プロヴァンス料理に学ぶ
料理から得る美しさを

ラベンダー畑や石造りの家などが建ち並ぶ南フランスのプロヴァンス地方での生活は、自然とのつながりが欠かせません。プロヴァンスに生きる人々の毎日の生活の中には、自然との関係が当たり前のように存在しているのです。そこで今回は、生活の基本である「食」に注目をして、プロヴァンスに伝わる伝統の料理についてご紹介いたします。
フランスで最も美しいとも称賛されるプロヴァンス地方の料理には、一体どんなこだわりや秘密が隠されているのでしょうか。
南フランスの自然が織りなすプロヴァンスならではの料理について詳しく見ていきましょう。

南仏プロヴァンス地方の料理から美しさのヒントを

フランスの南部に位置するプロヴァンスでは、都会の喧騒とは全く異なる田舎ならではののどかな光景が広がっています。
プロヴァンスに溢れる美しい自然は、たっぷりと降り注ぐ太陽の日差しや汚れを知らないキレイな空気など、その環境の良さが作りだした賜物なのです。
そんな最高の環境で育った植物や野菜などは、プロヴァンス料理に欠かせない素材となり、プロヴァンスの人々の健康と美しさを引き出すカギとなるものです。
美味しさはもちろん、目にも鮮やかなプロヴァンス料理の魅力をお伝えしたします。

海や山から採れる自然の食材を活かしたプロヴァンス料理


美し過ぎる地中海から採れる海の幸と、自然の恵みを受けて育った野菜がふんだんに使われているプロヴァンス料理。海産物では、ベニマスやカサゴ、アンコウ、イカ、ハマグリなどがよく使用されています。

また、料理の色取りや栄養摂取に欠かせない野菜でよく使われるのが、ニンニクとトマト。サンサンと降り注ぐ太陽の光の下で育ったプロヴァンスのトマトはほどよい酸味が口いっぱいに広がり、旨味がギュッと凝縮されているのが特徴です。

ニンニクとトマト以外には、タマネギやナスなどの日本でも親しみのある野菜に加えて、タンポポの葉などが使用されることもあります。

魚介や野菜以外には、ラム肉やチーズも欠かせない食材で、ラム肉はシチューで煮込んだり、パイに包んだりしてよく食べられています。チーズは香りが高く、刺激的な味わいのものが好まれ、ヤギの乳を使って作られたものが有名です。

海や山から採れる自然の食材を活かしたプロヴァンス料理

プロヴァンスとハーブのつながりを料理から感じて


プロヴァンス料理を語るときに絶対に外すことができないのが「ハーブ」の存在。

バジルやカモミール、タイム、ミント、ローリエなどの日本でも馴染みがあるものはもちろん、アニスやタラゴン、フェンネル、マジョラムなどのたくさんの種類が昔からよく使われてきました。日本ではアロマなどでよく使われているラベンダーなども、プロヴァンスでは料理に使用するハーブとして扱われています。

肉料理にも魚料理にも活躍するハーブですが、プロヴァンスではリキュール作りなどにも使用され、日常に欠かせない植物となっているのです。

また、ハーブは風邪予防や血行促進、デトックス効果など、美容や健康にも嬉しい効果をもたらしてくれます。プロヴァンスの女性は昔からハーブを調合してオリジナルブレンドを作り、毎日の美容や健康維持に役立ててきたのです。プロヴァンスがもたらす自然の恵みは、料理を通じて、美しい体や肌作りに活躍しています。


プロヴァンスとハーブのつながりを料理から感じて

プロヴァンス料理で最高のおもてなしを


色合い鮮やかで、健康にも良いプロヴァンス料理はおもてなし料理にも最適です。

プロヴァンスの郷土料理であるラタトゥイユやブイヤベースは、日本人の舌にもよく合い、親しみのあるメニュー。じっくりとコトコト煮込んだ料理は、作り手の愛情が感じられます。

また、牛肉と野菜、ハーブを煮込んだドゥーヴはプロヴァンスで昔から愛されている家庭料理の1つ。風味づけに加えられたニンニクが食欲をそそる一品です。

プロヴァンス料理を学ぶことは、素材へのこだわりや効能を知るキッカケにもなり、内面的にも外面的にも美しさに磨きをかけることができます。


プロヴァンス料理で最高のおもてなしを

料理後のハンドケアで手肌のきらめきをキープして


毎日の健康と美容をキープするためには、日々の食事が大切なポイントになります。

プロヴァンス料理は日本でも揃えることのできる食材が多いのも魅力の1つ。ぜひ、プロヴァンス料理に挑戦してみてはいかがでしょう。

しかし、料理後にどうしても気になるのが、冷たい水や洗剤による手荒れ。おいしい料理を作りだす手がカサカサでは悲しいものです。

水仕事のあとはしっかりと手の水分を拭き取り、ハンドクリームで優しく保湿をしてあげましょう。ロクシタンの「シア ハンドクリーム」は、シアバター成分が手肌にしっとりとした潤いを与えてくれます。こまめにハンドケアを行って、手荒れを予防していきましょう。

> ハンドケア製品一覧を見る
料理後のハンドケアで手肌のきらめきをキープして

固形石鹸が凄い!
しつこい背中ニキビを防ぐ方法

背中に触れたときや鏡に後姿が映ったとき、ふと背中ニキビに気が付くことがあります。洋服を着ていればあまり目立つことのない背中ですが、夏は水着や背中があいた服を着る機会が多い季節。 背中ニキビがある状態では、夏のオシャレを存分に楽しめません。
夏へ向けて、美しい背中を手に入れるためのボディケアを学んでいきましょう。
続きを読む

夏前にチェック!
ガサガサかかとをケアする方法

目に入るたびに気になってはいても、つい見て見ぬふりをしてしまうのが、かかとのケア。
ガサガサ状態のかかとを靴下やストッキングでカバーして、どうにかやり過ごしているという方も多いでしょう。
しかし、これからやってくる夏の季節は素足になる機会も増えるもの。夏らしいオシャレな服に身を包み、素敵なサンダルやミュールで決めても、ガサガサかかとに気づかれてしまったら、ちょっと残念な印象に。
夏のオシャレを存分に楽しみ、女性らしさをキープするためにもガサガサかかとのケア方法をマスターしましょう。
続きを読む

「夏はむくみの季節」
理由と足ケア対策3つ

「夕方になると足がパンパンにむくんでいる」「帰宅時のヒールの靴が窮屈になる」こうした足のむくみに悩む女性は多いもの。
オフィスの空調が強かったり、冷たい物を摂取する機会も多く、体が冷えやすい夏は、むくみを起こしやすい環境でもあります。
むくみを放置してしまうとリンパ管などが圧迫されるため、体内の余分な水分や老廃物は排出されにくい状態に。すると、基礎代謝が低下してしまい、同時に脂肪細胞の燃焼もされにくくなるため、体内に溜まった水分や老廃物と結びつきやすくなります。
脂肪細胞と体内の水分や老廃物が結びつくと、頑固なセルライトが生まれてしまうため、一般に、むくみはセルライトの原因になると言われています。
その日のむくみは、その日のうちに解消しておきましょう。
続きを読む