プロヴァンスとハーブのつながりを料理から感じて


プロヴァンス料理を語るときに絶対に外すことができないのが「ハーブ」の存在。

バジルやカモミール、タイム、ミント、ローリエなどの日本でも馴染みがあるものはもちろん、アニスやタラゴン、フェンネル、マジョラムなどのたくさんの種類が昔からよく使われてきました。日本ではアロマなどでよく使われているラベンダーなども、プロヴァンスでは料理に使用するハーブとして扱われています。

肉料理にも魚料理にも活躍するハーブですが、プロヴァンスではリキュール作りなどにも使用され、日常に欠かせない植物となっているのです。

また、ハーブは風邪予防や血行促進、デトックス効果など、美容や健康にも嬉しい効果をもたらしてくれます。プロヴァンスの女性は昔からハーブを調合してオリジナルブレンドを作り、毎日の美容や健康維持に役立ててきたのです。プロヴァンスがもたらす自然の恵みは、料理を通じて、美しい体や肌作りに活躍しています。


プロヴァンスとハーブのつながりを料理から感じて

プロヴァンス料理で最高のおもてなしを


色合い鮮やかで、健康にも良いプロヴァンス料理はおもてなし料理にも最適です。

プロヴァンスの郷土料理であるラタトゥイユやブイヤベースは、日本人の舌にもよく合い、親しみのあるメニュー。じっくりとコトコト煮込んだ料理は、作り手の愛情が感じられます。

また、牛肉と野菜、ハーブを煮込んだドゥーヴはプロヴァンスで昔から愛されている家庭料理の1つ。風味づけに加えられたニンニクが食欲をそそる一品です。

プロヴァンス料理を学ぶことは、素材へのこだわりや効能を知るキッカケにもなり、内面的にも外面的にも美しさに磨きをかけることができます。


プロヴァンス料理で最高のおもてなしを

料理後のハンドケアで手肌のきらめきをキープして


毎日の健康と美容をキープするためには、日々の食事が大切なポイントになります。

プロヴァンス料理は日本でも揃えることのできる食材が多いのも魅力の1つ。ぜひ、プロヴァンス料理に挑戦してみてはいかがでしょう。

しかし、料理後にどうしても気になるのが、冷たい水や洗剤による手荒れ。おいしい料理を作りだす手がカサカサでは悲しいものです。

水仕事のあとはしっかりと手の水分を拭き取り、ハンドクリームで優しく保湿をしてあげましょう。ロクシタンの「シア ハンドクリーム」は、シアバター成分が手肌にしっとりとした潤いを与えてくれます。こまめにハンドケアを行って、手荒れを予防していきましょう。

> ハンドケア製品一覧を見る
料理後のハンドケアで手肌のきらめきをキープして

つらい冬のかゆみ肌に。
乾燥から肌を守る保湿方法

年が明けて、いよいよ冬本番のシーズンとなりました。厳しい寒さや乾燥がより一層気になる冬真っ只中のこの季節は、お肌の乾燥によるかゆみも起こりやすいもの。
これを防ぐためには、日々のホームケアで冬の環境にお疲れ気味のお肌を労わってあげることが大切です。毎日のバスタイムにうるおいチャージやボディケアを取り入れて、つらい乾燥やかゆみをケアしていきましょう。
今回は、冬にお肌にかゆみが出てしまう原因と、そのケア方法についてご紹介いたします。
続きを読む

足元からポカポカに
「足湯」でリラックスタイムを

寒い冬の夜には、お風呂に入って体をじんわりと温めるのが理想ですが、忙しかったり疲れていたりすると、どうしてもお風呂を沸かすのが面倒になってしまうこともあります。
しかし、体を温めないと全身に寒気を感じたり、ベッドに入ってもなかなか寝付けないということもあるでしょう。
そこでおすすめなのが、少量のお湯と洗面器さえ用意すればできてしまう「足湯」です。
足を温めるだけなのでとても手軽にできるのに、終わったあとは体の内側から温まっているように全身がポカポカに。
冬の夜には足湯を取り入れて、明日の活力と美しさにつなげていきましょう。
続きを読む

美しい手をキープするための
ハンドケア方法

洗い物をしたり、料理をしたりと水に触れる機会の多い「手」は、荒れやすく、老化などの影響が真っ先に出るといわれています。
水以外にも「冷たい空気」「洗剤」「紫外線」といった外部からの刺激は多いのです。それにもかかわらず、顔のケアは念入り行うのに対して、手のケアを怠ってしまう方は意外と多いもの。「“手”は口ほどに物を言う」という言葉がありますが、手元のケアをしていると、さらに行き届いている印象になります。
いつまでも美しい手をキープしたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
続きを読む